遊戯王OCGカード考察:《革命の御旗(かくめいのみはた)》意地でも自由解放を使わせるという鉄の意思

今回紹介するのはデュエリストパック-疾風のデュエリスト編-よりこのカードです。

 

カード説明

革命の御旗
永続罠
このカード名の①②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカード以外の自分フィールドのカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
自分のデッキ・墓地から「自由解放」1枚を選んで手札に加える。
②:Sモンスターを含むモンスター同士が戦闘を行うダメージステップ開始時に発動できる。
その戦闘を行う相手モンスターを破壊する。
③:魔法&罠ゾーンのこのカードが効果で破壊される場合、
代わりに自分フィールドのモンスター1体を破壊できる。

wiki

 

シンクロモンスター用のサポートとなる永続罠です。

聖騎士ジャンヌが旗を掲げその後ろに多くの兵士たちが鼓舞されています。

まさに革命っていった感じのシーンですね。

このカードと密接に関わりのある自由解放がシェリーのカードなので

このカードもまたシェリーを意識したカードでしょう。

 

スポンサーリンク

モンスターが破壊されれば自由解放を手札に

このカード名の①②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカード以外の自分フィールドのカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
自分のデッキ・墓地から「自由解放」1枚を選んで手札に加える。

①の効果は1ターンに1度、他の自分のカードが戦闘破壊か効果破壊された場合に

デッキか墓地から自由解放1枚を選んで手札に加えるというものです。

とにかく何かしらで破壊されればいいので相手が破壊してくるのを待ってもいいですが

能動的に発動を狙うのであれば自爆特攻をするなり

時花の賢者-フルール・ド・サージュの効果で破壊するなりするといいでしょう。

リクルーターなどの自爆特攻向けのモンスターを採用しておく事は

自由解放の発動トリガーとしても役立ちますし

効果破壊で効果を発動できるモンスターであれば③の効果も活かしやすいです。

 

このカード名の①②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:Sモンスターを含むモンスター同士が戦闘を行うダメージステップ開始時に発動できる。
その戦闘を行う相手モンスターを破壊する。

②の効果は1ターンに1度、シンクロモンスターが先頭を行うダメージステップ開始時に

相手モンスターを破壊するというものです。

シンクロモンスター用の戦闘サポートでもあり対シンクロとしても機能する効果です。

基本的には自分でシンクロモンスターを使って活用していくといいでしょう。

攻撃としては勿論シンクロモンスターを相手の攻撃から守る目的としても活用できます。

 

このカード名の①②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
③:魔法&罠ゾーンのこのカードが効果で破壊される場合、
代わりに自分フィールドのモンスター1体を破壊できる。

③の効果は1ターンに1度、このカードが効果破壊される場合に

自分モンスター1体を身代わりに破壊できるというものです。

相手としてはかなりこのカードの除去が狙いにくくなりますし

自分モンスターを破壊する事は①の効果の布石としても機能します。

死の花-ネクロ・フルールのように破壊される事で効果を発動するモンスターを用意すれば

より無駄がありません。

 

スポンサーリンク

自爆特攻と組み合わせよう

もう何がなんでも自由解放を使わせるという鉄の意思が感じられるカードですね。

自由解放自体は効率的に発動さえできれば優秀なカードであり

①の効果的に考えても自由解放の発動トリガーとして使っていける

自爆特攻向けのモンスターを用意しておくといいでしょう。

 

シンクロモンスター用のサポートとして見ても中々面白いカードです。

まず②の効果で1回は戦闘で相手モンスターに勝ちやすいのはそうですし

効果破壊されても①の効果に繋げられる為、相手としては破壊効果も少し打ちづらくなります。

 

このカードの登場で自由解放の価値は大幅に高まったと言っていいでしょう。

元からそこまで弱いカードというわけでもありませんでしたが

やっぱりこんな風に昔のカードをテコ入れするような新規は個人的に好みですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました