《スキャッター・フュージョン》遊戯王OCGカード考察 調整版ブリリアント・フュージョン!あちらにはない利点も!

今回紹介するのはPOWER OF THE ELEMENTS(パワー・オブ・ジ・エレメンツ)よりこのカードです。

 

 

カード説明

スキャッター・フュージョン
永続魔法
このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:相手フィールドにモンスターが存在する場合に発動できる。
岩石族以外の「ジェムナイト」融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを
自分のデッキから墓地へ送り、
その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。
このカードがフィールドを離れた時にそのモンスターは破壊される。
この効果の発動後、
ターン終了時まで自分は「ジェムナイト」モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

wiki

 

【ジェムナイト】用の永続魔法です。

 

いくつもの宝石が同時に輝いており

中央の大きなダイヤには各種ジェムナイトのシルエットが浮かび上がっています。

 

「スキャッター」とはばら撒く、まき散らすといった言葉であり

多数の宝石をばらまきつつ融合召喚をするという事なのでしょう。

 

スポンサーリンク

 

岩石族以外のジェムナイトをデッキから素材を墓地へ送って融合召喚

このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:相手フィールドにモンスターが存在する場合に発動できる。
岩石族以外の「ジェムナイト」融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを
自分のデッキから墓地へ送り、
その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。

その効果は1ターンに1度、相手の場にモンスターがいる場合に

デッキから融合素材を墓地へ送る事で

岩石族以外のジェムナイトを融合召喚するというものです。

永続魔法である点も含めてブリリアント・フュージョンに近い効果ですが

相手の場にモンスターがいないと発動する事ができず

また岩石族のジェムナイトの融合召喚には使う事ができません。

その一方で融合召喚したモンスターの攻撃力が0にならないので

そのままアタッカーとして活躍させる事が可能です。

 

このカードがフィールドを離れた時にそのモンスターは破壊される。
この効果の発動後、
ターン終了時まで自分は「ジェムナイト」モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

デメリットとしてこのカードがフィールドを離れると

融合召喚したモンスターが破壊されてしまう点、

また発動したターンはEXデッキからジェムナイトから特殊召喚できない点があります。

明確に出張セットとしての活用を制限してきたデメリットであり

基本的に【ジェムナイト】で使う事が前提となってくるでしょう。

このカードが除去されると融合召喚したジェムナイトが破壊されるのは

ブリリアント・フュージョンと一緒ですね。

 

 

明らかにブリリアント・フュージョンの調整版といった感じのカードであり

・相手の場にモンスターがいないと発動できないので先行1ターン目での発動が狙えない

・岩石族ジェムナイトの融合召喚に使えないので

ジェムナイトマスター・ダイヤやジェムナイトレディ・ブリリアント・ダイヤは出せない、

つまり3体のジェムナイトを一気にデッキから墓地へ送る事ができない

・EXデッキからジェムナイトしか出せなくなるので

他のデッキに出張セットとして使う場合大きく制限がかかる

といった欠点がブリリアント・フュージョンに比べて見られます。

まあブリリアント・フュージョンが散々出張セットとして悪用された結果

制限カードになった故での調整ですね。

 

それでもデッキ融合によって墓地肥やしをしつつ融合召喚が可能であり

【ジェムナイト】にとっては十分すぎるほどに優秀なカードとなっています。

またブリリアント・フュージョンと違い、毎ターン効果の発動が可能であり

もし相手に除去されなければ繰り返し墓地肥やしを行う事が可能です。

実際に相手がこのカードを放置してくれる場面は少ないと思われますが

除去を強要させる出来るだけでも十分に意味があるでしょう。

この点と攻撃力を0にせずにそのままアタッカーとして使える点は

このカード特有のメリットとなります。

 

 

このカードの登場でブリリアント・フュージョンと合わせて

デッキ融合が4枚採用可能となりました。

何かと墓地アドバンテージが欲しいジェムナイトにとって

この点はとてもありがたいですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました