PR
スポンサーリンク

遊戯王OCGカード考察:《溟界の大蛟(めいかいのおおみず)》爬虫類族の墓地肥やし性能、さらに向上!

スポンサーリンク

今回紹介するのはBATTLE OF CHAOS(バトル・オブ・カオス)よりこのカードです。

 

 

カード説明

溟界の大蛟
永続魔法
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分の手札・フィールドからモンスター1体を墓地へ送り、
そのモンスターとは元々の属性が異なる自分の墓地の爬虫類族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
②:自分・相手のメインフェイズに、モンスターが相手の墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから爬虫類族モンスター1体を墓地へ送る。

wiki

 

爬虫類族用のサポートとなる永続魔法です。

 

溟界王-アロンが黒い水を操作してそこから蛇のような姿が形作られています。

原初の水から新しい命を生み出しているのかもしれませんね。

 

カード名は洪水を意味する「大水(おおみず)」からだと思われます。

 

スポンサーリンク

 

相手のモンスターが墓地へ送られれば爬虫類族の墓地肥やし

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分の手札・フィールドからモンスター1体を墓地へ送り、
そのモンスターとは元々の属性が異なる自分の墓地の爬虫類族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

①の効果は1ターンに1度、手札かフィールドから

モンスター1体を墓地へ送る事でそれとは元々の属性が違う爬虫類族を

墓地から特殊召喚する蘇生効果です。

【溟界】は光属性と闇属性に分かれているので問題なく活用しやすいですし

【レプティレス】などでも他の属性のモンスターを混ぜれば十分活用可能です。

 

ちなみに墓地へ送るモンスターは爬虫類族でなくても構いません。

幻獣機オライオンのような墓地へ送られる事で効果を発揮する他の種族を混ぜるのもいいでしょう。

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:自分・相手のメインフェイズに、モンスターが相手の墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから爬虫類族モンスター1体を墓地へ送る。

②の効果はお互いのメインフェイズに1度、モンスターが相手の墓地へ送られた場合に

デッキから爬虫類族モンスター1体を墓地へ送る墓地肥やし効果です。

発動条件がとても緩く自分ターンであれば何かしらモンスター破壊をすれば条件を満たせますし

相手ターンであれば相手がモンスターを各種素材にするなどして

勝手に条件を満たしてくれるケースが多いでしょう。

【溟界】であれば溟界王-アロンや溟界妃-アミュネシアの効果で

相手ターンにも能動的に効果を満たしていく事も可能です。

 

 

どちらの効果も有用ですが特に②の効果が墓地肥やしとしてとても優秀ですね。

場に維持さえ出来ていればあまり意識せずとも

お互いのターンに墓地肥やし効果が発動できると思うので

爬虫類族デッキ全般において墓地肥やしのスピードを飛躍的に高められます。

【溟界】に限らず墓地肥やし効率を高めたい爬虫類族デッキには

採用して損はないカードだと言えるでしょう。

コメント