《輪廻独断(りんねどくだん)》:遊戯王OCGカード考察 いくらでも悪用できるあのカードがついに登場!

今回紹介するのはANIMATION CHRONICLE 2021よりこのカードです。

 

カード説明

輪廻独断
永続罠
①:1ターンに1度、種族を1つ宣言して発動できる。
このターン、お互いの墓地のモンスターは宣言した種族になる。

wiki

 

汎用の永続罠です。

遊戯王GXにおいてヘルカイザー亮が使用したカードで

主に墓地の種族をドラゴン族に指定して

無理矢理サイバー・ダークの装備対象にする目的で使用されました。

アニメでは発動時に種族を宣言してその種族に固定する効果でしたが

OCG化に伴い毎ターン種族を宣言するようになっています。

これによりオーバーロード・フュージョンなど

他の種族を参照したい場合にも効果を阻害し辛くなっています。

 

人体模型のように顔の半分に機械の中身が露出して見える赤髪の青年です。

輪廻とは生物が繰り返し転生する様子を現す言葉であり

それを独断で決める、つまり転生先を勝手に決めるという意味が込められているのだと思われます。

このイラストは青年の転生先を機械にしている様子を現しているのかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

毎ターン墓地の種族を好きな種族に

①:1ターンに1度、種族を1つ宣言して発動できる。
このターン、お互いの墓地のモンスターは宣言した種族になる。

その効果は1ターンに1度、種族を1つ宣言して

そのターンの間お互いのモンスターを宣言した種族にするというものです。

言うなればDNA改造手術の墓地版とも言える効果ですが

毎ターン種族を宣言できるようになっています。

DNA改造手術もそうなんですがまさに「悪用する為のカード」って感じですね。

 

このカードの使い道として真っ先に思い浮かぶのはバスター・ブレイダーでしょうか。

ドラゴン族を指定する事で竜破壊の剣士-バスター・ブレイダーが

相手の墓地のモンスター×1000だけ自身の攻撃力をアップさせる貫通持ちという

凄まじいモンスターへと変貌します。

ある程度相手の墓地にモンスターが溜まっていれば殴れば死ぬ状況になります。

またシステム・ダウンは相手の墓地のモンスターを全て除外するカードへと変貌します。

化石融合も相手の墓地を参照しての融合召喚がより狙いやすくなるでしょう。

 

他にもスポーアのように特定の種族を蘇生するカードは

ほぼ全てのモンスターを蘇生できるカードへと変貌しまし

龍の鏡のように墓地の特定の種族を除外して発動するカードは

好きなモンスターを墓地から除外して発動できるようになります。

これが特に悪用できるのがドラグニティ-ブラックスピア

鳥獣族を指定する事で自身をリリースして自身を蘇生するという事が無限に行え

ここに超再生能力を組み合わせる事で好きな枚数ドローが可能となります。

 

スポンサーリンク

 

 

普通にメタカードとしても強い

逆に相手の特定の種族を墓地から参照するカードを妨害するメタカードとしても活用可能です。

この使い方としてはアンデットワールドが既に存在していますが

こちらは永続罠故に他のフィールド魔法と併用できる点、

自分ターンには別の種族を指定できるので自分のカードの阻害はしにくい点、

不意打ちで発動して相手の墓地参照系のカードの無駄撃ちを誘える点、

肝心のアンデット族に対してのメタとしても機能する点など

このカードならではの利点もいくつか存在しています。

フィールドの種族は弄らない点はメリットにもデメリットにもなるでしょう。

 

 

「このカードがOCGしてくれれば・・・!」って思った事のあるデュエリストは

結構な数いるのではないでしょうか。

お喜び下さい、使いやすくなった上でとうとうOCG化されました。

存分に悪用してやりましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました