遊戯王SEVENS第38話『マキシマムを掘り起こせ』感想

遊戯王セブンス38話の感想です。

 

 

前回のあらすじ:カオス回なのにガチ目の命の危機

 

カードは発掘した

ハントの案内でたどり着いた場所は行き止まり、しかしハントがくしゃみをすると

そこから試作型デュエルディスクが見つかりました。

この試作型デュエルディスクに内蔵されたIDカードからマキシマムカードを取り出していたようですね。

どうやらネイルが言うにはマキシマムカードを作成した時、ゴーハシステムそのものに負荷がかかり

各地のゴーハニウムが反応、それにより廃棄されていたデュエルディスクにも

偶然マキシマムカードのデータが発生したという事です。

この説明からデュエルディスクやIDカードが特殊金属ゴーハニウムで出来ている事が伺えます。

しかしあれですね・・・ゴーハシステムそのもに負荷がかかるって

ゴーハ社からしたら溜まったものじゃなさそうです、そりゃラッシュデュエル潰そうとしますよね。

 

あとセバスチャンはしっかり救出されておりネイルの手によって修理されていました。

さすがにあのままお亡くなり・・・なんて事にはならずに済んでよかったです。

 

そんな試作型デュエルディスクの発掘、そしてマキシマムカードを入手した経緯を突き止めた遊我に

お見事だと言って現れるアサナ。

ルークはお宝ザックザックな状況が羨ましいようでアサナに対して媚を売り始めます。

しかし試作型デュエルディスクの発掘というのはそこまで美味しい話ではなく

実際に試作型デュエルディスクを発掘してもそこからまともに使えるカードが使えるのが極稀、

それも3枚必要なマキシマムカードになると奇跡のような確率だそうです。

重騎デュエルクラブは地道に、途方もない量の試作型デュエルディスクを発掘し

それでようやくマキシマムカード3枚を揃える事ができたようです。

 

そして改めて遊我にラッシュデュエルを申し込むアサナ。

遊我が勝てば6小のラッシュデュエルを解禁、

しかし負ければ7小全てでのラッシュデュエルを禁止するという重い条件ですが

遊我は勝負から逃げる事は出来ないとこれを受けて立ちます。

 

こうして遊我VSアサナのラッシュデュエルが開始されました。

 

スポンサーリンク

マキシマムVSマキシマム、再び

先攻は遊我、ドロー。

モンスター2体と魔法罠3枚を伏せてターンエンドです。

遊我はアサナがマキシマムモンスターを出してくるのを分かった上でそれを待ち構える方針です。

 

アサナのターン、ドロー。

まずフィールド魔法「透幻郷の嶮峻」を発動、そしてカード1枚セットしつつ

魔法カード「幻刃剣匠」によって遊我の守備モンスターを表側攻撃表示にしつつ

それが通常モンスターであれば1枚ドローします。

表側にされたのは攻撃力0の瞬速でリリースされる猫はぐれ使い魔、

通常モンスターなので1枚ドローし、これによりアサナの手札に3枚のマキシマムが揃いました。

そのまま 幻竜重騎ウォームExカベーターをマキシマム召喚、

効果で遊我の魔法罠を1枚破壊しつつ1枚ドロー、自身の攻撃力を4200にまで上げます。

そしてはぐれ使い魔を攻撃、これが通れば遊我のライフは1撃で0となってしまいますが

遊我は罠カード「トリック・ガード」によって戦闘ダメージを0にして被害を最小限に押さえます。

アサナはこれでターンエンドです。

 

遊我のターン、ドロー。

アサナは遊我に対して言います、マキシマムカードを見せてくれと。

アサナは遊我がネイルの元に行ったのはオーバーロードが消滅し、

残ったマキシマムであるユグドラゴをネイルから借り受ける為である事だと見抜いていました。

そしてそれは実際に事実であり遊我はユグドラゴを確保していたようです。

前回は自分だけがマキシマムを使うという圧倒的有利な条件をアサナは心残りにしており

今回こそお互い対等な条件でデュエルを出来る事を心望みにしていました。

 

しかし遊我は言います、今回ユグドラゴは使わない事にしたと。

その言葉に遊我に対して失望を覚えるアサナ、ですが遊我は続けます。

マキシマムを使わないとは言っていないと。

それはネイルから借り受ける形でマキシマムを使うのではなく

自分もまたアサナと同じように試作型デュエルディスクからマキシマムを掘り起こて使うのだと

先ほどアサナが言ったように実際に試作型デュエルディスクから

マキシマムカードを手に入れられる可能性は極めて低いです。

しかしそれでもわずかな可能性に挑戦すると遊我はいい、

ハント君がこっそり回収していた3つの試作型デュエルディスクから見事マキシマムカードを掘り出し

また先ほど伏せていたアメイジング・ディーラーを表側にして効果発動、

手札を3枚墓地へ送った後に3枚ドローしてマキシマム3つを手札に呼び込みます。

こうして遊我もまたマグナム・オーバーロードをマキシマム召喚します。

今回の召喚口上にはチームルークだけでなく

蘭世、凛之介、ハントも一緒になって呼び出しているので熱いです。

これでお互いのマキシマムカードが並ぶことになりました。

 

 

なおこの時アメイジング・ディーラーが墓地へ送られており

マキシマム召喚の際にフィールドにいるカードがどかされるルールが描写されています。

 

お前・・・消えるのか?

マグナム・オーバーロードの効果により攻撃力は2300アップ、

圧倒的攻撃力でウォームExカベーターに攻撃しますが

ここでアサナが罠カード「幻刃急攻」を発動、

手札から幻竜族1体を墓地へ送ってその攻撃力分相手モンスターの攻撃力をダウンさせます。

墓地へ送ったのは攻撃力1900の幻刃虚兵ビッグローラン、

よってマグナム・オーバーロードの攻撃力が1900ダウンしますが

ウォームExカベーターも手札が1枚減った事で攻撃力が300ダウンします。

このためお互いの攻撃力が3900となり相打ち状況となります。

 

しかしここで異変が。

なんとウォームExカベーターが消えかかっています。

どうやら試作型デュエルディスクのIDカードから作られたマキシマムは不安定であり

使い続けていると崩壊をしてしまうようです。

その場合マキシマムカードは消滅、

相打ちではなくマグナム・オーバーロードの攻撃を直に食らってしまう事になります。

 

そしてそれは同じように試作型デュエルディスクのIDかーどから作られた

マグナム・オーバーロードも同じことでした。

お互いにカードが消えるかもしれない状況に息をのみながら

どうにかカードが耐えてくれるように2人は祈ります。

・・・うん、カードゲームで「お願いだから持ちこたえてくれ!」って叫ぶシーン割とありますが

ルール的な仕様ではなくガチにカード消滅の危機になる展開は中々ありません。

この手に汗握る状況のまま勝負は次回へと続きます。

 

 

 

 

というわけで2回目となる遊我VSアサナ戦です。

ゴーハ6小編もまさにクライマックスといった感じですね。

今回改めてアサナがマキシマムカードを手に入れた経緯が判明されていました。

試作型デュエルディスクからIDカードを発掘してマキシマムカードを手に入れていたというのが答えですが

これってつまり誰か・・・恐らくはムツバ重工社員のIDカードが

デュエルディスクごと廃棄されていたって事ですよね。

IDカードが身分証明書として重要な存在である事を考えると

これが廃棄されてるって結構怖い案件な気がします。

 

それと特殊金属ゴーハニウム、やっぱり色々な場所で使われているようですね。

今後も色々と物語に関わってきそうですねゴーハニウム。

 

スポンサーリンク

次回予告 第39話『取り戻せ!ムツバの誇り!』

遊我VSアサナの勝負は続きます。

GG03と同じくR3にも限界が訪れます。

前回の応急処置の描写から考えるに今の重騎クラブには

重騎をしっかりした形でメンテナンスする環境がないようですね。

壊れそうになるR3を重騎クラブみんなで支えていますが

よほどデュエルというのは重騎にとっては負荷がかかるようです。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました