PR
スポンサーリンク

遊戯王SEVENS(セブンス)第88話『KGCの真実』感想 5人目の宇宙子シリーズ、ハイヤー幽霊子!

スポンサーリンク

遊戯王セブンス88話の感想です。

 

前回のあらすじ:アバンで終了させられる大冒険

 

 

楽しかったぜぇー!お前との記憶喪失ごっこー!

デュエルをしまくって色んな人物の記憶を取り戻させたルークですが王様気どりです。

ああうん、最近恰好よかったけどルークってこんな奴でしたわ。

それはそれとしてメイド服のロミンちゃん可愛いですね。

かなり正統派スタイルのメイド服なあたりルークの育ちの良さがちょっと感じられます。

 

さて記憶の問題なんとかなった今、次なる問題はデュエル乱立によって

負担のかかっている月面のデュエルシステムをなんとかする事です。

悩むチームルークの元に記憶を取り戻したユウオウが宇宙船と共にやってきます。

 

 

一方でユウガ。憔悴しきった様子で街の中を彷徨っています。

どうやらナナホ達とも連絡がとれない模様。

そこにタクシーがやってきてユウガはそれを迎えが来たと思って乗り込みますが

タクシーの運転手が不気味に笑ったかと思いきや突然煙に包まれます。

 

気が付いた時にはユウガは拘束されていました。

どうやらここはナナホシ忍者村跡地のようでナナホ達も捕まっていました。

ナナホ達かなり身体能力高かったはずですがこれを捕まえて拘束するって相当ですね。

ユウガを誘拐したのは宇宙子シリーズの5人目、ハイヤー幽霊子(ゆれこ)です。

しかも他の宇宙子シリーズ4人もここに集まっています。

とうとう全員が別人だと判明しましたね。

あとコンボイ佐川という謎のロボットっぽい子もいます。本当に誰だこの子。

そこにいたのはオーティスでした。

記憶をなくしていたのはやはり縁起だった様子であり

死者蘇生はそもそもオーティスが作ったものだから記憶操作も効かないと言っています。

どうやら死者蘇生は臆病な子でもデュエルできるようにするように作ったようです。

いやだからって記憶操作は発想飛ばし過ぎでしょ!

現在のデュエル乱立による混乱もオーティスからすれば思惑通りだと言います。

 

スポンサーリンク

 

攻撃するのは・・・月!!

セブンスの書を解読した所、そのおおまかなストーリーが分かりました。

若い魔術師が老人に導かれ混乱した世界をなんとかする為に6人の仲間と共に

闇、水、土、炎、風、光とそれぞれの属性に連なる場所を切り開きます。

そして最後には月面にいる混沌の主の元にたどり着きますが

その混沌の主こそが魔術師を導いた老人でした。

そして老人は混乱された世界は一度壊さなくてはいけないといい

魔術師はそれに応えるかのように泣きながら月を破壊します。

 

この物語は混乱の元が月にあると今の状況にそっくりであり

老人がオーティス、若い魔術師が遊我を現しているのかと考えます。

つまりはオーティスの思惑通りに物事が運んでいる状態と考えられますが

遊我はそれでもデュエルを守りたいと月面で動くドローンを止める方法を考えます。

そこでネイルがなんとかする方法があると通信してきます。

ネイルが言うには月面で動くドローンはゴーハの制御システムの一部ですが

3段階のバックアップが存在しておりシステムのシャットダウンは不可能な様子です。

残された方法は1つ、物理的に破壊してしまう事で

ネイルはその鍵こそがルークのパウリエフェクトだと言っています。

うん、君たちちょっとパウリエフェクトの意味調べ直してこようか

 

というわけでルークが何度もルーク・ザ・デビールと叫んで月のシステムを破壊しようとしますが

カイゾーが壊れたり自販機が壊れたりするだけで肝心のシステムにはダメージを与えられません。

しかしネイルが今の行動で興味深いエネルギー反応が出たという場所があるといいます。

それはなんとゴーハ第7小学校の地下深くだといいます。

早速地下に行こうと考えるチームルークですが入り口は地中に埋まっている様子です。

というわけでここは重騎デュエルクラブの出番という事で校庭を重騎で掘り返して入り口を発見します。

なんかこの学校のグラウンドよく改築されたり掘られたり凄い目にあってますね。

何はともあれ地下を進んでいくと頑丈そうな扉があり

それには「KGC」、つまりは上城ギアコーポレーションのマークがありました。

これはこの地下の開発にKGCが関わっていた事を意味します。

それに答えるようにタイガーとギャバンの姿がありました。

アサナが暁範様と礼儀正しく挨拶しており

どうやら彼とアサナの曽祖父は一緒にデュエルをして遊んでいた仲だったようです。

 

アンポンタンとは言っていない

さて扉の入り口ですがなんとタイガーの持っているメリケンサックが鍵となっていました。

メリケンサックを扉にあるくぼみにはめる事で扉が開・・・タイガー扉壊しちゃったよ。

開けて入ってみると中にあったのは大量の腕時計でした。

どうやらこの腕時計、KGCがゴーハに依頼されて作成したものであり

欠陥があったものの廃棄するのも勿体ないという事でこの倉庫にしまっていたようです。

そしてこの腕時計、ルークがしていたものと同じです。

倉庫にしまい忘れてた腕時計の1つをルークにプレゼントしていた様子ですね。

 

そして十中八九ルーク・ザ・デビールに反応していたものの正体はこれでしょう。

以前ルークはこの腕時計がないとルーク・ザ・デビールが出来ないと言っていたので

欠陥品というのが機械を壊してしまう事だったと思われます。

でもどうやら遊我達はこの腕時計がそのエネルギー増幅装置だと気付いていない様子です。

ネイルも誤作動だったのでは?と言っているあたり本気で気付いていません。

 

そんな所にタイガーが突然ルークを煽ります。

お前は会社を継ぎたくなくてデュエルに逃げているだけだと、

いい機会だから現実を見つめ直せと。

さすがにそれは言い過ぎだとアサナも止めますがタイガーは止まりません。

その煽りの矛先は遊我にも向いておりデュエルの消滅を止められずに

オーティスに踊らされただけの小学生に過ぎないと突きつけます。

基本的にこうやってタイガーが煽りをするのは発破をかけようとする場合です。

どうもこの人、自分が憎まれ役をやろうとする傾向があるみたいです。

遊我を侮辱されてさすがのルークも恐れていた姉に対して怒りを露わにします。

自分の事は悪く言ってもいいが遊我の事をアンポンタンと言うんじゃないと。

以前遊我がタイガーにボロボロにされた事もルークは根に持っており

それに対してタイガーはお前も同じ目に合わせてやるとやっぱり煽ります。

ギャバンが姉弟ゲンカはやめようと仲裁しようとするもののすぐに引っ込んでしまい

こうしてルークVSタイガーのラッシュデュエルが開始される事となりました。

 

 

 

 

 

というわけで2度目となるルークVSタイガーの姉弟対決ですね。

前回はザ・ルークメンの介入があった状態でしたが

今回は正真正銘の姉弟対決になると思われます。

 

地下にあった大量の腕時計が全て機械を壊す性質があるとすれば

これが月のシステムを壊すカギになってそうですね。

そもそもこの腕時計ってわざわざゴーハが制作を委託したものなんですよね。

そうなると何かしらゴーハに関わる機能がありそうです。

 

ちなみに公式ページに新キャラクターが追加されてました。

いやお前かよ!

セブンスのキャラクター追加、毎回斜め上すぎません?

 

スポンサーリンク

 

次回予告 第89話『タイガー&ドラゴン』

公式予告

 

といわけで本格的にルークVSタイガーの姉弟対決が開始される模様です。

・・・やべぇ次回予告から何もわからねぇ

次回予告で映ってるのほとんどルークとタイガーのアップであり

とりあえずこの2人がバチバチしてるんだろうなって事ぐらいしか分かりません。

 

コメント

  1. 匿名 より:

    もうヤケクソだな作る側も。
    遊戯王アニメ、今後も作るならせめて原作からヒント得てほしいな。