PR
スポンサーリンク

《らくがきじゅう-すてご》遊戯王OCGカード考察 痺れるぐらいにとっても特殊召喚しやすいレベル5恐竜族!

スポンサーリンク

今回紹介するのはANIMATION CHRONICLE(アニメーションクロニクル)2022よりこのカードです。

 

 

カード説明

らくがきじゅう-すてご
効果モンスター
星5/地属性/恐竜族/攻1200/守1800
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドのモンスターが、
存在しない場合または恐竜族モンスターのみの場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
②:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「らくがきちょう」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
その後、自分の手札を1枚選んで捨てる。

wiki

 

地属性恐竜族のレベル5モンスターです。

遊戯王ARC-Vにおいて原田フトシが清水タケシ戦で使用したカードで

らくがきじゅう-てらののリリース要員となりました。

アニメでは効果が不明でしたがOCG化に伴い効果が判明されました。

 

まさに子供の落書きのようなステゴザウルスが描かれています。

背景自体はしっかりと描かれているのがアンバランス感出ていますね。

ぱっくりとくちを開いているのがこれまた迫力の無さが出ています。

 

スポンサーリンク

 

自分の場に恐竜族以外いなければ自己展開しつつ手札交換

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドのモンスターが、
存在しない場合または恐竜族モンスターのみの場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。

①の効果は1ターンに1度、

自分の場にモンスターがいないか恐竜族しかいない場合に

自身を手札から特殊召喚する自己展開効果です。

恐竜族デッキであればほとんど問題なく特殊召喚が可能であり

そうでなくても自分の場にモンスターさえいなければ特殊召喚できるので

レベル5モンスターの中では相当に特殊召喚しやすい部類です。

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「らくがきちょう」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
その後、自分の手札を1枚選んで捨てる。

②の効果は1ターンに1度、召喚か特殊召喚した場合に

デッキかららくがきちょう魔法罠1枚を手札に加えた後に

手札を1枚捨てる手札交換効果です。

現在判明しているらくがきちょうはらくがきちょう-とおせんぼ1枚のみであり

実質的な専用サーチとなります。

このらくがきちょう-とおせんぼですが墓地から除外する事で

レベル5以上の恐竜族をサーチできる効果を持っており

サーチしてそのまま捨てるという選択肢が普通に効果的です。

それ以外では恐竜族デッキならばオーバーテクス・ゴアトルスを手札から捨てる事で

進化薬のサーチにも繋げられます。

 

 

恐竜族デッキであれば簡単に特殊召喚できる上に手札交換も行えるという便利なカードです。

らくがきちょう-とおせんぼと組み合わせる事で実質的に特殊召喚しつつ

次のターンにレベル5以上の恐竜族をサーチできるようなものであり様々な場面でお世話になるでしょう。

らくがきじゅう-てらのをはじめとしたリリース要員に使ってもいいですし

やや高いレベルを活かしてスクラップ・ラプターあたりと並べて

シンクロ召喚に繋げるのもいいでしょう。

 

 

恐竜族デッキでなくとも自分の場にモンスターがいなければ特殊召喚できるので

ランク5のエクシーズ召喚を狙うデッキなどに採用する手もあります。

ランク5の素材として見た場合のこのカードの特色として

化石調査によるサーチに対応している点、

らくがきちょう-とうせんぼにより2枚目以降のこのカードをサーチできる点などがあり

この3枚を出張セットにするのも効果的です。

 

レベル5モンスターとしてかなり使いやすいので

星神器デミウルギアのリンク素材にするのも面白いかもしれません。

コメント