PR
スポンサーリンク

ラッシュデュエルカード考察:《強欲な壺》OCGの禁止カードもラッシュデュエルなら使えちゃう!

スポンサーリンク

8月12日にニンテンドースイッチ用のラッシュデュエルが遊べるゲームソフト

「遊戯王ラッシュデュエル 最強バトルロイヤル!!」が発売されます。

今回紹介するのはそれの初回生産限定特典の付属としてついてくるこのカードです。

 

カード説明

強欲な壺
通常魔法(LEGEND)
【条件】なし
【効果】自分は2枚ドローする。

wiki

 

OCGの禁止カードである強欲な壺がレジェンドカードとして登場です。

 

ビフォー

 

 

アフター

ほとんど変わり映えがしませんね、OCGさながらのにっくい笑顔です。

ただ同じ笑顔に見えてちょっと皺の位置などが微妙に違っているせいで

少しだけ違った表情にも見えるでしょうか。

また取っ手の部分が少し広くなっており持ちやすさがアップしています。

 

スポンサーリンク

シンプル極りない2枚ドロー

【条件】なし
【効果】自分は2枚ドローする。

その効果はただ2枚ドローするだけというOCG同様にシンプル極りない代物です。

シンプル極りないが故に絶対的なアドバンテージを確保できるカードであり

このカードを発動できる事はそのまま手札が得をする事を意味します。

シンプルであるが故にどのようなデッキであっても活用できる圧倒的な汎用性の高い効果です。

 

しかし逆に言えばあくまで手札を1枚増やすだけにすぎません。

勿論それが優秀なわけですが毎ターン5枚までドローできるラッシュでは

OCGほど手札1枚分の重みが強くないですし

1枚しか採用できないレジェンドカードであるが故に

強力な攻撃力を持つ青眼の白龍やバスター・ブレイダー、

優秀な除去である落とし穴や死者への手向けなどの他のレジェンドカードを捨てるかどうかの判断は

常に考えておく必要があるでしょう。

逆に言えばOCGではなくラッシュデュエルだからこそ許されているカードと言えます。

 

それでも「迷った場合はこれ」と呼べるだけの安定性を持つ選択肢なのは確かです。

少なくとも他のレジェンドカードを上手く行かせないと思った時は

このカードをレジェンドカードの枠に指定してもいいでしょう。

特にサイバース族のようにマキシマム召喚に特化したデッキであれば

手札が1枚増える事はマキシマムモンスターの揃えやすさにかなり関わってきます。

 

ちなみにこの手のドロー系の魔法カード全般に言える事ですが

予めフィールドに伏せておいて次のターンに発動する事で

実質的な次のターン以降の手札の持越しが可能です。

除去される可能性こそあるものの1ターンに7枚のカードを確保できるので

選択肢の1つとして常に意識しておきましょう。

 

コメント