PR
スポンサーリンク

《スカー・ヴェンデット》遊戯王OCGカード考察 魔法罠サーチできる上に墓地コストさえあれば何度でも蘇る!

スポンサーリンク

今回紹介するのはPOWER OF THE ELEMENTS(パワー・オブ・ジ・エレメンツ)よりこのカードです。

 

 

カード説明

スカー・ヴェンデット
効果モンスター
星6/闇属性/アンデット族/攻2300/守 0
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「ヴェンデット」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
②:このカードが墓地に存在する状態で、フィールドのモンスターがリリースされた場合、
自分の墓地からこのカード以外のアンデット族モンスター1体を除外して発動できる。
このカードを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードがモンスターゾーンに表側表示で存在する限り、
自分は「ヴェンデット」モンスターしか特殊召喚できない。

wiki

 

【ヴェンデット】の新規となる闇属性アンデット族のレベル6モンスターです。

 

ヴェンデット・レヴナントを片手で軽々と掴み上げる巨体のヴェンデットです。

目が2色に燃え上がっておりこのモンスターも

リヴェンデット・スレイヤーと似たような形で力を手に入れているのかもしれません。

全体的にバイオハザードシリーズのタイラントを彷彿とするデザインをしていますね。

 

スポンサーリンク

 

墓地へ送られれば魔法罠サーチ

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「ヴェンデット」魔法・罠カード1枚を手札に加える。

①の効果は1ターンに1度、

墓地へ送られた場合にデッキからヴェンデット魔法罠1枚を手札に加えるサーチ効果です。

どこから墓地へ送られてもよくフィールドや手札から儀式召喚のリリース要員にするほかにも

終末の騎士やユニゾンビでデッキから直接墓地へ送る事でも発動できます。

一緒に収録されるラヴェナス・ヴェンデットを用いる事で

間接的にデッキから墓地へ送る事も可能です。

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:このカードが墓地に存在する状態で、フィールドのモンスターがリリースされた場合、
自分の墓地からこのカード以外のアンデット族モンスター1体を除外して発動できる。
このカードを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードがモンスターゾーンに表側表示で存在する限り、
自分は「ヴェンデット」モンスターしか特殊召喚できない。

②の効果は1ターンに1度、フィールドのモンスターがリリースされた場合に

墓地から他のアンデット族1体を除外する事で

自身を墓地から特殊召喚する自己蘇生効果です。

【ヴェンデット】においては基本的に儀式召喚によって条件を満たす事になるでしょう。

墓地コストさえあれば繰り返しの自己蘇生が可能であり

何かしらで墓地へ送る事で再び①の効果によるサーチが狙えます。

 

 

レベル6とリヴェンデット・エグゼクターやヴェンデット・スカヴェンジャーのような

高レベルの儀式召喚のリリース要員にしやすい高めのレベルを持っているのに加えて

リリース要員にする事で魔法罠のサーチもしてくれるとってもありがたい存在です。

それが繰り返し蘇生できるというのだからもう至れり尽くせりですね。

特に一緒に収録されるラヴェナス・ヴェンデットとの相性は抜群で

デッキから他のヴェンデットを引っ張ってこれるので間接的な墓地肥やしとなり

このカードの自己蘇生条件を満たしつつ墓地アドバンテージの確保に繋がります。

 

他の儀式素材用のヴェンデットはフィールドで

儀式召喚のリリース要員にする事で効果を発揮できますが

このカードは手札でリリースしてもサーチ効果を発動できるので

そういう意味でも使いやすいカードです。

コメント