遊戯王OCGカード考察:《驚楽園の助手 <Delia>(アメイズメント・アシスタント ディライア》

今回紹介するのはDAWN OF MAJESTY(ドーン・オブ・マジェスティ)よりこのカードです。

 

カード説明

驚楽園の助手 <Delia>
効果モンスター
星4/光属性/機械族/攻1800/守1400
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:手札の「アトラクション」罠カード1枚を相手に見せて発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
②:手札及び自分フィールドの表側表示のカードの中から、
「アトラクション」罠カード1枚を墓地へ送って発動できる。
デッキから「アトラクション」罠カード1枚を選んで自分の魔法&罠ゾーンにセットする。

wiki

 

【アメイズメント】の新スタッフとなる光属性機械族のレベル4モンスターです。

 

手品のようにカードをばらまく金髪の少女です。

衣装の所々に彼女の頭文字を現す「D」のマークが存在しています。

驚楽園の案内人-<Comica>衣装や容姿など非常によく似通っており

彼女の姉妹、もしくは機械族である事を考えると同型機であると思われます。

衣装のパーツや目の色などがComicaとは左右反対になっているのが特徴です。

ちなみにステータスもComicaとは攻撃力守備力が反対になっています。

 

カード名の「Delia」は・・・どういう意味なんでしょうね?

確かにそういう人名はあるのですが今までのアメイズメントモンスターからすると

この名前も何かしらの喜劇に関係ありそうです。

 

スポンサーリンク

A・∀・が手札にあれば特殊召喚

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:手札の「アトラクション」罠カード1枚を相手に見せて発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。

①の効果は手札からアトラクション罠カードを見せる事で

手札から特殊召喚する自己展開効果です。

該当するカードさえ手札にあればOKというかなり緩い特殊召喚条件です。

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:手札及び自分フィールドの表側表示のカードの中から、
「アトラクション」罠カード1枚を墓地へ送って発動できる。
デッキから「アトラクション」罠カード1枚を選んで自分の魔法&罠ゾーンにセットする。

②の効果は1ターンに1度、手札か自分の表側表示のカードから

アトラクション罠カード1枚を墓地へ送る事で

デッキからアトラクション罠1枚をセットできるというものです。

①の効果で特殊召喚していればその時に見せたアトラクション罠があるはずなので

その見せたアトラクション罠をそのままコストにすれば発動条件を満たせますし

既にフィールドで効果を発動した後のアトラクション罠をコストにしてもいいでしょう。

A・∀・WWあたりの効果を発動した後それをコストにすれば無駄がありません。

墓地にアトラクション罠を送る事は

驚楽園の大使 <Bufo>の効果に繋げられる事も意味します。

 

スポンサーリンク

A・∀・は多めに採用しておこう

自己展開効果により他のアメイズメントと一緒に並べやすい事が特徴です。

驚楽園の大使 <Bufo>や驚楽園の案内人 <Comica>と一緒に並べて

リンク召喚やエクシーズ召喚に繋げたい場合に役立つでしょう。

ただ【アメイズメント】はアトラクション罠を直接フィールドにセットする効果が多く

手札に引っ張ってくるカード自体は意外となかったりします。

なので安定して発動を狙うのであれば手札に引っ張ってきやすいように

アトラクション罠は多めに採用しておいた方がいいでしょう。

それさえ満たせるのであれば気軽に特殊召喚しやすいレベル4モンスターとして

エクシーズ召喚などに積極的に活用していけます。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました