遊戯王OCGテーマ考察【溟界(めいかい)】墓地をとっても多用するとっても久しぶりに爬虫類族テーマ!

オグドアド

「8」を意味するエジプト神話においてヘルモポリスで崇拝された8柱の神々の言葉です。

「クヌム」とも呼びますがエジプト神話のクヌム神ともまた違うので混同しないようにしましょう。

そんなオグドアドをモチーフとするテーマ【溟界(めいかい)】が

デッキビルドパック エンシェント・ガーディアンズにて登場です。

今回はこの溟界について紹介していきたいと思います。

 

テーマ特徴

テーマの特徴は以下の通りです。

・泥でできた蛇のような怪物たちのテーマである

・爬虫類族のテーマで光属性と闇属性に分かれている

・墓地で発動する効果が多く墓地肥やし手段も豊富に存在する

・爬虫類族全般を指定した効果が多く他の爬虫類族を絡ませやすい

・ぬるぽ

 

真っ黒な泥から生まれたような、そんな蛇やトカゲのような怪物たちです。

真っ黒な体に黄金の鎧を身に纏っており禍々しくもどこか美しさも感じられます。

 

テーマのモチーフはエジプト、ヘルモポリス神話に出てくる8柱の神「オグドアド」で

原初の水から生み出された蛇と蛙の夫婦が4セットずつ存在し

毎朝日の出を作り出し、役目を終えた後は死んで冥界に行ったとされています。

イラストに描かれた真っ黒な泥が原初の水なのでしょう。

テーマ名は「冥界」に「暗い海」と言った意味合いを持つ「溟」の文字に変換したものです。

 

スポンサーリンク

とにかく墓地を溜めろ!

さてテーマの特徴として溟界神-オグドアビス以外のモンスターは

2体ずつ、それぞれ共通の効果を持っています。

溟界の滓-ヌルと溟界の滓-ナイアは手札から墓地へ送って発動する効果を、

溟界の漠-フロギと溟界の漠-ゾーハは手札1枚をコストに墓地から手札に加える効果と

フィールドから墓地に送られるor墓地から特殊召喚される事で発動する効果を、

溟界の黄昏-カースと溟界の昏闇-アレートはモンスター1体をリリースして墓地から蘇生する効果を、

溟界王-アロンと溟界妃-アミュネシアはモンスター2体をリリースして墓地から蘇生する効果を、

そして対のモンスターがいない溟界神-オグドアビスは

モンスター3体をリリースして墓地から蘇生する効果を持ちます。

いずれも共通するのは最上級の溟界は一定数リリースする事で墓地から自己蘇生する効果を、

そして全てのモンスターが墓地に関係する効果を持っている点です。

 

サポート用の魔法罠である墓地のモンスターの数に応じて効果が変動するものが揃っており

とにかくいかに墓地肥やしをしていくかがポイントとなってくるテーマです。

特に罠カードである溟界の呼び蛟は墓地に溟界モンスターが8種類以上いれば

墓地から好きな溟界2体を蘇生できるという強烈な効果を発揮できるので

是非狙っていきたい所です。

幸いにも溟界の滓-ヌルと溟界の滓-ナイアは優秀な墓地肥やし効果を持っていますし

爬虫類族なので強力な墓地肥やしであるスネーク・レインにも対応していると

数あるテーマの中でも屈指の墓地肥やし性能を持っています。

恐らく最もスネーク・レインを有効に活用できるテーマだと言えるでしょう。

 

様々なカードが連動する

もう1つ特徴的なのは相手にドローをさせる溟界の漠-ゾーハや

相手に墓地のモンスターを蘇生させる溟界の黄昏-カース、

相手に墓地のモンスターを手札に回収させる溟界の昏闇-アレートなど

「相手に何かしらの塩を送る効果を持つ」カードがいくつか存在する事です。

ただしこれは一概ただ相手にメリットを与えるだけというわけでもなく

相手がカードを手札に加えた場合にハンデス効果が発動する溟界王アロンに

相手が墓地からモンスターを蘇生させた時に相手のカードを墓地へ送る相手の溟界妃-アミュネシアと

相手に与えたメリットをトリガーに発動する効果も存在しています。

さらに溟界妃-アミュネシアは溟界王アロンのハンデス効果をトリガーに発動する効果を、

溟界王アロンは溟界妃-アミュネシアの除去効果をトリガーに発動する効果をそれぞれ持ち

この2枚のモンスターも密接に連動したシナジーを持っています。

 

このようにそれぞれのモンスターが他のモンスターの効果と複雑に絡み合っており

9種類あるモンスターのコンボをしっかりと意識する必要があるテーマとなっています。

慣れるまでは回すのは大変だと思いますが

うまく使いこなせば展開に妨害にやりたい放題出来る爆発力は秘めています。

 

また溟界そのものではなく闇属性爬虫類族と光属性爬虫類族全般に対応する効果も多く存在します。

前者はレプティレス、校舎はワームが該当しており

これらのサポートとして使っていく事もできるでしょう。

 

スポンサーリンク

個人的に相性がいいと思うカード

キングレムリン

エクシーズ・効果モンスター
ランク4/闇属性/爬虫類族/攻2300/守2000
レベル4モンスター×2
①:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
デッキから爬虫類族モンスター1体を手札に加える。

爬虫類族モンスターをサーチできるランク4エクシーズです。

【溟界】はレベル4のモンスターが4体ほど存在しており

特に溟界の滓-ヌルは自己蘇生をするとフィールドから離れた際に除外されてしまうので

このカードのエクシーズ素材として最適です。

溟界の黄昏-カースの効果で蘇生したモンスターもフィールドから除外されてしまうので

そちらの除外回避にも活用する事が可能です。

効果を発動した後は最上級の溟界モンスターのリリース要員にすれば無駄がないでしょう。

 

 

王宮の鉄壁

永続罠
①:このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、
お互いにカードを除外できない。

お互いに墓地のカードを除外できなくなる永続罠です。

【溟界】は墓地を多用するテーマでありながら墓地を除外して発動する類の効果はなく

相手の除外に関係する効果などを妨害しつつ

自分は溟界の滓-ヌルの除外デメリットを踏み倒すといった恩恵が得られます。

墓地メタは【溟界】における天敵の1つなので

それの防御用のカードとしても機能してくれるでしょう。

 

スポンサーリンク

カードリスト

溟界の滓(めいかいのおり)-ヌル
効果モンスター
星4/光属性/爬虫類族/攻 0/守 0
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードを手札から墓地へ送って発動できる。
デッキから爬虫類族・闇属性モンスター1体を墓地へ送る。
②:自分フィールドに、モンスターが存在しない場合、
または「溟界」モンスターが存在する場合に発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードはフィールドから離れた場合に除外される。
この効果で特殊召喚したこのカードがモンスターゾーンに表側表示で存在する限り、
自分は爬虫類族モンスターしか特殊召喚できない。
溟界の滓(めいかいのおり)-ナイア
効果モンスター
星4/闇属性/爬虫類族/攻 0/守2000
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードを手札から墓地へ送って発動できる。
デッキから爬虫類族・光属性モンスター1体を墓地へ送る。
②:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「溟界」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
溟界の漠(めいかいのすなはら)-フロギ
効果モンスター
星4/光属性/爬虫類族/攻1800/守1400
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが、フィールドから墓地へ送られた場合、
または墓地からの特殊召喚に成功した場合、
相手フィールドの表側表示モンスター1体と、
そのモンスターの攻撃力以上の攻撃力を持つ相手の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
対象の墓地のモンスターを相手フィールドに特殊召喚し、対象の相手フィールドのモンスターを墓地へ送る。
②:このカードが墓地に存在する場合、手札を1枚墓地へ送って発動できる。
このカードを手札に加える。
溟界の漠(めいかいのすなはら)-ゾーハ
効果モンスター
星4/闇属性/爬虫類族/攻1500/守1700
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが、フィールドから墓地へ送られた場合、
または墓地からの特殊召喚に成功した場合に発動できる。
相手はデッキから1枚ドローし、自分はデッキから「溟界の漠-ゾーハ」以外の「溟界」モンスター1体を手札に加える。
その後、お互いのプレイヤーは手札を1枚選んで墓地へ送る。
②:このカードが墓地に存在する場合、手札を1枚墓地へ送って発動できる。
このカードを手札に加える。
溟界の黄昏(めいかいのたそがれ)-カース
効果モンスター
星8/光属性/爬虫類族/攻 400/守2400
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが墓地に存在する場合、
自分フィールドのモンスター1体をリリースして発動できる。
このカードを特殊召喚する。
その後、相手は自身の墓地からモンスター1体を選んで効果を無効にして特殊召喚できる。
②:このカードが特殊召喚に成功した場合、
自分の墓地のレベル4以下の「溟界」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは、フィールドから離れた場合に除外される。
溟界の昏闇(めいかいのくらやみ)-アレート
効果モンスター
星8/闇属性/爬虫類族/攻2000/守 800
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが墓地に存在する場合、
自分フィールドのモンスター1体をリリースして発動できる。
このカードを特殊召喚する。
その後、相手は自身の墓地からモンスター1体を選んで手札に加える事ができる。
②:このカードが特殊召喚に成功した場合、
除外されている自分のモンスターの中から、爬虫類族モンスターを含むモンスター2体を対象として発動できる。
そのモンスターを墓地に戻す。
溟界王(めいかいおう)-アロン
効果モンスター
星8/光属性/爬虫類族/攻2500/守2800
このカード名の①②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが墓地に存在する場合、
自分フィールドのモンスター2体をリリースして発動できる。
このカードを特殊召喚する。
②:相手がドローフェイズ以外でカードを手札に加えた場合に発動できる。
相手の手札をランダムに1枚選んで墓地へ送る。
③:相手フィールドのモンスターが効果で墓地へ送られた場合に発動できる。
自分のデッキ・墓地から「溟界王-アロン」以外の光・闇属性の爬虫類族モンスター1体を選んで手札に加える。
溟界妃(めいかいひ)-アミュネシア
効果モンスター
星8/闇属性/爬虫類族/攻2700/守2100
このカード名の①②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが墓地に存在する場合、
自分フィールドのモンスター2体をリリースして発動できる。
このカードを特殊召喚する。
②:相手の墓地からモンスターが特殊召喚された場合に発動できる。
相手フィールドのカード1枚を選んで墓地へ送る。
③:相手の手札・デッキからモンスターが墓地へ送られた場合に発動できる。
自分の墓地から「溟界妃-アミュネシア」以外の光・闇属性の爬虫類族モンスター1体を選んで特殊召喚する。
溟界神(めいかい)-オグドアビス
効果モンスター
星10/光属性/爬虫類族/攻3100/守2200
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが墓地に存在する場合、
自分フィールドのモンスター3体をリリースして発動できる。
このカードを特殊召喚する。
②:このカードがフィールドに表側表示で存在する限り1度だけ発動できる。
墓地から特殊召喚された表側表示モンスター以外の、自分・相手フィールドのモンスターを全て墓地へ送る。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 

 

溟界の淵源(めいかいのえんげん)
フィールド魔法
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドの表側表示の爬虫類族モンスターが戦闘または相手の効果で破壊された場合、
相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを墓地へ送る。
②:フィールドゾーンのこのカードが相手の効果で破壊された場合に発動できる。
自分の墓地の爬虫類族モンスターの種類の数だけ、
相手のデッキの上からカードを墓地へ送る。
溟界の虚(めいかいのうつろ)
永続罠
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分・相手のメインフェイズに、自分フィールドの爬虫類族の効果モンスター1体をリリースし、
相手の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを自分フィールドに特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに墓地へ送られる。
②:魔法&罠ゾーンの表側表示のこのカードが墓地へ送られた場合に発動する。
爬虫類族モンスター以外の自分フィールドの表側表示モンスターを全て墓地へ送る。
溟界の呼び蛟(めいかいのよびみず)
通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分フィールドに「溟界トークン」(爬虫類族・闇・星2・攻/守0)2体を特殊召喚する。
自分の墓地に「溟界」モンスターが8種類以上存在する場合、代わりに以下の効果を適用できる。
●自分の墓地からカード名が異なる爬虫類族モンスター2体を選んで特殊召喚する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました