《火雷神サンダーボールド(ひらいしんサンダーボールド)》:遊戯王ラッシュデュエル考察

今回紹介するのはデッキ改造パック 激闘のサンダーストーム!! よりこのカードです。

 

カード説明

火雷神サンダーボールド
効果モンスター
星7/炎属性/雷族/攻2300/守1900
【条件】このカードを召喚したターンに、デッキの一番上のカードを墓地へ送って発動できる。
【効果】このカードの攻撃力はターン終了時まで300アップする。
自分の墓地にカード名が異なるモンスター(レベル7)が4体以上いる場合、
さらに自分の墓地のモンスター(レベル7)1体を選んで自分フィールドに表側表示で特殊召喚できる。

wiki

 

炎属性雷族のレベル7モンスターです。

雷族では初の下級以外のモンスターとなります。

遊戯王SEVENSにおいて王道遊我がルーク戦で使用し

その効果で自身を強化しつつ墓地からセブンスロード・マジシャンを蘇生させました。

 

電気で出来た体を持つ獅子の獣人が赤い鎧を装着しています。

電極を意識したと思われる巨大な杭が実に格好いいですね。

 

カード名の由来は「雷神」+「避雷針」+「サンダーボルト」+「ボールド(大胆)」だと思われます。

 

スポンサーリンク

墓地にレベル7が4種類いればレベル7を墓地から蘇生

【条件】このカードを召喚したターンに、デッキの一番上のカードを墓地へ送って発動できる。
【効果】このカードの攻撃力はターン終了時まで300アップする。

その効果は召喚したターンに1度、デッキトップのカードを墓地に送る事で

自身の効果をターン終了時まで300アップする自己強化効果です。

元々の攻撃力が2300なので2600打点にまで上昇し

丁度2500打点のモンスターを一方的に戦闘破壊が可能になります。

返しのターンでは逆に2500打点に戦闘破壊されてしまうもののそれでも優秀な効果です。

 

自分の墓地にカード名が異なるモンスター(レベル7)が4体以上いる場合、
さらに自分の墓地のモンスター(レベル7)1体を選んで自分フィールドに表側表示で特殊召喚できる。

また墓地にレベル7以上のモンスターが4種類以上いる場合には

墓地のレベル7モンスター1体を蘇生する事も可能です。

条件さえ整えばノーコストで最上級モンスターを蘇生できるという文句なし強力な効果ですが

その条件というのがレベル7を墓地に4体、それも全て違うモンスターで用意する必要があるという

かなり難しいものとなっています。

この効果の発動を狙うのであればそれこそデッキ構築段階で相当に意識する必要があるでしょう。

 

レベル7を4種類というのは1種族だけで用意するのは難しいですが

幸いドラゴン族はレベル7が多く存在するので割となんとかなったりします。

特に零撃竜ミラギアスや鋼撃竜メタギアスなどは

効果のコストでドラゴン族レベル7を墓地へ送る必要があるので

それが逆にこのカードの発動を手助けする事にもなってくれます。

このカードは雷族でドラゴン族サポートは受けられないものの

何気にフィールド魔法の「山」は雷族とドラゴン族で共通して強化が可能だったりします。

 

それ以外では素直に複数の種族を混ぜ合わせたデッキで活用するのがいいでしょう。

その場合レベル7のモンスターを多く、出来れば1体ずつ採用するのが望ましいです。

後は起動砦のバスキュールのように墓地肥やしに長けたカードを採用しておくのもいいでしょう。

 

後半の効果は厳しいものの、仮に後半の効果が発動できなくとも

自己強化効果だけでも一定の仕事はこなせるのでそういう意味では使い勝手のいいカードです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました