《龍皇の波動(りゅうおうのはどう)》遊戯王OCGカード考察 ノーコストでモンスター効果無効にして破壊していい時代

今回紹介するのはPOWER OF THE ELEMENTS(パワー・オブ・ジ・エレメンツ)よりこのカードです。

 

 

カード説明

龍皇の波動(りゅうおうのはどう)
カウンター罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:相手がフィールドのモンスターの効果を発動した時に発動できる。
その発動を無効にし破壊する。
その後、以下の効果を適用できる。
●自分の手札からモンスター1体を選んで除外し、
この効果で破壊し墓地へ送ったモンスターの効果を無効にして
自分フィールドに特殊召喚する。

wiki

 

汎用のカウンター罠です。

 

FNo.0 未来龍皇ホープが光り輝きながら羽ばたいています。

こうしてみると元の未来皇ホープと大分色合いの印象が違うというか

緑色のラインが結構強調されて印象に残りますね。

 

スポンサーリンク

 

モンスター効果を無効にして破壊した後に手札コスト1枚でそれを蘇生

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:相手がフィールドのモンスターの効果を発動した時に発動できる。
その発動を無効にし破壊する。

その効果は1ターンに1度、相手がフィールド上でモンスター効果を発動した時に

それを発動して無効にするというものです。

丁度神の通告から無効にする範囲を狭めたような効果であり

あちらと違ってモンスターの特殊召喚は無効に出来ず墓地や手札の効果も止められない代わりに

ライフコストが必要ありません。

範囲が狭いといってもフィールドでモンスター効果発動しないデッキはほとんどなく

腐りにくくかつ優秀な妨害手段となっています。

 

その後、以下の効果を適用できる。
●自分の手札からモンスター1体を選んで除外し、
この効果で破壊し墓地へ送ったモンスターの効果を無効にして
自分フィールドに特殊召喚する。

さらに手札からモンスター1体を除外する事で

無効にして破壊したモンスターを効果無効の状態で特殊召喚が可能です。

効果を無効にしてしまうものの相手のエース級のモンスターを破壊できた場合には

高いステータスをそのまま奪える点は優秀です。

 

 

神の通告に比べるとどうしても無効効果で劣ってしまいますが

ノーコストのカウンター罠としては特に使いやすい部類の効果であり

後半の蘇生効果を無視しても単純に無効効果だけでも優秀です。

【ダイノルフィア】のようにライフコストの必要なカードが採用し辛いデッキであれば

よりノーコストで発動出来るという点はありがたいでしょう。

単純に神の通告と一緒にモンスター効果を妨害する手段として採用する手もありますし

神の通告の代わりに別のライフコストを採用してこちらを採用する手もあると

このカードを活用するするデッキや構築は色々とあるはずです。

 

【不知火】や【メタファイズ】など

除外する事がメリットになるデッキであれば

手札コストが無駄になりにくいので

これらのデッキにさいようするのも面白いと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました