PR
スポンサーリンク

遊戯王SEVENS第61話感想『実況!パワフルラッシュデュエル!』

スポンサーリンク

遊戯王セブンス61話の感想です。

 

前回のあらすじ:露骨なゲーム宣伝

 

 

バンドVS野球

ユウカの問い詰めに悪びれる様子もなく他の兄弟を叩き落とす算段を白状するユウオウ。

船に衝突したスペースデブリだと思われていたものは未知の魔法カード、フュージョンであり

ユウオウはそれを独占する事で自分だけが勝ちあがるようにする心づもりだった。

うすうす感づいていたものの改めてユウオウの目論見を知ったユウカは動揺を隠せてない様子です。

 

さてチームルークはロアロミンと一緒に巻き寿司食ってました。きっと寿司子の提供でしょう。

そんな折にゴーハ流星群が来るという話を聞き

ルークは願いを叶えようと躍起になりますがデュエルの王になるという願いは叶えてしまったので

何を願えばいいか死ぬほど悩み始めます。ルークはこういう奴です。

そんな風にのんびりしていると突如スタジアムが発生、はいゴーハ・ユウカです。

ラッシュデュエルを申し込む相手にロミンがリベンジを果たそうとしますが

今回バッターボックスに立つのはロア。

ロアロミンの借りはロアロミンで返すと意気込んでいます。

その様子を見たロミンも絶対に勝ってよねと勝負をロアに預け

ロアVSユウカのラッシュデュエルが開始されました。

そしてプレイボール宣言するネイル。やっぱりネイルどこか楽しそうに見えます。

 

 

先行はユウカ、ドロー。

まずはフィールド魔法「熱血スピリッツ・スタジアム」を発動です。

更に魔法カード「ヘビー・コンダラー」で手札1枚を墓地へ送る代わりに2枚ドローしつつ

ドドドセカンドとズバババッターを召喚、

ドドドセカンドの効果でライフを500払う事でダブルコストモンスター化してリリース、

背番号39球児皇ホームをアドバンス召喚です。

ユウカはこれでターンエンド。

 

ロアのターン、ドロー。

ユウカに対抗するようにフィールド魔法「ロイヤルデモンズ・ライブアリーナ」を発動、

スタジアムにライブ会場が現れました。スタジアムでコンサートするのはよくある事ですからね。

ロイヤル・デモンズブレイクを召喚して

その効果でロイヤルデモンズ・ノーウェイブを特殊召喚しつつレベルを5上げます。

そして2体をリリースしてロイヤルデモンズ・デスドゥームをアドバンス召喚、

レベル7以上を2体リリースする事で相手モンスターを全て破壊した上でバーンダメージ、

このまま直接攻撃が決まれば勝ちですがユウカは罠カード「ガガガガッツ」を発動、

球児皇ホームを守備表示で蘇生させます。相手モンスターを破壊する効果もあるものの

こちらはライブアリーナの効果によって防がれてしまいます。

ともあれホームは戦闘破壊されるもののライフは残りました。

ロアはこれでターンエンド。

 

スポンサーリンク

 

肩にGを受けてしまってな

ユウカのターン、ドロー・・・という所で肩に異常が来ます。

どうやら宇宙の生活が長かった影響でドローをする度に肩にダメージが来るようです。

実際に重力が存在しない所で長時間いると筋力が衰えてしまう為

それを防ぐためにはしっかりとトレーニングをする事が大事なようです。

つまりユウジーンは正しかったという事ですね。

しかしその状態にめげずにユウカは魔法カード「テン・サウザンド・ノック」を発動、

手札を3枚墓地へ送る代わりに3枚ドローしその中に2枚以上炎属性があれば

相手のフィールド魔法を破壊できます。これ何気にドン・サウザンド意識したカードなんですね。

ユウカは喘ぎながらも3枚ドローしてライブアリーナを破壊します。

この程度の痛みは裏切られる痛みに比べればなんてことないと言っています。

ゴーハ社長兄弟は6人揃ってこそと言っているあたり彼女の兄弟愛が見て取れますね。

戦士の生還でドドドセカンドを回収しつつ再びドドドセカンドとズバババッターを召喚、

ダブルコスト効果を発動してリリースしつつ

背番号99 球児皇龍ホームグランドラをアドバンス召喚です。

はい、No.99 希望皇龍ホープドラグーンのオマージュですね。

ホープドラグーンの造形を踏襲しつつここまで野球要素満載にするのすごいです。

その効果は墓地から炎属性を3体デッキに戻す事で

墓地から球児皇ホームを蘇生、さらに自身の攻撃力を2000アップさせるというものです。

一気に勝負をつけようと総攻撃をしかけデスドゥームが戦闘破壊されますが

デスドゥームが戦闘破壊されたタイミング

ロアはそのタイミングで「ロイヤルデモンズ・インパルス」を発動、

戦闘破壊されたデスドゥームを蘇生しつつ攻撃力を1000下げる代わりに戦闘破壊耐性を付与します。

これによりライフを300まで減らしながらも持ちこたえる事ができました。

ユウカはターン終了です。

 

ちなみにユウカは歌謡曲は聞かないとの事で

ロアロミンのバンドに関してはまったく知らないようです。

まあ超人気バンドでも興味ない人にとってはそんな感じですよね。

知らないと言われたロアは相当にショックを受けています。

 

最後は駆け出しのモンスターで

 

ロアのターン、ドロー。

ドローした手札を見て「オイオイこれじゃミーの勝ちじゃないか」と確信するものの

ユウカは罠カード「炎のキング・シフト」を発動、

レベル7以上のモンスターで炎属性モンスターに攻撃できないようにさせます。

勝利の算段が崩されたロアは追い詰められるもののそれでもミミの声援を聞いて

最初の頃も観客は1人しかいなかった事を思い出します。

今では7億人ものファンがいるロアロミンも最初は駆け出しだったのです。

人気を取る為にパンクファッションをしたり動物の恰好をしたりと色々模索もしてきました。

・・・いや犬、兎、蛙と来てなんで下駄やねん!月太から来てるのは分かるけどさ!

何はともかくこの場面でロアは駆け出し時代の初心に戻る決意をしました。

 

ロアは手札抹殺でドローしたカードを全て捨てて再ドロー、

さらにデスドゥームを墓地へ送って魔法カード「デステニー・イントロダクション」を発動、

これは2枚ドローできるものの効果モンスターをドローした場合に1000ダメージを受けるというもの、

ロアはライフ300なので引いた瞬間に負けが決定します。

それでも覚悟を決めてドローして引いたカードはどちらも通常モンスターでした。

ロイヤルデモンズ・ベビース、ロイヤルデモンズ・キッドラム、

ロイヤルデモンズ・ビギターを召喚。これらは全て下級通常モンスターです。

それぞれ「ベビー+ベース」「キッド+ドラム」「ビギナー+ギター」と

他のロアロミンのポジションを意識したカードになっているのがニクいですね。

そしてデスドゥームをデッキに戻す事で魔法カード「ストリート・ショック」を発動、

フィールドの通常モンスターの数×500だけ相手モンスター全ての攻撃力を下げつつ

さらに魔法カード「インディーズ・インパクト」によって

通常モンスターの数×300だけ自身のモンスターを強化させます。

これにより下級モンスター3体の攻撃力は敵エースの攻撃力をも上回りました。

下級モンスターで攻めるという戦術は月太を意識したものがありますね。

ホームグランドラ、球児皇ホーム、ズバババッターを次々と戦闘破壊しつつ

ユウカのライフを0にしました。ロアの勝利です。

 

負けたユウカに手を差し伸べ健闘を讃えるロア。

しかしユウカはそんなロアに子供じみた悪態をつき泣きながら球場を去っていきました。

 

 

さてルークですが未だに願い事を何にするかで悩んでました。

ふとベッドの下を覗いてみると隠しておいたはずの何か・・・

恐らく黒歴史ノートが無い事に気付きます。いやその場所絶対タイガーは気付いてるよ。

そんな時にふと自身を呼ぶ声が聞こえたルークはふらふらと外を歩いて行きました。

 

 

 

 

というわけでユウカとのデュエル2回目でした。

球児皇ホームに続く新エースはホープ・ドラグーンモチーフとか

相変わらずにZEXALっぷりですねユウカちゃんです。

今後何かとロアに絡んでくる機会もありそうですねユウカ。

 

 

 

次回予告 第62話『ザ☆ルークメン!ザ☆ルークメン!!』

どうやら夜ルークが飛び出してそのまま帰ってきていないようです。

ルークを探しにゴーハ6小の採掘場へと赴くようですが

ユウオウがそれを邪魔する当たりユウカのいう「アレ」が採掘場にあるのかもしれません。

 

そしてルークは自身の黒歴史であるザ・ルークメンの姿をして現れます。

OPにもそれらしきシルエットがありましたし何かありそうですねザ・ルークメン。

 

コメント