《SR(スピードロイド)スクラッチ》:遊戯王OCGカード考察 ほとんど原作通りでそれがありがたい

今回紹介するのはANIMATION CHRONICLE 2021よりこのカードです。

 

 

カード説明

SRスクラッチ
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:手札から「スピードロイド」カード1枚を墓地へ送って発動できる。
デッキから「スピードロイド」モンスター1体を手札に加える。

wiki

 

【スピードロイド】用のサポートとなる通常魔法です。

遊戯王ARC-Vにおいてユーゴがアポロ戦で使用したカードで

SR電々大公を墓地へ送りつつSRダブルヨーヨーをサーチしました。

アニメでは墓地へ送れるスピードロイドはモンスター限定でしたが

OCG化に伴い魔法罠もコストとして墓地へ送る事ができるようになっています。

 

擦る事で銀が剥がれるいわゆるスクラッチカードをコインで擦っている様子が描かれています。

ゲームの当たりくじを引き当てている所なのでしょう。

 

スポンサーリンク

 

手札1枚をコストにスピードロイドサーチ

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:手札から「スピードロイド」カード1枚を墓地へ送って発動できる。
デッキから「スピードロイド」モンスター1体を手札に加える。

その効果は1ターンに1度、手札からスピードロイド1枚を墓地へ送る事で

デッキからスピードロイドモンスター1体を手札に加えるサーチ効果です。

手札コストが必要なものの狙ったスピードロイドをサーチできるのはありがたく

特に制限カードであるSRベイゴマックスを手札に引っ張りやすくなる意味は大きいです。

手札コストにするスピードロイドは

SRマジックハウンドやSRデュプリゲートなど

墓地で発動できるものであればより無駄がないでしょう。

それ以外でもスピードロイドはヒドゥン・ショットやスピードリバースなど

墓地コストを活用する手段も多いので墓地へ送る事は無駄にはなりにくいです。

 

ちなみに手札コスト1枚で各種スピードロイドをサーチできるカードとしては

他にも風霊媒師ウィンがあったりします。

とはいえあちらではサーチできないスピードロイドも存在していますし

何よりこのカードはHSRコルク-10の効果でサーチが可能なので

【スピードロイド】ではこちらのカードを使うメリットも多く存在しています。

もちろん両方とも採用してしまうのも1つの選択肢です。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました