PR
スポンサーリンク

《逢華妖麗譚-魔妖不知火語》遊戯王OCGカード考察 お前このターン墓地か除外ゾーン以外から特殊召喚禁止ね

スポンサーリンク

今回紹介するのはSECRET SHINY BOX(シークレット・シャイニー・ボックス)よりこのカードです。

 

 

カード説明

逢華妖麗譚-魔妖不知火語(おうかようれいたん まやかししらぬいがたり)
通常罠
このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:自分フィールドの、「魔妖」S・リンクモンスター
または「不知火」S・リンクモンスター1体をリリースして発動できる。
このターン、お互いに手札・デッキ・EXデッキからモンスターを特殊召喚できない。
②:墓地のこのカードを除外し、
除外されている自分のアンデット族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを墓地に戻す。

wiki

 

【魔妖】及び【不知火】用のサポートとなる通常罠です。

 

不知火の武部と麗の魔妖-妖狐が氷の魔妖-雪女の方をにらんでいます。

 

恐らくは逢華妖麗譚-魔妖語の後の様子を描いたカードだと思われ

氷漬けにされた薙刀は地面に刺さっており

代わりに不知火の武部の手には様々な不知火モンスターが腰につけていた

フランベルジュのように波打った刃の剣が握られています。

この剣、本当に様々な不知火のイラストに描かれており

鍛師が鍛え、宮司が祈祷を捧げる事で魔妖に対抗する力が秘められているという設定があります。

 

シンクロかリンクをリリースする事で墓地か除外ゾーン以外の特殊召喚禁止

このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:自分フィールドの、「魔妖」S・リンクモンスター
または「不知火」S・リンクモンスター1体をリリースして発動できる。
このターン、お互いに手札・デッキ・EXデッキからモンスターを特殊召喚できない。

①の効果は1ターンに1度、

自分の魔妖か不知火のシンクロかリンク1体をリリースする事で

そのターンお互いに手札、デッキ、EXデッキからの特殊召喚を封じるというものです。

要するに墓地か除外ゾーンからしか特殊召喚できなくなるというもので

相手ターンに発動すれば強烈な妨害として機能します。

よっぽど蘇生が得意なデッキでもなければ大抵のデッキは動きが封じられるでしょう。

 

リリース要員の確保は【魔妖】も【不知火】も

1枚からのシンクロ召喚が十分に狙えるデッキであり確保はそう難しくないでしょう。

自分も特殊召喚に制約が発生するので相手ターンでの発動が基本となります。

 

このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
②:墓地のこのカードを除外し、
除外されている自分のアンデット族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを墓地に戻す。

②の効果は1ターンに1度、このカードを墓地から除外する事で

除外されている自分のアンデット族を墓地に戻すというものです。

【不知火】も【魔妖】除外を積極的に活用するテーマですし

そうでなくとも馬頭鬼などの有用なアンデット族の再利用に重宝する効果となっています。

①の効果とは1ターンにどちらか片方しか発動できないので

①の効果を相手ターンに、②の効果を自分ターンに発動していくといいでしょう。

 

 

「とりあえず発動すればそのターン相手は機能停止する」と言っても過言ではない

強烈な妨害カードとなっています。

それこそ【ふわんだりぃず】のような特殊召喚に依存しないデッキ相手でもない限りは

相手からすれば悪夢のようなカードだと言えるでしょう。

②の効果もシンプルに便利なものであり

シンクロモンスターやリンクモンスターをリリースする価値の十分にあるカードとなっています。

 

 

 

垂氷の魔妖-雪女は様々なアンデット族デッキで活用できるリンクモンスターなので

【魔妖】や【不知火】以外のアンデット族デッキに採用する選択肢も充分考えられます。

①の効果だけでなく②の効果も大いに役立つと思います。

 

コメント