PR
スポンサーリンク

《地霊媒師アウス》遊戯王OCGカード考察 久しぶりに登場した2枚目のレベル5霊使い!

スポンサーリンク

今回紹介するのはPOWER OF THE ELEMENTS(パワー・オブ・ジ・エレメンツ)よりこのカードです。

 

カード説明

地霊媒師アウス(ちれいばいしアウス)
効果モンスター
星5/地属性/魔法使い族/攻1850/守1500
このカード名はルール上「霊使い」カードとしても扱う。
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:手札からこのカードと地属性モンスター1体を捨てて発動できる。
元々の種族が捨てたモンスターのいずれかと同じで、
攻撃力が1850以下の地属性モンスター1体をデッキから手札に加える。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は地属性以外のモンスターの効果を発動できない。
②:自分の地属性モンスターが戦闘で破壊された時に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。

wiki

 

地霊使いアウスのリメイクとなる地属性魔法使い族のレベル5モンスターです。

 

ビフォー

 

 

風霊媒師ウィンと同じように白ローブを身に着け周囲に魔法陣を展開しています。

穏やかな表情でデーモン・ビーバーに餌をあげているのが優しさを感じられていいですね。

何がとは言いませんが相変わらず大きいです。

 

 

 

スポンサーリンク

 

風霊媒師ウィンとはちょっと違うサーチ範囲

このカード名はルール上「霊使い」カードとしても扱う。

まずルール上霊使いと名の付くカードとして扱う効果外テキストを持ちます。

これにより憑依覚醒や憑依解放によって耐性を付与したり

精霊術の使い手でサーチやセットが可能です。

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:手札からこのカードと地属性モンスター1体を捨てて発動できる。
元々の種族が捨てたモンスターのいずれかと同じで、
攻撃力が1850以下の地属性モンスター1体をデッキから手札に加える。

②の効果は1ターンに1度、手札からこのカードと地属性1体を捨てる事で

捨てたモンスターと種族が同じで攻撃力1850以下の地属性を

デッキから手札に加えるサーチ効果です。

風霊媒師ウィンの地属性版、と思わせておいて

あちらと違い捨てたモンスターと同じ種族しかサーチができなくなっています。

こう露骨に増殖するGを安易にサーチできないように意識した縛りですね。

その代わりサーチできる攻撃力が1500以下から1850以下まで上がっており

トリオンの蟲惑魔や馬頭鬼、サブテラーの導師などもサーチ可能です。

 

なおどの場合も魔法使い族である自身は手札から捨てる事になるので

地属性魔法使い族全般はサーチしやすいです。

 

この効果の発動後、ターン終了時まで自分は地属性以外のモンスターの効果を発動できない。

制約として効果を発動したターンは地属性以外の効果を発動できなくなります。

地属性メインのデッキでの運用が基本となるでしょう。

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:自分の地属性モンスターが戦闘で破壊された時に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。

②の効果は1ターンに1度、自分の地属性が戦闘破壊された時に

自身を手札から特殊召喚できるというものです。

こちらは風霊媒師ウィンの地属性版そのまんまと言える効果ですね。

基本的に相手ターンでの特殊召喚となりそのままでば壁としては心もとないですが

憑依覚醒や憑依解放がある状態ならば高い場持ち性能を発揮できます。

 

 

風霊媒師ウィンと比較して独特の縛りが追加されていますが

それでも様々な地属性をサーチ可能であり

【ヒロイック】や【ディフォーマー】、【超重武者】といった

ある程度種族を統一している地属性メインのデッキであれば効果的に使えるでしょう。

特に【蟲惑魔】や【クローラー】などは有力な手札誘発である増殖するGもサーチできるので

よりこのカードを活用するメリットは大きいでしょう。

 

それにしても風霊媒師ウィンが登場した後に

立て続けに他の霊使いも出てくると思いましたが

思った以上に時間がかかりましたね。

ようやく2枚目となるこのカードが出たという事で

他のレベル5霊使いの登場にも期待したい所です。

コメント