《烙印の気炎》:遊戯王OCGカード考察 鉄獣戦線やスプリガンズにアルバスの落胤を混ぜる価値がアップ!

今回紹介するのはBURST OF DESTINY(バースト・オブ・デスティニー)よりこのカードです。

 

カード説明

烙印の気炎
速攻魔法
このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:手札のモンスター1体を相手に見せ、そのモンスターと同じ種族で、
攻撃力または守備力が2500のレベル8融合モンスター1体をEXデッキから墓地へ送る。
その後、以下の効果を適用できる。
●見せたモンスターを捨て、「アルバスの落胤」1体または
そのカード名が記されたモンスター1体をデッキから手札に加える。
②:このターンに融合モンスターが自分の墓地へ送られている場合、
エンドフェイズに発動できる。
墓地のこのカードを手札に加える。

wiki

 

アルバスの落胤用のサポートとなる速攻魔法です。

白の聖女エクレシア黒衣竜アルビオンとなったアルバスが

スプリガンズやキッドに見送られながら旅立とうとしています。

ストーリー展開を考えるとこのあとに相剣と接触するのかもしれませんね。

 

「気炎(きえん)」とは燃え盛るように盛んな意気を現す言葉です。

要するにやる気に満ちているという事ですね。

新たな旅立ちを現すカードとしては実に明るい言葉です。

 

スポンサーリンク

 

レベル8融合をデッキから墓地へ送りつつアルバスの落胤やエクレシアサーチ

このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:手札のモンスター1体を相手に見せ、そのモンスターと同じ種族で、
攻撃力または守備力が2500のレベル8融合モンスター1体をEXデッキから墓地へ送る。

①の効果は1ターンに1度、手札のモンスター1体を見せて

それと同じ種族の攻撃力か守備力が2500の融合モンスターを墓地へ送る墓地肥やし効果です。

アルバスの落胤関連のモンスターはいずれもこの条件に該当しますし

墓地に送られる事で効果を発動できるので主にこれらを墓地に送る事になるでしょう。

墓地から送るには該当する種族が手札に存在する必要がありますが

【鉄獣戦線】であれば痕喰竜ブリガンドを、

【スプリガンズ】であれば鉄駆竜スプリンドを墓地に送るのは難しくないでしょう。

 

 

その後、以下の効果を適用できる。
●見せたモンスターを捨て、「アルバスの落胤」1体または
そのカード名が記されたモンスター1体をデッキから手札に加える。

また見せたモンスターを捨てる事でアルバスの落胤か

効果テキストにそのカード名が記されたモンスターをデッキから手札に加える事も可能です。

アルバスの落胤以外だと黒衣竜アルビオンと白の聖女エクレシアが該当します。

白の聖女エクレシアは間接的にアルバスの落胤の特殊召喚が狙えますし

黒衣竜アルビオンはドローや墓地肥やしとして利用できるので

状況に応じて使い分けていくといいでしょう。

 

このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
②:このターンに融合モンスターが自分の墓地へ送られている場合、
エンドフェイズに発動できる。
墓地のこのカードを手札に加える。

②の効果は1ターンに1度、融合モンスターが自分の墓地へ送られたエンドフェイズ時に

墓地のこのカードを手札に加えるというものです。

これによって融合モンスターを積極的に活用していれば再利用が可能です。

ただい①の効果と同じターンに発動する事が出来ない為

①の効果を発動したターンに融合モンスターを除去されてしまう状況には注意が必要です。

心配であれば①の効果の発動タイミングを遅らせるなどの工夫をしてもいいでしょう。

 

 

発動さえできれば非常に優秀なカードであり

【トライブリゲード】や【スプリガンズ】にアルバスの落胤を混ぜる構成をするのであれば

黒衣竜アルビオンや白の聖女エクレシアと一緒に是非とも採用したいカードです。

というよりはこれらのデッキにアルバスの落胤を混ぜる価値を高めてくれるカードと言えるでしょう。

これらのデッキは手札のモンスターを墓地に送る事もメリットになりやすいのもポイントですね。

 

アルバスの落胤関連のモンスター以外だと

エルシャドール・ネフィリムも墓地へ送られる事で効果を発動可能なので

①の効果で送る価値が高いです。

【シャドール】に天使族、例えば【デスピア】あたりを混ぜたデッキであれば

このカードを採用する価値も高いでしょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました