《ジョーカーズ・ワイルド》:遊戯王OCGカード考察 各種絵札の三銃士用のサポートコピーして何度も使い回せる!

今回紹介するのはWORLD PREMIERE PACK 2021よりこのカードです。

 

 

カード説明

ジョーカーズ・ワイルド/Joker’s Wild
通常罠
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分・相手のメインフェイズ及びバトルフェイズに、
デッキから「クィーンズ・ナイト」「キングス・ナイト」「ジャックス・ナイト」の
カード名が全て記された魔法カード1枚を墓地へ送って発動できる。
このカードの効果は、その魔法カード発動時の効果と同じになる。
②:自分・相手のエンドフェイズに、
自分の墓地の戦士族・光属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをデッキに戻し、墓地のこのカードを手札に加える。

wiki

 

絵札の三銃士用のサポートとなる通常罠です。

ジョーカーズ・ナイトがカードを3枚、右手に持っています。

カード名はトランプにおいて万能の役(主にジョーカー)となるワイルドカードからだと思われます。

ジョーカーズ・ワイルドと言うあたりこの3枚のカードが全てジョーカーなのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

 

魔法カードをデッキから墓地に送ってその効果をコピー

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分・相手のメインフェイズ及びバトルフェイズに、
デッキから「クィーンズ・ナイト」「キングス・ナイト」「ジャックス・ナイト」の
カード名が全て記された魔法カード1枚を墓地へ送って発動できる。
このカードの効果は、その魔法カード発動時の効果と同じになる。

①の効果はお互いのメインフェイズかバトルフェイズに1度、

効果テキストに「クィーンズ・ナイト」「キングス・ナイト」「ジャックス・ナイト」

3体のモンスターの単語が全て書いてある魔法カード1枚を墓地へ送って

その魔法カード発動時の効果と同じになるというものです。

該当するカードは絵札融合、ジョーカーズ・ストレート、神速召喚の3枚となります。

罠カード故に相手ターンに発動できるのが特徴で

相手ターンの途中に不意に絵札融合で融合召喚を行うといった芸当が可能です。

また相手ターン中にジョーカーズ・ストレートを発動する事で

自分ターンには光属性戦士族しかEXデッキから特殊召喚できない制約をすり抜けられます。

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:自分・相手のエンドフェイズに、
自分の墓地の戦士族・光属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをデッキに戻し、墓地のこのカードを手札に加える。

②の効果はお互いのエンドフェイズ時の墓地の光属性戦士族1体をデッキに戻して

墓地からこのカードを手札に加える自己回収効果です。

ジョーカーズ・ナイトも持っている効果であり

墓地コストさえ確保できれば毎ターン使い回しが可能です。

ジョーカーズ・ストレートはデッキから絵札の三銃士をリクルートやサーチできるので

それらを素材にして墓地に送る事で間接的にこの効果の為の墓地コストを確保可能です。

 

 

絵札の三銃士用の各種魔法カードを状況に応じてコピーして発動しつつ

しかも②の効果によって使い回しができるという非常に強力なカードです。

ただジョーカーズ・ナイトも同じ墓地コストを必要とする関係で

両方を活用するのであれば効率的な墓地肥やしが求められます。

クィーンズ・ナイトはレベル4の通常モンスターなので

レスキューラビットなり苦渋の決断なりでデッキから引っ張ってきやすいので

美味く墓地コストにしていくといいでしょう。

クィーンズ・ナイトをデッキに戻す事で

レスキューラビットや苦渋の決断を再度発動可能になるのもポイントです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました