PR
スポンサーリンク

遊戯王ラッシュデュエル考察:《報道艦轟鎧號 疾風迅雷(ほうどうかんごうがいごう しっぷうじんらい)》

スポンサーリンク

今回紹介するのはデッキ改造パック 混沌のオメガライジング!!よりこのカードです。

 

 

カード説明

報道艦轟鎧號 疾風迅雷
フュージョン・効果モンスター
星9/地属性/機械族/攻2900/守2500
「特報マシン・タフロイド」+「配達マシン・ブーン」
【条件】デッキの一番上のカードを墓地へ送って発動できる。
【効果】相手は自身のデッキの上からカードを7枚めくり、お互いに確認する。
相手はめくったカードを好きな順番でデッキの上に戻す。
自分は相手フィールドの全ての表側表示モンスターの攻撃力をターン終了時まで、
[めくったカードの中のモンスターの数]×500ダウンできる。

wiki

 

地属性機械族のレベル9フュージョンモンスターです。

 

多数の砲台からレーザー砲を発射するシャチホコ型の宇宙戦艦です。

口にあたる部分には明らかに波動砲らしきものがチャージされています。

艦橋部分が日本のお城になっているのも特徴的でなんかがんばれゴエモンシリーズにいそうです。

まったくもって融合元の原型をとどめてないどころか報道要素も一見見当たりませんが

よく見ると後ろの方で写真らしきものをばら撒いています。

 

カード名は「報道官」「号外」「ゴシップ」と

「ほうどうかんごうがいごう」という言葉の中にいくつもの報道用語が込められています。

 

スポンサーリンク

 

相手のデッキトップを7枚確認してモンスターが多いほど相手モンスター弱体化

「特報マシン・タフロイド」+「配達マシン・ブーン」

フュージョン素材には特報マシン・タフロイドと配達マシン・ブーンの2体を指定しています。

レベル9フュージョンモンスターの素材としては割とお馴染みとなる

最上級モンスターと下級通常モンスターの組み合わせです。

そのまま特報マシン・タフロイドをアドバンス召喚して素材を揃えようとすると大変ですが

報道狸マイクタンによって墓地からタフロイドを蘇生しつつマシン・ブーンを手札に回収できるので

墓地にタフロイドとマシン・ブーンが存在する状態であれば

報道狸マイクタンとそのリリース要員、それからフュージョンの3枚でフュージョン召喚が狙えます。

 

【条件】デッキの一番上のカードを墓地へ送って発動できる。
【効果】相手は自身のデッキの上からカードを7枚めくり、お互いに確認する。
相手はめくったカードを好きな順番でデッキの上に戻す。
自分は相手フィールドの全ての表側表示モンスターの攻撃力をターン終了時まで、
[めくったカードの中のモンスターの数]×500ダウンできる。

その効果は1ターンに1度、デッキトップのカードを墓地へ送る事で

相手のデッキの上から7枚めくってそれをお互いに確認、

相手はそれを好きな順番でデッキの上に戻させます。

そしてその中に存在したモンスターカードの数×500の数値分、

相手表側モンスター全ての攻撃力を1ターンの間ダウンさせるという全体弱体化です。

仮に7枚中、4枚がモンスターカードであれば2000もの弱体化が可能であり

このカードの攻撃力2800と含めて4800打点までは戦闘破壊可能となります。

3枚でも1500の弱体化が可能であり

大抵の状況においてマキシマムモンスターを一方的に戦闘破壊可能です。

マキシマム相手でなければ相手モンスターの攻撃力を0にできる場面も多く、

そちらはそちらで相手に大ダメージを叩きこめるチャンスとなります。

 

ただし相手はめくったカード7枚を好きな順番でデッキに戻せる関係で

次のターンにはある程度ドローできるカードを操作する事が可能です。

特にマキシマムモンスターを扱うデッキ相手の場合、

マキシマム召喚を成功させる可能性を高めてしまう点には留意する必要があるでしょう。

 

 

とはいえそれを引き換えにしてもこの弱体化効果は魅力的です。

何よりも前述した通り予め墓地に準備が出来ていれば3枚のカードでフュージョン召喚が可能であり

レベル9フュージョンモンスターの中でも特に出しやすい部類の1つとなります。

これは他のモンスターも一緒に並べやすい事を意味しており

全体弱体化からの総攻撃で大ダメージを与えていく事も十分狙っていけるでしょう。

コメント