遊戯王ラッシュデュエルカード考察:《七宝船(しちほうせん)》レベル7版トレード・イン!最上級を多めにしても安心!

今回紹介するのはデッキ改造パック 混沌のオメガライジング!!よりこのカードです。

 

 

カード説明

七宝船
通常魔法
【条件】手札のモンスター1体を墓地へ送って発動できる。
【効果】自分は1枚ドローする。
この効果の条件でモンスター(レベル7)を墓地へ送った場合、さらに自分は1枚ドローできる。

wiki

 

レベル7用のサポートとなる通常魔法です。

 

まさに金銀財宝を詰め込んだといった感じの宝の船です。

打ち出の小づちや鯛、琵琶など七福神をイメージする道具も随所に見られますね。

 

スポンサーリンク

 

手札のもんすたーを墓地へ送って1枚ドロー、レベル7ならさらにもう1枚

【条件】手札のモンスター1体を墓地へ送って発動できる。
【効果】自分は1枚ドローする。
この効果の条件でモンスター(レベル7)を墓地へ送った場合、さらに自分は1枚ドローできる。

その効果は手札のモンスター1体を墓地へ送って1枚ドローできるというものです。

そのまま使用すると2:1交換のディスアドバンテージとなってしまいますが

レベル7モンスターを墓地へ送って発動できればさらに1枚ドローが可能となり

2:2交換が成立します。

言うなればOCGでいう所のレベル7版トレード・インとも言うべき効果であり

墓地肥やしを行いながら手札交換を行う事が可能です。

いざという時にはレベル7がいなくとも発動可能という点ではトレード・インよりも優秀です。

ラッシュデュエルで手札交換が行えるのはとってもありがたく

特にレベル7の最上級モンスターを多めに採用している場合などでは

手札事故の回避などに一役買ってくれるでしょう。

火雷神サンダーボールドを扱うようなデッキでは

墓地にレベル7を4体以上揃えるという条件を満たすのに一役買ってくれます。

 

レベル7が無い状態でこのカードを引いた場合は

先にセットしておいて改めてレベル7を引いた時にドローをすれば問題は少ないでしょう。

そうでなくともダーク・リベレイションや一気貫通など

墓地のモンスターの数が重要なデッキにとってはありがたい手札交換であり

状況次第では2:1交換の発動を狙ってもいいぐらいでしょう。

 

 

アニメにおいて王道遊我はセブンスロード・フォースという

墓地にレベル7を10体も要求する罠カードを使用していました。

単純に墓地にレベル7を10体も用意するのは大変な苦労を要しますが

このカードがあればその難易度も大分下がる事でしょう。

セブンスロード・フォースが実際にカード化されるのがちょっと楽しみですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました