《XXクルージョン》遊戯王OCGカード考察 ハンデスも同時に行う新時代の手札誘発メタ!

今回紹介するのはDIMENSION FORCE(ディメンション・フォース)よりこのカードです。

 

 

カード説明

XX(クロス・エクス)クルージョン
カウンター罠
①:相手が手札のモンスターの効果を発動した時に発動できる。
その発動を無効にする。
相手の手札がある場合、さらに相手は手札を1枚選んで捨てる。

wiki

 

汎用のカウンター罠です。

 

XX-セイバー ガトムズが魔轟神ディアネイラをXの字で斬り裂いています。

必殺技が決まったような1シーンですね。

 

カード名は「排除」や「除外」を意味する「エクスクルージョン」からだと思われます。

手札誘発を排除してさらに手札も排除しているという意味合いなのでしょう。

 

スポンサーリンク

 

手札のモンスター効果を無効にしつつさらにハンデス

①:相手が手札のモンスターの効果を発動した時に発動できる。
その発動を無効にする。
相手の手札がある場合、さらに相手は手札を1枚選んで捨てる。

その効果は相手が手札からモンスター効果を発動した時に

その発動を無効にしつつさらに相手に手札を1枚捨てさせるというものです。

手札で発動する類のモンスターメタとハンデスを同時に行うといったもので

効果の近いものとしては同じカウンター罠の透破抜きがあり

あちらと違い墓地のモンスター効果も発動できずにまた除外も出来ませんが

その一方でハンデスも同時に行えるという違いがあります。

 

現在の環境では手札誘発を採用していないデッキはほとんどないといってよく

そういう意味では腐りにくく更にハンデスも行える為に

数ある手札誘発メタの中でも特にアドバンテージに優れているカードとなっています。

ただ罠カード故に特に自分ターンの展開を手札誘発から守りたい場合には

1度伏せて次の自分ターンに発動する必要があるというタイムラグにより

特に先攻制圧をしたいデッキでは速攻魔法であり現在主流の手札誘発メタである墓穴の指名者に比べて

この点がかなりネックになってきます。

1度伏せるというタイムラグをある程度許容できる

長期戦を視野に入れたデッキでこそ活きるカードだと言えるでしょう。

 

また手札誘発だけでなく驚楽園の支配人 <∀rlechino>のような

「手札から発動して自己展開する」類の効果も無効にできます。

発動そのものを無効にするので1ターンに1度の制約があっても再度効果の発動は可能ですが

ハンデスは行えるので発動する意義は充分にあるでしょう。

この類の効果を持つモンスターは結構あるので

意外とこちらの用途でも効果を発動する機会は多いでしょう。

 

 

 

また面白い手札誘発メタが来ましたね。

決まればかなりアドバンテージ面で有利になれるので

墓穴の指名者が準制限になった穴を埋められるか気になる所です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました