PR
スポンサーリンク

遊戯王OCGカード考察:《サイバーダーク・インヴェイジョン》毎ターンサイバーダーク強化できるし毎ターンフリーチェーン除去できる

スポンサーリンク

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-サイバー流の後継者-よりこのカードです。

 

カード説明

サイバーダーク・インヴェイジョン
永続罠
①:1ターンに1度、以下の効果から1つを選択して発動できる。
「サイバーダーク・インヴェイジョン」の以下の効果はそれぞれ1ターンに1度しか選択できない。
●自分フィールドの「サイバー・ダーク」効果モンスター1体を対象として発動できる。
自分・相手の墓地からドラゴン族・機械族モンスター1体を選び、
攻撃力1000アップの装備カード扱いとして対象のモンスターに装備する。
●機械族モンスターに装備されている自分フィールドの装備カード1枚を墓地へ送って発動できる。
相手フィールドのカード1枚を選んで破壊する。

wiki

 

【サイバー・ダーク】用の永続罠です。

真紅眼の黒竜にサイバー・ダーク・ドラゴンが襲い掛かり取り込もうとしています。

恐らくはGXの吹雪戦で真紅眼の黒竜を墓地から装備した場面の再現だと思われます。

 

インヴェイジョンは「侵入」や「侵略」といった意味の言葉です。

ちょっとインヴェルズ味があるネーミングですね。

 

スポンサーリンク

墓地からモンスターを装備or装備モンスターをコストにしたフリーチェーン除去

①:1ターンに1度、以下の効果から1つを選択して発動できる。
「サイバーダーク・インヴェイジョン」の以下の効果はそれぞれ1ターンに1度しか選択できない。

その効果は1ターンに1度、2つある効果から1つを選択して発動するというものです。

 

●自分フィールドの「サイバー・ダーク」効果モンスター1体を対象として発動できる。
自分・相手の墓地からドラゴン族・機械族モンスター1体を選び、
攻撃力1000アップの装備カード扱いとして対象のモンスターに装備する。

1つ目の効果はお互いの墓地からドラゴン族か機械族のモンスターを選んで

自分の場のサイバー・ダークに攻撃力1000アップの装備カードとして装備させるというものです。

アニメにおけるサイバー・ダークの相手モンスターも装備出来る効果を再現した効果だと言えるでしょう。

単純に強化効果として中々の強化量を誇っており

例えば比翼レンリンを装備したサイバー・ダークにこのカードでさらに装備させる事で

3500打点の2回攻撃が可能となります。

鎧黒竜-サイバー・ダーク・ドラゴンにサイバー・エンド・ドラゴンを装備させる事で

鎧皇竜-サイバー・ダーク・エンド・ドラゴンを出す補助にもなります。

 

●機械族モンスターに装備されている自分フィールドの装備カード1枚を墓地へ送って発動できる。
相手フィールドのカード1枚を選んで破壊する。

2つ目の効果は機会族モンスターに装備されている自分のカード1枚を墓地へ送る事で

相手のカード1枚を選んで破壊するというものです。

既に装備モンスターを確保している事が前提ですがフリーチェーンの除去として機能する為、

相手の妨害に大いに活用できます。

 

 

どちらの効果も【サイバー・ダーク】にとって便利でありがたい効果です。

永続罠故に除去されない限りお互いのターンに発動可能であり

基本的には自分ターンには1つ目の効果を、相手ターンに2つ目の効果を発動するのがいいでしょう。

特に2つ目の効果は除去手段が不足しがちなサイバー・ダークにとっては

繰り返し活用できる有用な除去手段となってくれるでしょう。

 

相手からすればこのカードを何とかしないと毎ターンサイバー・ダークがより強化されるわ

フリーチェーンで除去をかましてくるわで厄介極まりないカードとなるでしょう。

優先的に除去を狙ってくるとも思うので使い回したいのであれば

何かしらの防御手段も確保しておいた方がいいでしょう。

とはいえサイバー・ダーク・クローでサーチも行えるので

除去されたらされたで割り切るのも1つの手です。

 

 

コメント