PR
スポンサーリンク

《魔鍵錠-施-(まけんじょう ロック)》:遊戯王OCGカード考察 サクリファイスエスケープにも使えます

スポンサーリンク

今回紹介するのはBURST OF DESTINY(バースト・オブ・デスティニー)よりこのカードです。

 

 

カード説明

魔鍵錠-施-
通常罠
①:トークン以外の自分フィールドの、通常モンスターまたは「魔鍵」モンスター1体をリリースし、
レベルの合計が8以下になるように、
自分の墓地の通常モンスターまたは「魔鍵」モンスターを2体まで対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。
その後、以下の効果から1つを選んで適用できる。
●自分フィールドのモンスターをS素材として「魔鍵」Sモンスター1体をS召喚する。
●自分フィールドのモンスターをX素材として「魔鍵」Xモンスター1体をX召喚する。

wiki

 

【魔鍵】用の通常罠です。

カード名からして魔鍵錠-解-を強く意識していますね。

 

怪物と激闘を繰り広げたのでしょう。

傷だらけで満身創痍になっている魔鍵銃士-クラヴィスを

よっぽど心配なのか魔鍵-マフテアが慌てた様子で付き添っています。

こうしてみるとマフテアはもうただの面倒見のいいおじさんって感じですね。

 

スポンサーリンク

 

相手ターンにシンクロやエクシーズを

①:トークン以外の自分フィールドの、通常モンスターまたは「魔鍵」モンスター1体をリリースし、
レベルの合計が8以下になるように、
自分の墓地の通常モンスターまたは「魔鍵」モンスターを2体まで対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。
その後、以下の効果から1つを選んで適用できる。
●自分フィールドのモンスターをS素材として「魔鍵」Sモンスター1体をS召喚する。
●自分フィールドのモンスターをX素材として「魔鍵」Xモンスター1体をX召喚する。

園効果はトークン以外の通常モンスターか魔鍵モンスター1体をリリースして

墓地からレベル合計が8以下になるように魔鍵か通常モンスターを2体まで守備表示で蘇生、

さらに自分モンスターを素材に魔鍵シンクロのシンクロ召喚か

魔鍵エクシーズのエクシーズ召喚をするというものです。

いくつかの違いがありますが全体的に繋がれし魔鍵のシンクロ、エクシーズ版といった感じで

相手ターンにシンクロ召喚やエクシーズ召喚を狙うためのカードとなります。

 

現状で対応する魔鍵シンクロは魔鍵変鬼-トランスフルミネ

魔鍵エクシーズは魔鍵憑霊-ウェパルトゥとなります。

基本的にはレベル4モンスター2体を蘇生してこれらに繋げる事になるでしょう。

トランスフルミネは妨害効果も持っているので

相手ターンに不意に出す事が出来れば展開を狂わせる事もできるでしょう。

 

発動には魔鍵モンスターか通常モンスターをリリースする必要があるので

予想GUYなりで通常モンスターを用意しておくのがいいでしょう。

EXデッキの魔鍵や儀式モンスターの魔鍵をリリースするのは少々勿体ないですが

相手の除去に合わせてリリースエスケープの要領で発動する事も可能です。

 

一応通常モンスターさえ用意していればウェパルトゥは活用できるので

【魔鍵】以外でも通常モンスターを扱うランク4デッキでも扱う事はできますが

トランスフルミネを出す事を考えるのならば

その場合でも大魔鍵-マフテアルは出張させた方がいいでしょう。

 

ちなみにトランスフルミネの除去に合わせてリリースして

またトランスフルミネをシンクロ召喚するなんて芸当も可能です。

トランスフルミネの妨害が効果的だと感じる状況であれば狙ってみてもいいでしょう。

コメント