PR
スポンサーリンク

《絶火の魔神ゾロア(マギストス・ダイモーンゾロア》:遊戯王OCGカード考察

スポンサーリンク

今回紹介するのはBURST OF DESTINY(バースト・オブ・デスティニー)よりこのカードです。

 

 

カード説明

絶火の魔神ゾロア
シンクロ・効果モンスター
星8/炎属性/魔法使い族/攻2900/守1500
魔法使い族チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがS召喚に成功した場合に発動できる。
EXデッキから「マギストス」モンスター1体を装備カード扱いとしてこのカードに装備する。
②:自分の魔法&罠ゾーンの「マギストス」モンスターカードと
同じ種類(融合・S・X・リンク)のモンスターの効果を相手は発動できない。
③:自分フィールドの「マギストス」カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊し、このカードを墓地から特殊召喚する。

wiki

 

【マギストス】の新規となる炎属性魔法使い族のレベル4モンスターです。

見た目やカード名からして絶火の大賢者ゾロアの進化形だと思われます。

 

ビフォー

 

 

ゾロアが絶火の竜神ヴァフラムと合体したような姿となっており

背中には色鮮やかな翼が生え両腕が炎の爪のようになっています。

服装も少し変わっておりより豪華な装飾があしらわれています。

相変わらず半裸ですが

 

ダイモーンとは古代ギリシアにおいて神霊や英霊を指す言葉であり

「デーモン」の語源となった言葉でもあります。

 

スポンサーリンク

 

魔法罠ゾーンのマギストスと同じ召喚法の効果発動を封じる

魔法使い族チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上

シンクロ素材にはチューナーとして魔法使い族を指定しています。

【マギストス】であれば絶火の大賢者ゾロアで墓地のレベル4魔法使い族を蘇生する事で

問題なくシンクロ召喚へ繋げられるでしょう。

他にレベル4のモンスターを展開できる手段があるのであれば

黒薔薇の魔女やフレムベル・マジカルあたりもチューナーとして活用できます。

 

①:このカードがS召喚に成功した場合に発動できる。
EXデッキから「マギストス」モンスター1体を装備カード扱いとしてこのカードに装備する。

①の効果はシンクロ召喚した場合に

エクストラデッキからマギストス1体を装備カードとして装備するというものです。

他のEXデッキのマギストスと違いこのカードはメインデッキのマギストスと同様

「装備される側」ではなく「装備する側」の効果となっています。

③の効果の布石になるだけでなくメインデッキのマギストスと違い攻撃力が2900と高いので

結晶の女神ニンアルルの2回攻撃付与や法典の守護者アイワスの打点強化などをより効果的に活用可能です。

結晶の魔女サンドリヨンで相手を妨害する場合にも

素の打点が高い事は戦闘での突破されにくさに繋がるでしょう。

 

 

②:自分の魔法&罠ゾーンの「マギストス」モンスターカードと
同じ種類(融合・S・X・リンク)のモンスターの効果を相手は発動できない。

②の効果は自分の魔法罠ゾーンにEXデッキのマギストスモンスターがいれば

それと同じ召喚法のモンスター効果の発動を封じるというものです。

相手が特定の召喚法に依存しているデッキであれば

EXデッキのモンスターを機能停止に持ち込める強力なメタとして機能します。

この効果は自分以外のマギストスに装備されている場合でもいいので

複数種類の召喚法を機能停止に追い込む事も可能です。

 

このカード名の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。
③:自分フィールドの「マギストス」カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊し、このカードを墓地から特殊召喚する。

③の効果は1ターンに1度、自分の場のマギストスカードを破壊する事で

墓地から自身を特殊召喚する自己蘇生効果です。

破壊するのはモンスターでも魔法罠でもOKで

装備されている聖魔の乙女アルテミスのサーチ効果を発動した後で破壊するなどすれば

ディスアドバンテージを最小限に抑えつつこのカードの蘇生が可能です。

また絶火の竜神ヴァフラムを破壊する事で

あちらの全体除去効果を意図的に発動する事も可能です。

 

蘇生した後はそのまま2900打点のアタッカーとして使ってもいいですし

他のレベル8と一緒に並べてランク8のエクシーズ素材に利用するのもいいでしょう。

 

 

スポンサーリンク

 

マギストスに足りなかったものが色々と

メインデッキのマギストスが持つ

EXデッキのマギストスを装備するという性質を強化したようなカードであり

素の打点により2回攻撃や打点強化をより有効活用できるだけでなく

②の効果によりロックまで可能という非常に優秀なカードです。

特に特定の召喚法に依存するデッキにとってはこのカードは大きく刺さってくれるでしょう。

 

 

それにしても結晶の魔女サンドリヨンに続き

メインデッキのマギストスの進化形のようなカードが出てきました。

この調子でいくと法典の大賢者クロウリーや聖魔の大賢者エンディミオンも

その進化形となるような融合やリンクが出てくるかもしれませんね。

 

コメント