《オーバーレイ・ネットワーク》遊戯王OCGカード考察 エクシーズデッキ全般に採用出来る汎用性の高さ!

今回紹介するのは

HISTORY ARCHIVE COLLECTION(ヒストリー・アーカイブ・コレクション)よりこのカードです。

 

 

カード説明

オーバーレイ・ネットワーク
永続魔法
このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:以下の効果から1つを選択して発動できる。
●自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターと同じレベルを持つモンスター1体を自分の手札・墓地から選んで
効果を無効にして守備表示で特殊召喚する。
この効果を発動するターン、自分はXモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
●自分フィールドのXモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターがX素材としているカード1枚を持ち主の手札に加える。

wiki

 

エクシーズ召喚用のサポートとなる永続魔法です。

まさにオーバーレイネットワークを構築中といった感じに

2つの光が混ざり合っています。

シリーズを通してエクシーズ召喚に使われる演出であり

同じレベルのモンスター同士でオーバーレイネットワークを構築する事で

エクシーズモンスターをエクシーズ召喚します。

 

ちなみにオーバーレイとは「重ね合わせる」という意味であり

カードを重ねる事でエクシーズ召喚する様子から来ている事が伺えます。

 

シリーズ事に演出の違うオーバーレイ・ネットワークの構築ですが

個人的にはVRAINSの演出が一番好きですね。

 

スポンサーリンク

 

同じレベルのモンスター蘇生orエクシーズ素材を手札に回収

このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:以下の効果から1つを選択して発動できる。

その効果は1ターンに1度、2つある効果から1つを選択して発動するというものです。

 

●自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターと同じレベルを持つモンスター1体を自分の手札・墓地から選んで
効果を無効にして守備表示で特殊召喚する。

1つ目の効果は自分の表側モンスター1体を選択して

それと同じレベルのモンスターを手札か墓地から効果無効、守備表示で特殊召喚するというものです。

同じレベルで統一しているデッキであれば容易に発動できる蘇生効果として活用できます。

単純に同じレベルのモンスターを場に1体増やせるので

エクシーズ召喚の補助として使いやすい蘇生効果となっています。

 

この効果を発動するターン、自分はXモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

デメリットとして発動するターンはEXデッキからはエクシーズしか出せなくなります。

リンク召喚やシンクロ召喚には悪用するなって事ですね。

「する」ターンなので効果発動前にも特殊召喚出来ない点には注意です。

特に【レイド・ラプターズ】などエクシーズ主体であっても

リンクモンスターを使うようなデッキにおいては気を付けましょう。

 

●自分フィールドのXモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターがX素材としているカード1枚を持ち主の手札に加える。

2つ目の効果は自分の場のエクシーズモンスター1体のオーバーレイユニット1つを

持ち主の手札に戻すというものです。

オーバーレイユニットを1つしか使わずに1回効果を発動できれば十分といった時に

素材に使ったモンスターを手札に補充してアドバンテージの回復に繋げる事が可能です。

またRUM-幻影騎士団ラウンチを使う場合などに

ランクアップさせたい闇属性エクシーズのオーバーレイユニットを無くした場合にも使えます。

 

 

どちらの効果もエクシーズ召喚を使うデッキ全般で扱いやすい効果です。

特に2つ目の効果は制約の類もないので他の召喚法を扱うデッキにも採用しやすく

永続魔法故に除去されなければ毎ターンが発動できるので

継続的にアドバンテージを稼いでいく事も可能です。

そもそも1回発動するだけでもこのカード分の元は取れてるとも言えるので

1回発動して除去されるだけでも十分に仕事はしているカードだと言えるでしょう。

 

 

 

エクシーズデッキ全般に採用が出来る汎用性がありますが

特にH・Cヒロイックソードのように効果無効になっても

エクシーズ素材として仕事のあるカードを採用しているデッキにオススメです。

前述した通りに幻影騎士団ラウンチとも相性がいいので

【幻影騎士団】に採用してみるのも面白いでしょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました