PR
スポンサーリンク

《悪夢再び》遊戯王ラッシュデュエル考察 マグナム・オーバーロードが一気に揃えやすくなるレジェンドカード!

スポンサーリンク

今回紹介するのはメガロードパックよりこのカードです。

 

 

カード説明

悪夢再び
通常魔法(LEGEND)
【条件】なし
【効果】自分の墓地のモンスター(闇属性/守備力0)2体を選んで手札に加える。

wiki

 

OCGにもあったカード悪夢再びがレジェンドカードとしてラッシュデュエルに登場です。

 

ビフォー

 

 

アフター

 

全体的にシルエットがはっきりとなっており

よりミスト・デーモンの姿が分かりやすくなっています。

月もより怪しく輝いていますね。

 

スポンサーリンク

 

【条件】なし
【効果】自分の墓地のモンスター(闇属性/守備力0)2体を選んで手札に加える。

その効果は墓地の闇属性守備力0のモンスター2体を手札に加えるというものです。

該当するモンスターは現時点で30体近く存在しています。

墓地から回収できるモンスターとして特に有力となるのが

超魔輝獣マグナム・オーバーロードなどの各種マグナム・オーバーロードであり

墓地に存在していれば3体中2体を回収する事ができるので

マキシマム召喚のしやすさがぐっと高くなります。

 

専用デッキでは切り札的な存在となるエクディシス・カリギュレオンも有力です。

墓地肥やしを多用する事になるであろうこのデッキではカリギュレオン自身が墓地に行くケースも多く

それを回収する手段の1つとしても機能するでしょう。

ただしこのカード自身が墓地にいく可能性も高いのでそこは注意です。

 

ネクロマン三世も汎用性が高く優秀な効果を持っているので回収候補です。

他に守備力0の闇属性を採用しているデッキであれば

このカードを混ぜる事で事項率が減るでしょう。

 

種族単位で回収できるモンスターが多いのはサイキック族とアンデット族です。

サイキック族は最上級モンスターのギフトタリストと砕光のエスパレイドが回収でき

下級モンスターもドリームラマー、サイレント・アサシン、ドリームラマーと揃ってます。

これらのモンスターを優先的に採用する事で腐らせにくく動くことができます。

アンデット族もデビル・フランケン・シュタインをはじめ

そちらと相性のいいサンバゾンビ・リオや這いずり回る半身、

それから呪腐竜ディアーガも対応します。

 

この手のカードはカードプールが増えるほど

対応するカードが増えてより使い勝手が増していきます。

今後登場する守備力0の闇属性にも期待ですね。

現時点でもマグナム・オーバーロードの為だけに

採用する価値は十分にあると思います。

コメント