PR
スポンサーリンク

《ふわんだりぃず×いぐるん》:遊戯王OCGカード考察 サーチして、召喚権追加して、再利用もできるやべー奴

スポンサーリンク

今回紹介するのはBURST OF DESTINY(バースト・オブ・デスティニー)よりこのカードです。

 

 

カード説明

ふわんだりぃず×いぐるん
効果モンスター
星1/風属性/鳥獣族/攻 800/守1000
このカード名の①③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できず、
この効果を発動するターン、自分はモンスターを特殊召喚できない。
①:このカードが召喚に成功した場合に発動できる。
デッキからレベル7以上の鳥獣族モンスター1体を手札に加える。
その後、鳥獣族モンスター1体を召喚できる。
②:表側表示のこのカードはフィールドから離れた場合に除外される。
③:このカードが除外されている状態で、
自分フィールドに鳥獣族モンスターが召喚された場合に発動できる。
このカードを手札に加える。

wiki

 

【ふわんだりぃず】に属する風属性鳥獣族のレベル1モンスターです。

ふわんだりぃずの3羽が鷲と共にビルの並ぶ町中を飛び回っています。

この街、ヨットも描かれている事からどこかの沿岸部の都市なのでしょうね。

 

スポンサーリンク

 

レベル7以上の鳥獣族をサーチ

このカード名の①③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できず、
この効果を発動するターン、自分はモンスターを特殊召喚できない。
①:このカードが召喚に成功した場合に発動できる。
デッキからレベル7以上の鳥獣族モンスター1体を手札に加える。
その後、鳥獣族モンスター1体を召喚できる。

①の効果は1ターンに1度、召喚した場合に

デッキからレベル7以上のモンスターを手札に加え、

さらにその後鳥獣族1体を召喚できるサーチ&召喚権追加です。

最上級のふわんだりぃずは勿論の事

烈風帝ライザーや烈風の覇者シムルグ、地縛神 Aslla piscuあたりもサーチ可能です。

後半の召喚権追加は下級ふわんだりぃずが共通で持っているものであり

もう1体下級ふわんだりぃずを召喚する事で

最上級鳥獣族のアドバンス召喚へ繋げる事が可能です。

 

③の効果もそうですが発動するターンは一切の特殊召喚が禁止されます。

 

 

このカード名の①③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できず、
②:表側表示のこのカードはフィールドから離れた場合に除外される。
③:このカードが除外されている状態で、
自分フィールドに鳥獣族モンスターが召喚された場合に発動できる。
このカードを手札に加える。

②の効果は表側表示で除外された場合にフィールドから除外されてしまうというものです。

これだけであればデメリットですが③の効果で鳥獣族の召喚時に

除外ゾーンから手札に戻す事が可能でありアドバンス召喚の為にリリースしても

簡単に再利用が可能になっています。

②と③の効果セットで下級ふわんだりぃずの共通効果となっています。

【ふわんだりぃず】はいくらでも召喚権を増やして召喚を多用するので

それこそアドバンス召喚のリリース要員にして除外したターンに

そのまま次の召喚に繋げて手札に回収するのも容易です。

むしろ③の効果を1ターンに1度しか効果を発動できない点に気を付けるべきでしょう。

 

スポンサーリンク

 

強い事ばっかり書かれてる

まあ一言でいってやべー性能ですね

アドバンス召喚の為のリリース要員として召喚権を追加してアドバンス召喚に繋げやすいのは勿論の事、

サーチ効果に加えて手札に戻る完備しているという至れり尽くせりの性能です。

毎ターン積極的にリリース要員として過労死させていけるでしょう。

 

①の効果によるサーチ対象がレベル7鳥獣族全般なので

ふわんだりぃずに限らず烈風帝ライザーあたりを使うデッキでも活用ができますが

特殊召喚が封じられる制約は留意する必要があります。

アドバンス召喚を軸にするにしても特殊召喚は控える事になるでしょう。

自分ターンでの発動に限定するのであれば相手ターンの特殊召喚であれば可能なので

もし特殊召喚の要素を混ぜるのであれば相手ターンで出すのを基本としましょう。

 

コメント