PR
スポンサーリンク

遊戯王OCGカード考察:《憶念の相剣(おくねんのそうけん)》相剣サポートでもあるし相剣メタでもある

スポンサーリンク

今回紹介するのはBATTLE OF CHAOS(バトル・オブ・カオス)よりこのカードです。

 

 

カード説明

憶念の相剣
永続罠
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:カードが除外された場合に発動できる。
自分の手札・デッキ・墓地及び自分・相手フィールドの表側表示のカードの中から、
幻竜族Sモンスター1体または「相剣」カード1枚を選んで除外する。
②:このカードが除外された場合に発動できる。
自分フィールドに「相剣トークン」(幻竜族・チューナー・水・星4・攻/守0)1体を特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したトークンが存在する限り、
自分はSモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

wiki

 

【相剣】用のサポートとなる永続罠です。

 

相剣大邪-七星龍淵相剣大公-承影に刃を向け

氷水帝コスモクロア承影の援護をしている形です。

 

恐らくは氷水浸食のイラストの続きであり

龍淵が氷水の住処を襲撃しようとした所に承影が救援に入ったのでしょう。

明確に龍淵が氷水の、そして相剣の敵対存在になってしまった事が示唆できるイラストです。

 

「憶念(おくねん)」とは深く心に刻んで忘れないようにするという意味の仏教用語であり

「執念」と同じ意味で考える事もあります。

龍淵がこうして敵対する敬意には何かしらの執念があるのかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

カードが除外されれば様々な場所から相剣カードを除外

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:カードが除外された場合に発動できる。
自分の手札・デッキ・墓地及び自分・相手フィールドの表側表示のカードの中から、
幻竜族Sモンスター1体または「相剣」カード1枚を選んで除外する。

①の効果は1ターンに1度、カードが除外された場合に

自分の手札、デッキ、墓地かお互いのフィールドの表側カードから

幻竜族シンクロか相剣1体を選んで除外するというものです。

除外を積極的に行う【相剣】は勿論の事、何かしら墓地から除外するカードを採用していれば

発動条件を満たすのは難しくないでしょう。

デッキから相剣罠を除外する事でそのままトークンの生成に繋げる事も可能です。

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:このカードが除外された場合に発動できる。
自分フィールドに「相剣トークン」(幻竜族・チューナー・水・星4・攻/守0)1体を特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したトークンが存在する限り、
自分はSモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

②の効果は1ターンに1度、このカードが除外された場合に

自分の場にトークンを生成するというものです。

レベル4のチューナーである点やシンクロしかEXから出せないデメリットも含めて

他の相剣罠と共通の効果ですね。

 

 

とにかく何かしらカードを除外していれば①の効果の発動条件が整うので

効率的な動きが出来ていればお互いのターンに①の効果でデッキから相剣罠を除外、

つまりチューナーを生成していく事も可能です。

連続シンクロも積極的に狙っていけるでしょう。

 

フィールドの、それも相手の相剣カードや幻竜族シンクロの除外も可能であり

相剣メタとしての性質も持っています。

ミラーマッチは勿論の事、源竜星-ボウテンコウなど

他の幻竜族シンクロも除外できる点は意識しておいていいでしょう。

コメント