《アラメシアの儀》:遊戯王OCGカード考察 このカードがないと何も冒険が始まりません!

今回紹介するのはデッキビルドパック グランド・クリエイターズよりこのカードです。

 

 

カード説明

アラメシアの儀
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できず、
このカードを発動するターン、
自分は特殊召喚されたモンスター以外のフィールドのモンスターの効果を発動できない。
①:自分フィールドに「勇者トークン」が存在しない場合に発動できる。
自分フィールドに「勇者トークン」(天使族・地・星4・攻/守2000)1体を特殊召喚する。
自分フィールドに「運命の旅路」が存在しない場合、
さらにデッキから「運命の旅路」1枚を選んで自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く事ができる。

wiki

 

【勇者トークン】サポートとなる通常魔法です。

 

聖殿の水遣いが大きな水柱を発生させてそこに人影が浮かび上がっています。

これこそが異世界から勇者を召喚する儀式なのでしょう。

まさにこの時勇者としての冒険が開始されるわけです。

 

スポンサーリンク

 

勇者トークンを呼び出して冒険スタート

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できず、
このカードを発動するターン、
自分は特殊召喚されたモンスター以外のフィールドのモンスターの効果を発動できない。
①:自分フィールドに「勇者トークン」が存在しない場合に発動できる。
自分フィールドに「勇者トークン」(天使族・地・星4・攻/守2000)1体を特殊召喚する。
自分フィールドに「運命の旅路」が存在しない場合、
さらにデッキから「運命の旅路」1枚を選んで自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く事ができる。

その効果は1ターンに1度、自分の場に勇者トークンがいない場合に

勇者トークンを生成、さらに運命の旅路が存在しない場合に

デッキから運命の旅路を魔法罠ゾーンに置くというものです。

勇者トークンを生成する手段は現在このカードのみであり

必然的に多用していく事になるでしょう。

そこからさらに運命の旅路でパーティーメンバーのサーチから特殊召喚、

各種パーティーメンバーの効果や装備魔法に繋げられるので生み出せるアドバンテージは高いです。

 

デメリットとして発動するターンは

特殊召喚されていないモンスターの効果を発動できません。

「するターン」なので事前に発動していたらこのカードの発動が不可能になります。

例えばマスマティシャンで聖殿の水遣いを墓地へ送る事でこのカードのサーチが出来ますが

その場合は発動に1ターン待たなければいけません。

 

スポンサーリンク

 

どれだけ安定して引っ張ってこれるかが鍵

必須カードという言葉すら生ぬるいレベルで必須カードです

現在では唯一となる勇者トークン生成カードであり

他の勇者トークン関連のカードはほぼ全てこの勇者トークンが存在する事を前提としています。

その為このカードによって勇者トークンを生み出せなければ

本領を発揮できないを通り越してデッキとして機能しません。

他のテーマを混ぜて頑張るぐらいしかできません。それも1つの手ではあるのですが。

 

よってどれだけこのカードを確保できるかは大きなカギをにぎります。

使い切りの通常魔法である事も考えると勇者トークンが処理された時の事を踏まえて

2回目、3回目に発動する予備も確保しておきたい所です。

幸いにして聖殿の水遣いによってデッキや墓地から手札に確保できるので

そちらと聖殿の水遣いをサーチできる運命の旅路、

あとはデッキから聖殿の水遣いを墓地へ落とす手段を混ぜれば

手札に持ってこれる安定性はかなり高まるでしょう。

さらに安定性やこのカードを持ってくる確率を高めるのであれば

天獄の王など魔法カードそのものを引っ張ってくる手段も用意しておくといいでしょう。

 

ちなみにトークンコレクターなどのトークンメタもですが

王宮の勅命などこのカードの発動を封じるカードも天敵となります。

それらを除去できるカードも一緒に用意しておくのもいいでしょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました