《オッドアイズ・ペンデュラムグラフ・ドラゴン》遊戯王OCGカード考察 史上初となるペンデュラム儀式モンスター!

1月15日にDIMENSION FORCE(ディメンション・フォース)が発売されます。

今回紹介するのはディメンション・フォースよりこのカードです。

 

 

カード説明

オッドアイズ・ペンデュラムグラフ・ドラゴン
儀式・ペンデュラム・効果モンスター
星7/光属性/ドラゴン族/攻2700/守2500
【Pスケール:青4/赤4】
このカード名のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分・相手のエンドフェイズに発動できる。
自分のデッキ・墓地から儀式魔法カード1枚を選んで手札に加える。
その後、このカードを持ち主の手札に戻す。
【モンスター効果】
「オッドアイズ・アドベント」により降臨。
このカードは儀式召喚及び手札からのP召喚でのみ特殊召喚できる。
①:相手がEXデッキからモンスターを特殊召喚する度に、相手に300ダメージを与える。
②:1ターンに1度、相手が魔法カードの効果を発動した時に発動できる。
このカードを自分のPゾーンに置き、その相手の効果を無効にする。
儀式召喚したこのカードをPゾーンに置いた場合、
さらにEXデッキから「オッドアイズ」モンスター1体を特殊召喚できる。

wiki

 

新たなるオッドアイズにして史上初となるペンデュラム儀式モンスターとなる

光属性ドラゴン族のレベル7モンスターです。

ディメンション・フォースにおける看板モンスターでもあります。

 

全身金ピカな実に眩しいオッドアイズです。

背中にまるで六分儀のような装飾がついているのが何とも印象的です。

 

スポンサーリンク

 

魔法を無効にしつつPゾーンに移動、さらに手札に戻りつつ儀式魔法を回収

「オッドアイズ・アドベント」により降臨。
このカードは儀式召喚及び手札からのP召喚でのみ特殊召喚できる。

ペンデュラム儀式というだけあり儀式召喚で出す方法以外にも

ペンデュラム召喚で出す事も可能となっています。

真価を発揮するにはしっかりと儀式召喚が必要ですが

儀式魔法が確保できていない状態でも腐らないのはポイントです。

ただしあくまで手札からのみであり

EXデッキからペンデュラム召喚をする事はできません。

EXデッキに行ってしまった場合は螺旋のストライクバーストなどで

改めて手札に回収するのがいいでしょう。

 

素直に儀式召喚で出す場合にはオッドアイズ・アドベントの他、

高等儀式術でオッドアイズ・アークペンデュラム・ドラゴンあたりを

デッキから墓地に落として特殊召喚してもいいでしょう。

 

①:相手がEXデッキからモンスターを特殊召喚する度に、相手に300ダメージを与える。

モンスター効果の①は相手がエクストラデッキからモンスターを特殊召喚する度に

300ダメージを与えるバーン効果です。

1度のダメージ量自体は大したものではないですが連続リンクを行うデッキなどは

結構馬鹿にならないバーンダメージを出せたりもします。

 

②:1ターンに1度、相手が魔法カードの効果を発動した時に発動できる。
このカードを自分のPゾーンに置き、その相手の効果を無効にする。

②の効果は1ターンに1度、相手が魔法カードの効果を発動下時に

自身をPゾーンに置く事でその効果を無効にするというものです。

優秀な妨害効果ですがPゾーンに置く必要がある関係で

Pゾーンが埋まっている場合には発動ができません。

特にペンデュラム召喚から出している場合には注意しましょう。

 

儀式召喚したこのカードをPゾーンに置いた場合、
さらにEXデッキから「オッドアイズ」モンスター1体を特殊召喚できる

儀式召喚で出している場合にこの効果を発動していた場合には

エクストラデッキからオッドアイズ1体を直接特殊召喚する豪華特典がついてきます。

特にオッドアイズ・ボルテックス・ドラゴンを特殊召喚すれば

さらなる妨害に繋げる事もできるので強力です

それ以外だとオッドアイズ・メテオバースト・ドラゴンあたりも候補でしょうか。

 

【Pスケール:青4/赤4】
このカード名のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分・相手のエンドフェイズに発動できる。
自分のデッキ・墓地から儀式魔法カード1枚を選んで手札に加える。
その後、このカードを持ち主の手札に戻す。

ペンデュラム効果はお互いのエンドフェイズに1度、

デッキか墓地から儀式魔法を手札に加えてこのカードを手札に戻しつつ

自身を手札に戻す事が可能です。

オッドアイズ・アドベントや高等儀式術を手札に加える事で

次のターンにまた儀式召喚を狙っていく事もできるでしょう。

 

 

儀式メインのデッキでこそ真価を発揮

総合的に性能を見るとペンデュラム召喚メインのデッキよりも

儀式召喚メインのデッキでこそ真価を発揮できるカードだと言えるでしょう。

ペンデュラムに依存しないデッキであれば②のモンスター効果の為に

ペンデュラムゾーンを気にする必要もなく十全に効果を発揮させやすいです。

また儀式召喚で出すだけでなく直接スケールにセッティングするのも効果的で

タイムラグこそありますが毎ターン繰り返し儀式魔法を手札に確保できる魔法カードとして活用できます。

スケールは4と中途半端ですがそもそもペンデュラム召喚をしないのであれば

それも大した問題にはならないでしょう。

儀式召喚できれば魔法カードを無効にしつつEXデッキから直接オッドアイズを出せると強力で

儀式召喚出来ない場合でもPゾーンにセットする事でサーチ手段として使える為に困らないと

ハイスペックな儀式モンスターです。

 

 

ペンデュラム召喚を活用するデッキで活用する場合でも

儀式召喚のギミックは取り入れた方がいいでしょう。

②のモンスター効果を考えるのであればペンデュラム召喚をした後に

Pゾーンのカードをどかす手段も同時に用意しておきたい所です。

それでいてスケール4が邪魔になりにくいペンデュラムデッキであれば

充分に活用していけるでしょう。

ペンデュラムモンスターとして見た場合、儀式モンスターでもあるが故に

マンジュ・ゴッドなどでサーチしやすいのがポイントです。

コメント

  1. 匿名 より:

    オッドアイズはPゾーンから退かす手段が豊富なので空きを気にする必要はないですね

タイトルとURLをコピーしました