PR
スポンサーリンク

《超撃龍ドラギアスターF(ちょうげきりゅうドラギアスターエフ)》:遊戯王ラッシュデュエルカード考察 攻撃性能全振りなドラギアス正統進化!

スポンサーリンク

今回紹介するのはエクストラ超越強化パックよりこのカードです。

 

 

カード説明

超撃龍ドラギアスターF
フュージョン・効果モンスター
星9/光属性/ハイドラゴン族/攻3000/守2000
「連撃竜ドラギアス」+「ザ☆ドラゴン」
【条件】自分の墓地のモンスターがハイドラゴン族・ドラゴン族のみの場合、
デッキの一番上のカードを墓地へ送って発動できる。
【選択効果】
●このターン、このカードの攻撃力は900アップし、モンスターに2回攻撃できる。
●このターン、このカードは2回攻撃でき、その攻撃は貫通する。

wiki

 

新たなる新種族、ハイドラゴン族となる光属性レベル9のフュージョンモンスターです。

素材から考えて連撃竜ドラギアスの進化形と考えていいでしょう。

 

ビフォー

 

 

アフター

 

全体的にパーツが追加されてトゲトゲが増した正統進化といった感じです。

赤い宝玉はフュージョンの色を現す紫色に変わっており

また宝玉の埋め込まれた穴が星の形になっています。

カード名の「F」は恐らく「フュージョン」からでしょう。

 

スポンサーリンク

 

どっちの効果も2回攻撃

「連撃竜ドラギアス」+「ザ☆ドラゴン」

フュージョン素材には連撃竜ドラギアスとザ☆ドラゴンを指定しています。

連撃竜ドラギアスはドラゴン族メインのデッキであればほぼ確実に採用されるモンスターですが

ザ☆ドラゴンはステータスの低い通常モンスターなのでほぼ素材の為だけに採用する事になります。

片方が最上級モンスターなのでそのままアドバンス召喚からカードを揃えるのであれば

フュージョン魔法と合わせて合計5枚ものカードを必要としてしまいます。

とはいえあらかじめフュージョンをフィールドにセットしておけば

連撃竜ドラギアスとザ☆ドラゴン、それから下級モンスター2体があればいいので

意外と出せる機会は多いと思われます。

 

【条件】自分の墓地のモンスターがハイドラゴン族・ドラゴン族のみの場合、
デッキの一番上のカードを墓地へ送って発動できる。
【選択効果】

その効果は1ターンに1度、墓地のモンスターがハイドラゴン族とドラゴン族のみの場合に

デッキトップのカードを墓地に送る事で2つの効果から1つを選んで発動できる選択効果です。

発動条件の関係上他の種族を一切に混ぜない

純正のドラゴン族デッキでの運用が基本となるでしょう。

 

●このターン、このカードの攻撃力は900アップし、モンスターに2回攻撃できる。
選択効果の1つ目は自身の攻撃力を900アップした上でモンスターに2回攻撃可能です。
元々の攻撃力が3000ある為、この効果も含めて攻撃力は3900にまで達し
天帝龍樹ユグドラゴ以外のマキシマムモンスターを戦闘破壊可能になります。
また2500打点と1500打点がそれぞれ並んでいるような状況の時でも
その2体を破壊した上で3800ものダメージを与えられます。
●このターン、このカードは2回攻撃でき、その攻撃は貫通する。

選択効果の2つ目は貫通効果を付与した上で2回攻撃をするというものです。

3000の貫通効果つきの2回攻撃は非常に強烈で

こちらも大ダメージを与えやすい効果となっています。

またこちらの効果は攻撃できるのがモンスター限定ではなく

相手の場にモンスターがいなければそのまま2回の直接攻撃が可能です。

 

ユグドラゴ相手はちょっと厳しい

どちらの効果も2回攻撃というドラギアスの特徴を受け継いだものでありながら

1つ目の効果は相手モンスターが攻撃表示で存在している時用の、

2つ目の効果は守備表示orモンスターが存在していない時用と

しっかりと使い分けができる代物となっています。

大型モンスターの突破、壁モンスターの蹂躙どちらでもしっかりと役立ってくれるので

出す事さえできれば状況を選ばずに活躍できるまさに切り札的な存在と言えるでしょう。

 

ただし前述した通りユグドラゴに対してはそのままでは攻撃力が足りません。

他の手段で攻撃力をフォローしようにも

「ハイドラゴン族」であって「ドラゴン族」ではないので

ドラゴン族用のサポートカードが利用できない点には注意が必要です。

コメント