PR
スポンサーリンク

《席取-六双丸(せきとり むそうまる)》遊戯王OCGカード考察 新用語『時計回り』を引っさげた新たな特殊勝利カード!

スポンサーリンク

今回紹介するのはDIMENSION FORCE(ディメンション・フォース)よりこのカードです。

 

 

カード説明

席取-六双丸(せきとり むそうまる)
エクシーズ・効果モンスター
ランク6/炎属性/機械族/攻 600/守3000
レベル6モンスター×2
①:相手バトルフェイズ開始時に発動する。
サイコロを1回振る。
お互いのメインモンスターゾーンをこのカードから見て時計回りに1つ先から1~6とし、
メインモンスターゾーンのこのカードを出た目のゾーンに移動する。
移動先にモンスターが存在する場合、
それをこの下に重ねてX素材とする(X素材を持つモンスターの場合にはそれらも全て重ねる)。
このX素材が6つを超えた時、自分はデュエルに勝利する。
移動できない場合、または移動先のモンスターをX素材にできない場合、このカードを墓地へ送る。

wiki

 

炎属性機械族のランク6エクシーズです。

 

席取-六双丸(せきとり むそうまる)

土俵の上で座布団を囲みながらグルグル回って踊っている真っ白な相撲取りたちがいます。

もしかしてこれ座布団で椅子取りゲームやっているのでしょうか。

あと何やら肩に火がついてますが何の火なんでしょう。

機械族である事を考えると力士型のロボットなのかもしれません。

だとしてもどうして土俵の上で踊っているんだって話になりますが。

 

カード名は力士の階級である「関取(せきとり)」と席取りゲーム、

それから「双六(すごろく)」からとられたものだと思われます。

 

スポンサーリンク

 

サイコロの目だけ双六のように敵味方のメインモンスターゾーンを移動

レベル6モンスター×2
エクシーズ素材には特に指定はなくレベル6モンスターを2体用意する事でエクシーズ召喚が可能です。
その為に汎用のランク6エクシーズの1体と言えますが
効果は汎用とかそういう問題ではない代物です。
①:相手バトルフェイズ開始時に発動する。
サイコロを1回振る。
お互いのメインモンスターゾーンをこのカードから見て時計回りに1つ先から1~6とし、
メインモンスターゾーンのこのカードを出た目のゾーンに移動する。
移動先にモンスターが存在する場合、
それをこの下に重ねてX素材とする(X素材を持つモンスターの場合にはそれらも全て重ねる)。
このX素材が6つを超えた時、自分はデュエルに勝利する。
移動できない場合、または移動先のモンスターをX素材にできない場合、このカードを墓地へ送る。

その効果は相手バトルフェイズ開始時にサイコロを1つ振り、

出た目の数だけお互いのメインモンスターゾーンを時計回りに移動、

移動先にモンスターが存在していればそれが持っているオーバーレイユニットごと

自身のオーバーレイユニットにしてしまうというものです。

何やら「時計回りに移動」という新用語が出てまいりました。

 

 

多分言葉だけで説明しても混乱する人が多いと思うので

丁度wikiに分かりやすい図式が乗ってあったので参照させてもらいましょう。

例えば中央の自分モンスターゾーンにいる状態でサイコロの目が4だった場合、

相手の左端のメインモンスターゾーンに移動した上で

そこにモンスターがいればそれをオーバーレイユニットにしてしまいます。

このように相手のバトルフェイズに入るたびにさいころで出た目だけ

ぐるぐると自分と相手のメインモンスターゾーンを移動するまさに双六のような効果となっています。

 

このX素材が6つを超えた時、自分はデュエルに勝利する。
移動できない場合、または移動先のモンスターをX素材にできない場合、このカードを墓地へ送る。

そしてこれによりオーバーレイユニットが6を超過した時に特殊勝利が成立します。

「このカードのエクシーズ素材が6超過」だと

この効果以外で無理やりオーバーレイユニットを重ねた場合でも特殊勝利が成立してしまうので

多分「この効果で6つのカードをエクシーズ素材にした時」が成立条件だと思われます。

 

要するにサイコロを振って移動した先に

オーバーレイユニットを6つ以上持っている自分のエクシーズモンスターがいれば

特殊勝利が成立します。

勿論何もせずに狙った場所に移動させるのは困難を極めるので

成功確率を高めるのであれば出たら目のようなサイコロを操作できるカードが必要でしょう。

ちなみに「1から6」と決まっているのでパラダイスマッシャーではイカサマできません。

 

 

出たら目用意してさらに素材6つのエクシーズも用意するだけでも大変ですが

一番この効果による特殊勝利を困難ににしているのは

発動タイミングが相手のバトルフェイズだという点でしょう。

つまり相手がバトルフェイズに入ってくれないとそもそも発動できません。

こうなると発動を狙うには更にバトルフェイズを強制させるカードが必要になるので

これらのカードを全て揃えた上でカードを全部守り切る必要があるので

まあちょっとこの特殊勝利を成立させるのは現実的ではないと思われます。

 

・・・でも単純に素材7つ持っていればいいのであれば

その状態で移動しただけで勝利条件成立なんて事にもなりかねませんね。

こうなるとかなり成立はしやすくなりそうです。

 

 

とても斬新な効果ですが数ある特殊勝利の中でも

難易度が高い部類の1つだと思います。

もし決める事が出来たら拍手喝采が起こりそうです。

コメント