PR
スポンサーリンク

《A宝玉獣 ルビー・カーバンクル》遊戯王OCGカード考察 ついに出てきたアドバンスド宝玉獣!しかも7体同時に!

スポンサーリンク

今回紹介するのはANIMATION CHRONICLE(アニメーションクロニクル)2022よりこのカードです。

 

 

カード説明

A宝玉獣 ルビー・カーバンクル(アドバンスドほうぎょくじゅうルビーカーバンクル)
効果モンスター
星3/光属性/天使族/攻 300/守 300
このカード名の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:フィールドゾーンに「アドバンスド・ダーク」が存在しない場合にこのモンスターは墓地へ送られる。
②:表側表示のこのカードがモンスターゾーンで破壊された場合、
墓地へ送らずに永続魔法カード扱いで自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く事ができる。
③:このカードが永続魔法カード扱いの場合に発動できる。
このカードを特殊召喚する。
その後、自分の魔法&罠ゾーンの「A宝玉獣」モンスターカードを可能な限り特殊召喚できる。

wiki

 

宝玉獣 ルビー・カーバンクルの亜種となる光属性天使族のレベル3モンスターです。

遊戯王GXにおいてユベルに憑りつかれたヨハン・アンデルセンが使用し

その効果で永続魔法状態から特殊召喚され

同じく永続魔法となっているA宝玉獣 アメジスト・キャットや

A宝玉獣 コバルト・イーグルの特殊召喚に繋げました。

 

ビフォー

 

 

アフター

 

全体的に色がくすんでおり、また目つきが狂暴になっています。

まさにダーク化って感じですね。

ただ元の姿が愛らしいのでダーク化しても充分に愛らしい姿のまんまです。

 

スポンサーリンク

 

魔法罠ゾーンから他のA宝玉獣共々一気に展開!

①:フィールドゾーンに「アドバンスド・ダーク」が存在しない場合にこのモンスターは墓地へ送られる。
①の効果はフィールドにアドバンスド・ダークがなければ
墓地へ送られてしまう自壊デメリットです。
アドバンスド宝玉獣共通のデメリットであり
予めアドバンスド・ダークを用意して維持する必要があります。
②:表側表示のこのカードがモンスターゾーンで破壊された場合、
墓地へ送らずに永続魔法カード扱いで自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く事ができる。

②の効果は自身がモンスターゾーンで表側で破壊された場合に

永続魔法扱いで魔法罠ゾーンに表側で置くというものです。

こちらも宝玉獣と合わせて共通の効果ですね。

 

このカード名の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。
③:このカードが永続魔法カード扱いの場合に発動できる。
このカードを特殊召喚する。
その後、自分の魔法&罠ゾーンの「A宝玉獣」モンスターカードを可能な限り特殊召喚できる。

③の効果は1ターンに1度、永続魔法状態で場にいる場合に

自身を特殊召喚した後に魔法罠ゾーンのアドバンスド宝玉獣を

可能な限り特殊召喚するというものです。

元のルビー・カーバンクルと比較して効果を発動するにはあらかじめ永続魔法にしておく必要がありますが

永続魔法にしておけば自力で特殊召喚及び効果の発動が可能となっています。

あちらと違い特殊召喚出来るのはアドバンスド宝玉獣限定であり

普通の宝玉獣は特殊召喚出来ない点に注意です。

 

 

他のアドバンスド宝玉獣にも言える事ですが

普通の宝玉獣と違いアドバンスド・ダークが無ければフィールドに維持できません。

いかにアドバンスド・ダークを確保しつつ維持するかが大事になってきます。

 

また各種アドバンスド宝玉獣は

自身の効果のサポートはアドバンス宝玉獣に限定されている一方で

自身は普通の宝玉獣のサポートも受ける事が可能となっています。

例えばサファイア・ペガサスの効果で魔法罠ゾーンに置くことができるので

この為にアドバンスド宝玉獣中心のデッキ構成は必要ですが

一部の宝玉獣は混ぜても問題ないでしょう。

 

アドバンスド宝玉獣の登場で

宝玉獣の種類が一気に増える事となりました。

究極宝玉陣を使いたい場合などにも

デッキ構築の幅がとても広がっています。

コメント