《呪詛返しのヒトガタ(のろいがえしのヒトガタ)》遊戯王OCGカード考察 何度も再利用できるバーン押し付けカード!

今回紹介するのはANIMATION CHRONICLE(アニメーションクロニクル)2022 よりこのカードです。

 

 

カード説明

呪詛返しのヒトガタ(のろいがえしのヒトガタ)
速攻魔法
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分にダメージを与えるモンスターの効果が発動した時に発動できる。
その効果で発生する自分への効果ダメージは代わりに相手が受ける。
②:このカードが墓地に存在し、自分が戦闘ダメージを受けた時に発動できる。
このカードを自分フィールドにセットする。

wiki

 

バーン効果用のサポートとなる速攻魔法です。

遊戯王5D’sにおいて不動遊星が氷室仁戦で使用し

その効果で水晶ドクロの自傷ダメージを相手に押し付けました。

この時の遊星は矢薙 典膳のデッキを借りており

このカードの元々の持ち主も矢薙という事になります。

 

デュエリスト2人が対峙しており

奥のデュエリストの側面から黒い人形(ヒトガタ)がゲートオブバビロンしています。

矢薙の用いるカードとしては珍しくオーパーツとの関連性が薄いカードとなっており

純粋に自傷ダメージのサポート用のカードとして採用されていたものと思われます。

その割には矢薙自分のデッキあまり把握してませんでしたけど

 

スポンサーリンク

 

モンスター効果の効果ダメージを相手に押し付ける

①:自分にダメージを与えるモンスターの効果が発動した時に発動できる。
その効果で発生する自分への効果ダメージは代わりに相手が受ける。

①の効果は自分にダメージを与えるモンスター効果が発動した時に

そのダメージを相手に押し付けるというものです。

一緒に収録される水晶ドクロと組み合わせる事でバーンダメージを押し付けつつ

あちらの持つサーチorリクルート効果の発動条件を満たせます。

 

このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
②:このカードが墓地に存在し、自分が戦闘ダメージを受けた時に発動できる。
このカードを自分フィールドにセットする。

②の効果は1ターンに1度、墓地に戦闘ダメージを受けた時に

墓地のこのカードをセットできるというものです。

受動的な発動条件ながらもとにかく何かしらの戦闘ダメージを受ければいいので

自然と発動条件を満たす事が可能であり除外デメリットもないので

毎ターン再利用を狙う事も可能です。

能動的に発動を狙うのであれば自爆特攻を仕掛けるのがいいでしょう。

 

 

地獄の扉越し銃の亜種といった感じのカードであり

効果ダメージの押し付けがモンスター効果に限定された代わりに再利用が可能になっており

またカウンター罠ではなく速攻魔法であるが故にすぐさまの発動もしやすいです。

水晶ドクロとのコンボを想定されていますが

その他にもG・コザッキーと組み合わせる事で2500のバーンが狙えたり

時の魔導士で裏が出た場合のダメージを相手に押し付ける事もできます。

特に暗黒方界神クリムゾン・ノヴァは合計6000ものバーンダメージを与える事が出来るので

【方界】に組み込んでみるのも面白いと思います。

 

 

今回矢薙さんのカードやたら多いですよね。

ライフ回復手段も一緒に用意しておくと

回収できるチャンスが増えていいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました