PR
スポンサーリンク

遊戯王OCGカード考察:《ホーリー・エルフ-ホーリー・バースト・ストリーム》高レベルの通常モンスターを強力にサポート!

スポンサーリンク

5月21日に発売されるVジャンプに

応募者全員サービスである「LEGENDARY MONSTERS PACK」が実施されます。

今回紹介するのはそのLEGENDARY MONSTERS PACKに収録されるこのカードです。

 

 

カード説明

ホーリー・エルフ-ホーリー・バースト・ストリーム
効果モンスター
星4/光属性/魔法使い族/攻 800/守2000
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドにレベル5以上の通常モンスターが存在し、
相手フィールドのモンスターが効果を発動した時に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚し、その効果を無効にする。
②:相手バトルフェイズに、
自分または相手の墓地の通常モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを自分フィールドに特殊召喚する。
このターン、そのモンスターが自分フィールドに存在する限り、
攻撃可能な相手モンスターはそのモンスターを攻撃しなければならない。

wiki

 

光属性魔法使い族のレベル4モンスターです。

ホーリー・バースト・ストリームとは原作遊戯王における死の腹話術師戦において

死者蘇生で青眼の白龍を蘇生させた際に原作のホーリーエルフで青眼の白龍を強化した際の攻撃名です。

なのでかなり特殊ながらもこのカードもまた必殺技カードだと言えるでしょう。

 

ホーリー・エルフが詠唱をした横で青眼の白龍が 滅びの爆裂疾風弾を放っています。

構図は原作漫画に近いですがホーリー・エルフの周囲の黄色い文字の輪はアニメ版特有のもので

原作とアニメをミックスさせたようなイラストとなっています。

 

スポンサーリンク

レベル5以上の通常モンスターがいれば効果を無効にしつつ特殊召喚

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドにレベル5以上の通常モンスターが存在し、
相手フィールドのモンスターが効果を発動した時に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚し、その効果を無効にする。

①の効果は1ターンに1度、自分の場にレベル5以上の通常モンスターがいる状態で

相手モンスターが効果を発動した時に

自信を手札から特殊召喚する事でその効果を無効にする手札誘発効果です。

あらかじめレベル5以上の通常モンスターを用意しておく必要がありますが

相手の動きを妨害できる優秀な効果です。

 

手札誘発の類としては墓地に送るのではなく特殊召喚するというかなり珍しい効果で

そのまま②の効果に繋げていく事も可能です。

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:相手バトルフェイズに、
自分または相手の墓地の通常モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを自分フィールドに特殊召喚する。
このターン、そのモンスターが自分フィールドに存在する限り、
攻撃可能な相手モンスターはそのモンスターを攻撃しなければならない。

②の効果は相手バトルフェイズに1度、

お互いの墓地の通常モンスター1体を特殊召喚し

そのモンスターがフィールドに存在している間は

相手モンスターにその特殊召喚したモンスターへの攻撃を強制させるというものです。

このカードを守るのに使えるだけでなく相手の場に攻撃力の高いモンスターがいなければ

蘇生したモンスターに攻撃を強制させて返り討ちも狙えるでしょう。

何かしらの戦闘補助を組み合わせればさらに返り討ちできる可能性が高まります。

 

スポンサーリンク

様々な通常モンスターデッキに

②の効果から考えるとイラスト通りに青眼の白龍とセットで運用する事で最大限の効果を発揮しますが

レベル5以上のモンスターを積極的に使うデッキ、

例えば【ブラック・マジシャン】や【レッド・アイズ】、【幻煌龍】あたりでも

問題なく活用していく事ができるでしょう。

【エルドリッチ】のように通常モンスター扱いの高レベルの罠モンスターを扱うデッキや

高レベルのデュアルモンスターを使うデッキに採用するのも面白いでしょう。

これらの通常モンスターを積極的に活用していくデッキにとっては

妨害手段や蘇生手段として大いに活用していけます。

とはいえ①の効果を活かすのであれば通常モンスターを場に残しておく必要があるので

すぐに何かしらの素材にしてしまうデッキだと相性はイマイチです。

 

 

相手のバトルフェイズ中に戦線復帰などで蘇生するのも効果的です。

不意打ち気味に②の効果を発動できるのでより返り討ちが狙いやすくなるでしょう。

コメント