《音速を追う者(ソニック・トラッカー)》:遊戯王OCGカード考察 墓地肥やし機能のついた儀式魔法!

今回紹介するのはBURST OF DESTINY(バースト・オブ・デスティニー)よりこのカードです。

 

 

カード説明

音速を追う者
儀式魔法
「トランソニックバード」の降臨に必要。
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:レベルの合計が4以上になるように、
自分の手札・フィールドのモンスターをリリースし、
手札から「トランソニックバード」を儀式召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターのレベルは、
その儀式召喚に使用したモンスターのレベルを合計したレベルになる。
②:墓地のこのカードを除外し、自分フィールドの儀式モンスター1体を対象として発動できる。
種族または属性がそのモンスターと同じ儀式モンスター1体をデッキから墓地へ送る。

wiki

 

トランソニックバード用の儀式魔法です。

トランソニックバードが背中につけたウィングパーツの設計図が書かれています。

設計図のすぐそばにはソニックバードのものと思われるゴーグルがかけられており

ソニックバード本人が熱心にこの設計図を書き上げたものだと推測できます。

まさにカード名通りに音速を追い求める為にこのウィングを作り上げたのでしょう。

 

スポンサーリンク

 

場の儀式と同じ属性か種族の儀式をデッキから墓地へ

①:レベルの合計が4以上になるように、
自分の手札・フィールドのモンスターをリリースし、
手札から「トランソニックバード」を儀式召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターのレベルは、
その儀式召喚に使用したモンスターのレベルを合計したレベルになる。

儀式召喚の為にはレベルが4以上あればいいですが

この効果で儀式召喚したトランソニックバードは

儀式召喚に使用した生け贄要員と同じレベルとなります。

そもそもがトランソニックバード自体が更なる儀式召喚の為のリリース要員として用いられる為、

トランソニックバードから何を儀式召喚したいかによって

リリースする儀式モンスターのレベルが変わってくるでしょう。

基本的に本命となる儀式モンスターのレベルと同じになるように

生け贄要員も用意していれば問題はないでしょう。

 

このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
②:墓地のこのカードを除外し、自分フィールドの儀式モンスター1体を対象として発動できる。
種族または属性がそのモンスターと同じ儀式モンスター1体をデッキから墓地へ送る。

②の効果は1ターンに1度、このカードを墓地から除外する事で

自分の場の儀式モンスターと種族か属性が同じ儀式モンスターを

デッキから墓地へ送る墓地肥やし効果です。

トランソニックバードは闇属性鳥獣族なので

トランソニックバードを儀式召喚してそのまま効果を発動する場合には

闇属性か鳥獣族の儀式モンスターを墓地へ送る事が可能です。

この場合の有力候補は墓地からの儀式召喚が可能なヴェンデットでしょうか。

それ以外の儀式モンスターでも流星輝巧群を利用するのであれば墓地に送るメリットは大きいでしょう。

 

 

前述の通り流星輝巧群とは相性がいいので

流星輝巧群を用いる儀式召喚デッキにこのカードとトランソニックバードを混ぜるのも面白いでしょう。

ただその場合は流星輝巧群で攻撃力0のトランソニックバードは儀式召喚出来ない点に注意です。

 

②の効果を上手く行かせないとしてもレベルがぴったりでなくてよく

儀式の下準備にも対応とそつなく使いやすい儀式魔法となっています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました