遊戯王OCGカード考察:《獣王無塵(じゅうおうむじん)》モンスターも永続魔法も使い回せる!

今回紹介するのはDAWN OF MAJESTY(ドーン・オブ・マジェスティ)よりこのカードです。

 

カード説明

獣王無塵
永続罠
このカード名の①の効果は同一チェーン上では1度しか発動できない。
①:1ターンに1度、自分のモンスターが
自身と同じ縦列の相手モンスターと戦闘を行うダメージステップ開始時に発動できる。
その自分モンスターと同じ縦列のカードを全て持ち主の手札に戻す。

wiki

 

汎用の永続罠です。

獣王アルファが雄たけびを上げて辺り一面に天変地異を引き起こしています。

カード名は4字熟語の「縦横無尽」からでしょう。

自由自在で妨げるものがないという意味であり

イラストでもまさに獣王の名に恥じない力を持って自由自在に天変地異を起こしてます。

 

スポンサーリンク

同じ縦列のカードを全てバウンス

このカード名の①の効果は同一チェーン上では1度しか発動できない。
①:1ターンに1度、自分のモンスターが
自身と同じ縦列の相手モンスターと戦闘を行うダメージステップ開始時に発動できる。
その自分モンスターと同じ縦列のカードを全て持ち主の手札に戻す。

その効果は1ターンに1度、

同じ縦列の自分モンスターと相手モンスターが戦闘するダメージステップ開始時に

そのモンスターと同じ縦列のカードを全て持ち主の手札に戻してしまうというものです。

爆導索のバウンス版とも言うべき効果であり

発動条件が縦列に全てカードが揃っている場合から同じ縦列同士で戦闘する場合になっています。

 

この手のバウンスカードの常として

溶岩魔神ラヴァ・ゴーレムや壊獣など相手に送り付けるカードとの相性が良好です。

これらの送り付けるカードはどの列に置くかも自分でも選べるので

送り付けたた

とはいえ、発動には相手が攻撃してくれるのを待つ必要があるので

相手がその前に送り付けたカードを各種素材にしてしまうと不発に終わりやすいです。

確実に発動を狙うのであれば1ターン待って、

自分ターンに壊獣などを送り付けて発動するのがいいでしょう。

その場合単純に壊獣などのバウンスカードとしてはタイムラグが気になる所ですが

炎舞-「天璣」などの永続魔法も一緒にバウンスして再利用が可能なのがポイントです。

相手のEXモンスターゾーンにモンスターがいればその同じ縦列に壊獣などを送りつける事で

そのEXデッキモンスターゾーのカード諸共対象に取らないバウンスをかます事も出来ます。

 

このタイムラグはブーギートラップを使う事で解消する事も可能です。

バウンスするカード次第では手札2枚分を消費する価値は充分にあるでしょう。

 

一応単純に攻撃反応罠のように使う事も可能です。

リンク召喚を中心とするデッキが相手であればEXモンスターゾーンを多用するはずなので

同じ縦列にモンスターを置くようにしておけば発動も狙いやすいでしょう。

その場合もう片方のEXモンスターゾーンはあらかじめ埋めておくとよりベストです。

また戦線復帰のようにフリーチェーンで蘇生できるカードがあれば

自分のモンスターがいない時であれば相手の攻撃に合わせてそれと同じ列に蘇生すれば

狙ったモンスターをバウンスさせる事も可能です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました