PR
スポンサーリンク

遊戯王OCGカード考察:《デスピアの導化(どうけ)アルベル》デスピアでも強いしアルバスの落胤と組ませても強い

スポンサーリンク

今回紹介するのはDAWN OF MAJESTY(ドーン・オブ・マジェスティ)よりこのカードです。

 

カード説明

デスピアの導化アルベル
効果モンスター
星4/闇属性/天使族/攻1800/守 0
このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「烙印」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
②:このカードが墓地に存在する状態で、
自分フィールドの表側表示の融合モンスターが相手の効果でフィールドから離れた場合、
または戦闘で破壊された場合、相手フィールドの効果モンスター1体を対象として発動できる。
このカードを特殊召喚し、対象のモンスターの効果をターン終了時まで無効にする。

wiki

 

【デスピア】に属する闇属性天使族のレベル4モンスターです。

赤と黒を基調とするまさに道化師のようなスーツに身を包んだ仮面の人間です。

アルバスの落胤とは攻撃力守備力が一致しており

もしかしたら何かしらの関連性があるのかもしれません。

ひょっとしたらアルバスの兄弟だったり父親だったりするかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

融合モンスターがフィールドから離れれば墓地から蘇生

このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「烙印」魔法・罠カード1枚を手札に加える。

①の効果は1ターンに1度、召喚か特殊召喚した場合に

デッキから烙印と名の付く魔法罠1枚を手札に加えるサーチ効果です。

デスピア用のサポートカードのみならず

白の烙印などのアルバスの落胤用のサポートカードのサーチにも対応しています。

【デスピア】においては融合召喚に繋げられる烙印劇城デスピア

サーチする有力候補になるでしょうか。

 

このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
②:このカードが墓地に存在する状態で、
自分フィールドの表側表示の融合モンスターが相手の効果でフィールドから離れた場合、
または戦闘で破壊された場合、相手フィールドの効果モンスター1体を対象として発動できる。
このカードを特殊召喚し、対象のモンスターの効果をターン終了時まで無効にする。

②の効果は1ターンに1度、

自分の融合モンスターが相手の効果でフィールドから離れるか戦闘破壊された場合に

墓地からこのカードを特殊召喚しつつ相手の効果モンスター1体の効果をそのターン無効にします。

相手依存にはなりますが発動条件が非常に緩く

ほぼ融合モンスターが何かしらの手段で除去されれば効果の発動が可能です。

攻撃力が1800あるので下級モンスター相手には壁になりますし

特に除外されたりもしないので一度墓地に置いておけば毎ターンの発動も狙えます。

特殊召喚時に相手モンスター1体を無効にできますが

タイミングが相手依存なので相手もこの効果が影響ないタイミングで

このカードを処理してくることが多いでしょう。

サンダーボルトなどの全体除去に合わせて融合モンスターを蘇生させたりすれば

相手の思惑を狂わせてモンスター効果を無効にする事もできます。

 

①の効果とは1ターンにどちらか片方しか発動できず

この効果で特殊召喚した場合には①の効果には繋げられない点には注意です。

 

スポンサーリンク

アルバスの落胤強化にもなる

場に出しさえすれば烙印魔法罠をサーチできるというシンプルながらも便利なカードであり

まず融合召喚をしない事には始まらない【デスピア】にとっては

烙印劇城デスピアを引っ張ってくる大事な手段の1つとなります。

 

アルバスの落胤を主軸とするデッキに出張させるのも有用です。

アルバスの落胤関連の烙印魔法罠をサーチできますし

やはりあちらも融合召喚が主体なので②の効果も積極的に活用可能です。

アルバスの落胤とこのカードを素材にして

デスピアン・クエリティスの融合召喚が狙えるのも覚えておいていいでしょう。

 

 

そもそも②の効果は融合召喚を使うデッキ全般で

墓地にこのカードを置いてさえいれば発動が狙えるので

②の効果だけなら融合デッキ全般で活用する事も可能です。

その場合、烙印凶鳴あたりも一緒に採用しておけば①の効果も無駄になりませんし

【堕天使】や【ファーニマル】のように天使族を活用している融合デッキであれば

烙印劇城デスピアも活かしやすいです。

 

 

 

コメント