遊戯王SEVENS第66話『決戦!魔神帝国』感想

遊戯王セブンス66話の感想です。

 

 

前回のあらすじ:眼鏡キャラのお約束

 

 

悪のエンタメ

5勝5敗の最後の勝負を申し込む遊我、

フュージョンが無いならお前達に勝ち目がないと小物前回でそれを受けるユウオウ、

そして意気込み満タンと言った感じで上空から降り注いできたスーツに身を包み

パーフェクトモードとなったザ☆ルークメン。

こうして遊我VSザ☆ルークメンのラッシュデュエルが開始されました。

 

先行はザ☆ルークメン、ドロー。

まずはモンスター2体リリースからザ☆スタードラゴンをアドバンス召喚してたーエンドです。

 

遊我のターン、ドロー。

まずは天使の施しで墓地を肥やした後にクリボットを召喚して効果でもう1体のクリボットを手札に、

そしてセブンスロード・ウィッチをアドバンス召喚します。

この時「闇から生まれし破壊の魔女」とか実に中二病ちっくな事を言っています。遊我君には3年ほど早い。

そしてその効果で手札からセブンスロード・マジシャンを特殊召喚。

しかしザ☆ルークメンは罠「ザ☆ロック」でマジシャンとウィッチを守備表示にします。

ですが遊我は言います。この程度で我が攻撃を防げるとは思わない事だと。

セブンスロード・マジシャンの効果を発動した後に魔法「クリボットリプル」でドロー、

すると空から隕石が降り注いで遊我を光が包み込みます。

 

現れたのはいかにもな悪役、魔神ユーガ

魔神帝国の大幹部とか言っています。明らかにザ☆ルークメンに合わせている形ですね。

そして魔神ユーガは魔法「魔神の威光」を発動、

ウィッチとマジシャンを攻撃表示にしつつ攻撃力を300上げさらに自身のライフも300回復します。

そしてマジシャンとウィッチで畳みかけるように攻撃してザ☆ルークメンのライフを削ります。

魔神ユーガはこれでターンエンドです。

それにしてもこのセブンスロード・ウィッチ、ノリノリである

 

スポンサーリンク

 

ザ☆ルークメン誕生秘話

なぜこんな事をしているのかとユーロ兄さんが説明してくれます。

まずそもそもザ☆ルークメンとは何なのか。どうして生まれたのか。

その原因を作ったのはタイガーでした。

ルークが情熱をもって漫画に書き写したのがザ☆ルークメンですが

それをタイガーが世間に公開してやろうと漫画をFAXで送り出そうとしていました。

が、FAXが上手く使えなくてカラテチョップした際にセンサーに異常な電流が発生してしまい

奇跡的な突然変異としてザ☆ルークメンという電子生命体が誕生してしまいました。

それは人為的に作られたドローンを超越する力を持っており

フュージョンもネイルが幼少期に壊した衛星の残骸を利用して

ザ☆ルークメンが独自に作り上げられたものだというのです。

つまりザ☆ルークメンが生まれた誕生敬意を要約すると

「ネイルが衛星壊してルークが漫画描いてタイガーがFAXにカラテチョップした」

になります。まるで意味が分からんぞ!

 

ザ☆ルークメンのターン、ドロー。

まず強欲な壺で手札を確保した上でザ☆ドラゴンを召喚、

そして手乗りドラコ2体を召喚して連撃竜ドラギアスをアドバンス召喚します。

そして魔法「フュージョン」を発動、超撃竜ドラギアスターFをフュージョン召喚します。

その効果で攻撃力を900アップさせた上で2回攻撃を付与、

セブンスロード・マジシャンとウィッチにそれぞれ攻撃を仕掛けていきます。

この攻撃が2つとも通れば魔神ユーガのライフは0となりますが

魔神ユーガは罠「マジカル・スイッチ」でウィッチとマジシャンを入れ替える事で

ライフを200残す事に成功しました。

ザ☆ルークメンはこれでターンエンドです。

 

さてザ☆ルークメンが電子生命体で現在ルークの体を乗っ取っているわけですが

何故そんな事をするのかというとそもそものザ☆ルークメンの設定が

ドラゴンがルークと一体化して悪と戦うというストーリーであり

それを再現しようとしているわけです。

フュージョンを作ったのもただ悪と戦う為だとの事。

そして遊我はそんなザ☆ルークメンに付き合って満足させてあげようと

こうして魔神ユーガとなって悪役に徹してあげているわけですね。

所でこの漫画、ちょっと左下のドラゴンさん怖すぎませんか?

小さな子供とは思えない画力の高さもあって妙な迫力というか威圧感があります。

 

 

宇宙戦士 ザ☆ユーガメン

残りライフ200と追い込まれた魔神ユーガ。

ザ☆ルークメンも諦めたらどうだと魔神ユーガに告げます。

しかしここで女将ドローンが何か合図を送ると社長室から1機のドローンが出陣します。

そして魔神ユーガに向けて飛来したと思ったら

なんか変身しました

魔神ユーガとは世を忍ぶ仮の姿、本当の姿はザ☆ルークメンと同じ星からやってきた

正義を守る宇宙の戦士、ザ☆ユーガメンだったのです。

それに伴うかのように女将ドローンは他の皆のにもコスプレ衣装を準備していました。

驚いてる皆をよそにアサナとロミンだけ嬉しそうにしています。

 

 

 

 

 

想像以上にカオスな回でした

ザ☆ルークメンの正体が明らかになったわけですが

まさかカラテチョップによって生まれた電子生命体とか予測できるわけありません。

まあ遊我が言っていたようにザ☆ルークメンとしては悪と戦いたいってだけなので

なんとなくこの後もルークとは別個体として馴染んでいきそうですね。

そしてそれに付き合う形で魔神ユーガになったりザ☆ユーガメンになったりと大暴れな遊我。

すっかり意気投合したのか女将ドローンがノリノリなのが個人的にお腹痛いです。

 

 

次回予告 第67話『宇宙戦士 ザ☆ルークメン』

次回予告の文章が色々とかっとビングキメているので今回はちょっとそのまま抜粋してみましょう。

 

ゴーハ星人の卑劣(ひれつ)な手段によって闘うことになってしまった、ザ☆ルークメンとザ☆ユーガメン。
なぜ正義と正義がぶつからねばならない?葛藤(かっとう)に苦しみながらも全力で闘う2人の宇宙戦士。
次の瞬間、夜空にきらめく流星が正義のデュエリストたちに奇跡をもたらす!

 

まるで意味が分からんぞ!

なお前回の引きから色んなキャラがコスプレを披露しています。

よく後方彼女面とかネタにされてきたアサナですが

本当にウエディングドレスを着る奴があるか

 

そしてロミンちゃんもノリノリである

コメント

  1. 匿名 より:

    いつも楽しみに読んでいます。
    67話のまとめはされないのでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました