PR
スポンサーリンク

《Ai-SHOW(アイショウ)》:遊戯王OCGカード考察 @イグニスター以外であと1体対応するカードが

スポンサーリンク

本日6月12日、いよいよANIMATION CHRONICLE 2021の発売日です。

今回紹介するのはそのアニメーションクロニクル2021よりこのカードです。

 

カード説明

Ai-SHOW
通常罠
①:EXモンスターゾーンに自分のリンク3以上の「@イグニスター」モンスターが存在する場合、
相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。
攻撃力の合計が、その攻撃モンスターの攻撃力以下になるように、
リンクモンスター以外の攻撃力2300のサイバース族モンスターを
EXデッキから任意の数だけ選んで特殊召喚する。
その後、バトルフェイズを終了する。

wiki

 

【@イグニスター】用のサポートとなる通常罠です。

遊戯王VRAINSにおいてAiがプレイメーカー戦で使用し

攻撃力7500となったサイバース・クロック・ドラゴンの攻撃に対して発動、

アースゴーレム、ウィンドペガサス、ライトドラゴンの3体の@イグニスターを

EXデッキから直接特殊召喚しつつバトルフェイズを終了させました。

アニメではリンク先さえ確保されていれば発動できましたが

OCG化に伴い発動条件が厳しくなった代わりに対象に取る効果ではなくなっています。

 

手品師風の姿をしたAiが両手を掲げて空から光が差し込み

アースゴーレム、ウィンドペガサス、ライトドラゴンの

3体の@イグニスターを周りに侍らせています。

 

カード名は「相性」に加えて演劇や寸劇を意味する「ショー」をかけているのでしょう。

手品で3体の@イグニスターを出現させたイメージなのでしょうね。

 

スポンサーリンク

 

EXデッキから直接特殊召喚しつつバトル終了

①:EXモンスターゾーンに自分のリンク3以上の「@イグニスター」モンスターが存在する場合、
相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。
攻撃力の合計が、その攻撃モンスターの攻撃力以下になるように、
リンクモンスター以外の攻撃力2300のサイバース族モンスターを
EXデッキから任意の数だけ選んで特殊召喚する。
その後、バトルフェイズを終了する。

その効果はEXモンスターゾーンにリンク3以上の@イグニスターリンクがいる状態で

相手が攻撃宣言してきた時に

攻撃してきた相手モンスターの攻撃力合計以下になるように

リンクモンスター以外の攻撃力2300のサイバース族を

EXデッキから任意の数だけ選びバトルフェイズを終了させるというものです。

呼び出せるモンスターが攻撃力2300に限定されているので

相手モンスターの攻撃力が2300以下なら1体、

4600以下なら2体、6900以下なら3体出せる計算になります。

2体以上を出せる状況はよっぽど相手が脳筋でなければ難しいですが

1体だけでもエース級のモンスターを直接出しつつ相手の攻撃を防ぐ事が出来るので

充分発動する価値はあるでしょう。

ダークナイト@イグニスターのリンク先に特殊召喚するようにすれば

あちらの効果発動のトリガーとしても機能します。

EXデッキから直接出しても十全に効果を発揮しやすいウィンドペガサス@イグニスターが

出す有力な候補になってくるでしょうか。

 

 

攻撃力2300のリンクモンスター以外のEXデッキのサイバース族は

アースゴーレム@イグニスターウィンドペガサス@イグニスターライトドラゴン@イグニスターの他

転生炎獣ブレイズ・ドラゴンが該当します。

エクシーズ素材がない状態でブレイズ・ドラゴンを出せる関係で

転生エクシーズ召喚に繋げやすいので意外と相性は良いです。

 

 

コメント