PR
スポンサーリンク

遊戯王OCGカード考察:《海晶乙女スプリンガール(マリンセススプリンガール)》展開力も墓地肥やしも強化してくれる!

スポンサーリンク

今回紹介するのはデュエリストパック-深淵のデュエリスト編-よりこのカードです。

 

 

カード説明

海晶乙女スプリンガール
効果モンスター
星4/水属性/サイバース族/攻1200/守1000
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分の墓地から「マリンセス」モンスター1体を除外して発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
②:このカードが水属性リンクモンスターのリンク素材として墓地へ送られた場合に発動できる。
自分フィールドの「マリンセス」モンスターの数だけ、自分のデッキの上からカードを墓地へ送る。
この効果で「マリンセス」カードが墓地へ送られた場合、
さらにその「マリンセス」カードの数×200ダメージを相手に与える。

wiki

 

【マリンセス】の新規となる水属性サイバース族のレベル4モンスターです。

 

セクシーな青いドレスを纏った青髪のマリンセスです。

全体的に大人な雰囲気が漂ってて美しいですね。

 

カード名はサンゴ礁域に生息する魚「スプリンガーズデムワーゼル」からだと思われます。

スズメダイ科・ルリスズメダイ属の青い体に黒の斑点を持つ美しい魚で

最大でも4センチほどとかなり小型です。

 

スポンサーリンク

 

リンク素材になる事で墓地肥やし&ちくちくバーン

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分の墓地から「マリンセス」モンスター1体を除外して発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。

①の効果は1ターンに1度、墓地からマリンセス1体を除外する事で

手札から特殊召喚する自己展開効果です。

墓地コストこそ必要なものの召喚権なしで、かつ単体で展開可能であり

【マリンセス】における展開力の補強に一役買ってくれます。

また除外をする事は海晶乙女グレート・バブル・リーフの効果発動のトリガーにもなるので

一概にデメリットとも言えません。

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:このカードが水属性リンクモンスターのリンク素材として墓地へ送られた場合に発動できる。
自分フィールドの「マリンセス」モンスターの数だけ、自分のデッキの上からカードを墓地へ送る

②の効果は1ターンに1度、水属性リンクのリンク素材として墓地へ送られた場合に

自分の場のマリンセスの数だけデッキから墓地へ送る墓地肥やし効果です。

狙ったカードを墓地へ落とせるわけではないですが

マリンセスリンクの素材になれば最低でも1枚は墓地に落とす事が可能であり

展開次第では3,4枚程度の墓地肥やしは十分狙えます。

 

この効果で「マリンセス」カードが墓地へ送られた場合、
さらにその「マリンセス」カードの数×200ダメージを相手に与える。

またマリンセスが墓地へ送られた場合には

そのカードの数×200のダメージを与えるバーン効果も追加されます。

トリックスターを思わせるちくちくバーンですね。

1回ごとのダメージ量自体は大したものではありませんが魔法罠が墓地へ送られてもよく

デッキをマリンセスカードで固めれていれば結構まとまったダメージが期待できます。

 

 

総じて【マリンセス】において一時的に墓地アドバンテージを失ってしまうものの

②の効果によって失った以上の墓地アドバンテージを確保できると同時に

展開力の補強にも繋がってくれるカードです。

マリンセスは墓地から発動するカードが揃っている為に

特に②の墓地アドバンテージの増加はとてもありがたいです。

 

マリンセスには海晶乙女コーラルアネモネをはじめ

水属性全般で使えるカードもいくつかあるのでそれらと一緒に

他の水属性デッキへ出張させる手もあります。

マリンセスリンクに繋げれば墓地肥やし要員として貢献できますし

単純に特殊召喚しやすいレベル4モンスターとしてエクシーズ素材として活用する事もできます。

コメント