PR
スポンサーリンク

《D・インパクトリターン》遊戯王OCGカード考察 魔法罠の除去手段として以上に蘇生手段として優秀!

スポンサーリンク

今回紹介するのはANIMATION CHRONICLE(アニメーションクロニクル)2022 よりこのカードです。

 

 

カード説明

D・インパクトリターン(ディフォーマー・インパクトリターン)
通常罠
このカードの①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:相手フィールドの魔法・罠カードを2枚まで対象として発動できる。
手札から「D」モンスター1体をデッキに戻し、
対象のカードを持ち主のデッキに戻す。
②:墓地のこのカードを除外し、
自分の墓地のモンスター及び除外されている自分のモンスターの中から、
「D」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。

wiki

 

ディフォーマー用のサポートとなる通常罠です。

 

D・ラジカッセンが音波を発射してカード2枚を吹き飛ばしています。

まさに衝撃を与えてカードを戻している様子を表していますね。

 

スポンサーリンク

 

手札のディフォーマー1体と引き換えに相手の魔法罠2枚をデッキバウンス

このカードの①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:相手フィールドの魔法・罠カードを2枚まで対象として発動できる。
手札から「D」モンスター1体をデッキに戻し、
対象のカードを持ち主のデッキに戻す。

①の効果は1ターンに1度、

手札からディフォーマー1体を、相手フィールドから魔法罠2枚をデッキに戻すというものです。

実質的に手札1枚のコストによる2:2交換の魔法罠2枚除去であり

デッキバウンスという形なので墓地発動できる魔法罠の効果も阻害できます。

また手札のディフォーマーをデッキに戻すのと相手の魔法罠をデッキに戻すタイミングが同時なので

仮に無効化されたとしても無駄に手札を消費するという心配もありません。

 

このカードの①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
②:墓地のこのカードを除外し、
自分の墓地のモンスター及び除外されている自分のモンスターの中から、
「D」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。

②の効果は1ターンに1度、墓地から除外する事で

墓地か除外ゾーンのディフォーマーを守備表示で特殊召喚するというものです。

特に除外ゾーンから特殊召喚出来るのがポイントで

D・スマホンやD・リモコンで消費した墓地コストを間接的に取り戻せます。

特殊召喚が守備表示限定なので守備表示の効果に優れたディフォーマー、

例えばD・テレホンやD・スキャナンが有力な特殊召喚候補となるでしょう。

①の効果とは1ターンにどちらか片方しか発動できないので

どちらかを自分ターン、どちらかを相手ターンという風に使い分けていくといいでしょう。

 

 

墓地利用を妨害できる魔法罠除去としても優秀ですが

何よりも②の効果による特殊召喚が実にありがたいカードです。

特にD・スマホンを積極的に利用する場合には

墓地コストの回復としての利用法がありがたいです。

②の効果のみを目的としておろかな副葬などで

直接デッキから墓地に送ってしまうのも1つの選択肢でしょう。

 

 

守備表示での蘇生となるので

攻撃表示にできるD・コンバートユニットの価値は

より高まりそうです。

コメント