PR
スポンサーリンク

遊戯王OCGカード考察:《究極融合(アルティメット・フュージョン)》フリーチェーン除去もできるハイスペック融合魔法!

スポンサーリンク

今回紹介するのはBATTLE OF CHAOS(バトル・オブ・カオス)よりこのカードです。

 

 

カード説明

究極融合
速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分・相手のメインフェイズに発動できる。
自分の手札・フィールド・墓地から融合モンスターカードによって決められた
融合素材モンスターを持ち主のデッキに戻し、「青眼の白龍」または
「青眼の究極竜」を融合素材とするその融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。
その後、その融合素材としたフィールドの「青眼の白龍」「青眼の究極竜」の数まで
相手フィールドの表側表示のカードを選んで破壊できる。

wiki

 

ブルーアイズ用の融合カードとなる速攻魔法です。

 

青白く光る青眼の白龍の3体のシルエットが融合されようとしています。

カード名からしても青眼の究極竜の融合を意識した融合カードなのでしょう。

 

スポンサーリンク

 

融合素材をデッキに戻して融合召喚

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分・相手のメインフェイズに発動できる。
自分の手札・フィールド・墓地から融合モンスターカードによって決められた
融合素材モンスターを持ち主のデッキに戻し、「青眼の白龍」または
「青眼の究極竜」を融合素材とするその融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。

その効果はお互いのメインフェイズに1度、

手札、フィールド、墓地から融合素材をデッキに戻す事で

青眼の白龍か青眼の究極竜を融合素材に指定する融合モンスターを融合召喚するというものです。

現在このカードで融合召喚できるのは

・青眼の究極竜

・真青眼の究極竜

・青眼の究極亜竜

・青眼の双爆裂龍

・究極竜騎士

・ブルーアイズ・タイラント・ドラゴン

となります。

どの融合モンスターを出すかは特に墓地やフィールドの状況次第となるでしょう。

フリーチェーンで発動可能ですがメインフェイズにしか発動できないので

バトルフェイズ中に融合召喚して畳みかけるように攻撃とかはできません。

 

その後、その融合素材としたフィールドの「青眼の白龍」「青眼の究極竜」の数まで
相手フィールドの表側表示のカードを選んで破壊できる。

さらにこの効果で融合召喚した場合、

フィールドから融合素材にした青眼の白龍、青眼の究極竜の数まで

相手の表側カードを選んで破壊可能です。

これにより墓地融合が可能でありながらフィールドから融合した場合にもメリットがあるようになっています。

相手ターンに融合召喚出来ればフリーチェーンの除去手段としても活用していけるでしょう。

対象に取らないので対象耐性を突破できるのもポイントです。

太古の白石や真の光などで特殊召喚した青眼の白龍あたりは

フィールドからの融合素材として利用しやすいでしょう。

 

 

墓地の青眼の白龍をデッキに戻す手段として

墓地融合可能かつフリーチェーンで発動可能でさらに除去能力もついているという

融合魔法としてはかなりハイスペックな存在です。

相手ターンに場に残っている青眼の白龍を有効に活用可能であり

フリーチェーン除去やリリース・エスケープとして積極的に活用していけるでしょう。

 

何よりも「墓地の青眼の白龍をデッキに戻せる」という点がありがたいですね。

ブルーアイズはとにかくデッキから青眼の白龍を特殊召喚したり墓地に送る機会が多く

結果としてデッキから青眼の白龍が簡単に尽きる状況になってしまいます。

そうなると色々と動きに支障が出てしまうのでこの効果で墓地の青眼の白龍をデッキに戻す事は

デッキ自体の動きをより円滑にする働きもしてくれます。

デッキから青眼の白龍が枯渇しやすいと思えるのならば

是非ともこのカードを採用したい所です。

コメント