PR
スポンサーリンク

《スターヴ・ヴェノム・プレデター・フュージョン・ドラゴン》遊戯王OCGカード考察 捕食植物の要素が強い新たな進化形!

スポンサーリンク

今回紹介するのはDIMENSION FORCE(ディメンション・フォース)よりこのカードです。

 

 

カード説明

スターヴ・ヴェノム・プレデター・フュージョン・ドラゴン
融合・効果モンスター
星10/闇属性/ドラゴン族/攻3600/守2500
闇属性の融合モンスター+融合モンスター
このカード名はルール上「捕食植物」カードとしても扱う。
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:1ターンに1度、魔法・罠・モンスターの効果が発動した時に発動できる。
自分または相手フィールドの捕食カウンターが置かれたモンスター1体をリリースし、
その発動を無効にする。
②:融合召喚したこのカードが相手によって墓地へ送られた場合、
自分の墓地の闇属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

wiki

 

スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴンの進化形となる

闇属性ドラゴン族のレベル10融合モンスターです。

 

ビフォー

スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン

 

 

アフター

グリーディー・ヴェノム・フュージョン・ドラゴンよりもさらに鮮やかな紫色に輝く光の翼を持っています。

そして発行する小さな多数の触手に食虫植物のような翼がなど

捕食植物としての要素が強くなった形態となっています。

効果や名称からもスターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴンが

捕食植物の要素を色濃く受け継いで真価した姿だと言えるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

捕食カウンター持ちをリリースしつつ効果無効

闇属性の融合モンスター+融合モンスター
融合素材は融合モンスター2体でそのうち1体には闇属性を指定しております。
融合モンスター2体というかなり重い素材指定であり
そのまま融合召喚を狙うと合計3回の融合召喚が必要となります。
【捕食植物】には捕食植物サンデウ・キンジーやプレデター・プライム・フュージョン、
新たに追加された捕食植物ブフォリキュラなど多種多様な融合手段があるので
それらを駆使して融合召喚を狙っていく事になるでしょう。
墓地に融合モンスターを2体確保出来ていれば龍の鏡を活用する事もできます。
また烙印竜アルビオンや神炎竜ルベリオンを活用すれば融合モンスターを2体並べられるので
アルバスの落胤や烙印融合を混ぜるとより融合召喚が狙いやすくなるでしょう。
このカード名はルール上「捕食植物」カードとしても扱う。

まずルール上捕食植物としても扱う効果外テキストがあります。

これにより各種捕食植物サポートに対応しており

捕食接ぎ木で蘇生したり捕食生成で戦闘破壊から守ったりできます

プレデター・プライム・フュージョンの条件を満たせるのも覚えておいていいでしょう。

 

①:1ターンに1度、魔法・罠・モンスターの効果が発動した時に発動できる。
自分または相手フィールドの捕食カウンターが置かれたモンスター1体をリリースし、
その発動を無効にする。

①の効果は1ターンに1度、魔法罠、モンスター効果が発動した時に

自分か相手の捕食カウンターが置かれたモンスター1体をリリースする事で

その発動を無効にできるというものです。

相手の場に捕食カウンターが置かれている状態であれば

ほとんどの効果を無効にすると同時に相手のモンスター1体をリリースできると

強力な妨害手段として機能します。

 

このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
②:融合召喚したこのカードが相手によって墓地へ送られた場合、
自分の墓地の闇属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

②の効果は1ターンに1度、

融合召喚している状態で相手によって墓地へ送られた場合に

墓地の闇属性1体を特殊召喚できるというものです。

闇属性であれば何でもよく、この効果は使えなくなってしまうものの

墓地へ送られた自分自身を蘇生してしまう事も可能です。

それ以外では捕食植物ドラゴスタペリアも妨害手段として優秀です。

 

捕食カウンターがあってこそ真価を発揮

捕食カウンターさえ乗っていれば強力な妨害効果を持っており

仮に破壊されたとしても②の効果で後続へ繋げる事が可能で打点も3500と十分な数値と

まさに切り札に相応しい性能のモンスターと言えます。

出す事自体は他のデッキでも狙えますが捕食カウンターがあってこそ真価を発揮できるカードなので

やはり【捕食植物】で活用するのが基本となるでしょう。

このカードを場に出した後も

出来るだけ相手の場に捕食カウンターが乗っている状態にするのが望ましいので

捕食生成などフリーチェーンで捕食カウンターを乗せる手段も用意しておきたい所です。

 

 

 

ここに来て捕食植物の新規が一気に来ましたね。

どれもこれも優秀なカードばかりであり戦々恐々といった感じです。

コメント

  1. 匿名 より:

    ただ立てて強いモンスターではないからスタペリアや計画などで相手ターンに相手モンスターにカウンターを乗せたり、保険として自分フィールドのモンスターにカウンターを乗せておくプレイングが求められますね。