遊戯王OCGカード考察:《激撮(げきさつ)ディスパラッチ》とりあえず出しておけば壁になる汎用LINK-2!

今回紹介するのはDAWN OF MAJESTY(ドーン・オブ・マジェスティ)よりこのカードです。

 

カード説明

激撮ディスパラッチ
リンク・効果モンスター
リンク2/闇属性/悪魔族/攻 100
【リンクマーカー:左/右】
\ ↑ /
←   →
/ ↓ \
効果モンスター2体
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカード以外の自分のモンスターが攻撃対象に選択された時に発動できる。
攻撃対象をこのカードに移し替えてダメージ計算を行う。
②:このカードが相手モンスターとの戦闘で破壊された時に発動できる。
その相手モンスターを破壊し、その元々の攻撃力の半分だけ自分のLPを回復する。

wiki

 

闇属性悪魔族のLINK-2リンクモンスターです。

顔がカメラになっている悪魔がボタンを押して撮影をしています。

カード名は「派遣」などを意味する「ディスパッチ」+「パパラッチ」からでしょうか。

パパラッチとは有名人を執拗に追いかけプライベート写真を撮影するカメラマンの事で

ブンブンうるさく飛び回るハエを意味する「パパラッツォ」から来ています。

このカードが悪魔族である事を考えると

蠅の王ベルゼブブの眷属なのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

【リンクマーカー:左/右】
効果モンスター2体

リンク素材には効果モンスター2体を指定しています。

トークンや通常モンスターを素材にできない点さえ気を付ければ

様々なデッキでリンク召喚が狙えるでしょう。

リンクマーカーは左右に存在しているメインモンスターゾーン向きの配置です。

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカード以外の自分のモンスターが攻撃対象に選択された時に発動できる。
攻撃対象をこのカードに移し替えてダメージ計算を行う。

①の効果は1ターンに1度、自身以外のモンスターが攻撃対象に選択された時に

攻撃対象をこのカードに移し替えてダメージ計算を行うというものです。

他のモンスターを戦闘破壊から守れるのと同時に②の効果の布石となります。

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:このカードが相手モンスターとの戦闘で破壊された時に発動できる。
その相手モンスターを破壊し、その元々の攻撃力の半分だけ自分のLPを回復する。

②の効果は1ターンに1度、自身が戦闘破壊された時に

その相手モンスターを破壊しつつ、その元々の攻撃力の半分だけライフを回復するというものです。

このカードの攻撃力は100しかありませんが

これの効果によって効果破壊耐性が無ければ相打ちにも持ち込むことができますし

受ける戦闘ダメージも実質的に半分に抑える事が可能です。

①の効果によって攻撃を誘導する事も出来るので効果破壊耐性を持たない敵にとっては

かなりいやらしい壁として機能するでしょう。

 

ただし回復するライフは元々の攻撃力を参照するので

効果によって攻撃力を上昇させるタイプのモンスター相手だと

思ったようにライフを回復できない事がある点に注意です。

またあくまで戦闘ダメージを受けた後に回復するので

一撃でライフを0にされる場合には意味がない点にも注意が必要です。

No.39 希望皇ホープ・ダブルあたりが出てきたら死を覚悟しましょう。

 

スポンサーリンク

蘇生カードとの相性もよし

基本的に汎用のLINK-2というのはその多くが繋ぎ用のリンクモンスターであり

単体で効果を発揮できるカードはそれほど多くないのですが

このカードは単体でも壁としての役割を持つ中々貴重な汎用LINK-2となっています。

とりあえず効果モンスター2体を用意できてLINK-2を出せるという状況では

このカードを出して他のモンスターを戦闘破壊から守るというのは1つの選択肢となるでしょう。

 

またLINK-2の中でもかなり蘇生カードとの相性がよく

効果破壊耐性を持たないエース級のモンスターが攻撃してきた時に

このカードを蘇生させる事でいやらしい壁として機能します。

蘇生させる事でこのカードを自然とメインモンスターゾーンに置く事が出来るので

左右のリンクマーカーを活かせるようになるのもポイントです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました