遊戯王ラッシュデュエルカード考察:《シールド・ボーリング・コング》守りを固めた相手を粉砕する!

今回紹介するのはデッキ改造パック 宿命のパワーデストラクション!!よりこのカードです。

 

カード説明

シールド・ボーリング・コング
効果モンスター
星8/地属性/機械族/攻2300/守1700
【条件】このカードを召喚・特殊召喚した自分メインフェイズに発動できる。
【効果】相手フィールドの裏側守備表示モンスター1体を選んで破壊する。
この効果でモンスターを破壊した場合、
このカードの攻撃力はターン終了時まで1000アップする。

wiki

 

その強さはシールドマシンを超え!
その深さはボーリングマシンを超える!
森の賢者!大地の王者!
吼えろ!シールド・ボーリング・コング!!

 

地属性機械族のレベル8モンスターです。

SEVENSにおいて田崎ギャリアンが蒼月学人戦で使用し

その効果で闇の訪れによって裏側守備表示になった魔将ヤメルーラを破壊し

さらに自身の攻撃力を高めました。

 

左腕がシールドマシン、右腕がボーリングマシン、下半身がキャタピラとなった赤いロボットです。

名前からしてゴリラがモチーフだと思われますが言われないとゴリラって気付きにくいですね。

 

シールドマシンとは「土砂を削る」「削った土砂を後方に送る」

「掘った箇所が崩れないように壁を設置する」を同時に行うための円柱型の掘削機であり

主にトンネルの作成などに用いられます。

ボーリングマシンとは円筒状の穴を穿つ為のマシンであり工事の他に地質調査としても使われます。

ちなみによくゴリラを現す言葉として「コング」という名称が使われますが

これは「キングコング」と呼ばれる映画、及びその名を冠するゴリラの怪物から名付けられてます。

 

スポンサーリンク

裏側守備表示を破壊して攻撃力アップ

【条件】このカードを召喚・特殊召喚した自分メインフェイズに発動できる。
【効果】相手フィールドの裏側守備表示モンスター1体を選んで破壊する。
この効果でモンスターを破壊した場合、
このカードの攻撃力はターン終了時まで1000アップする。

その効果は召喚か特殊召喚した自分メインフェイズに1度、

相手の裏側守備表示を破壊し、そのターン自身の攻撃力を1000アップさせるというものです。

除去効果と自己強化効果が一体になったものでモンスターを破壊する事が出来れば

3300打点を確保する事が可能です。

重騎屋戦法にも対応している為、手札コストを抑えつつ出しやすいのもポイントです。

 

一番の狙い目となるのはやはり相手が守りを固めてきた時でしょう。

このカード自体の攻撃力は2300と最上級モンスターとしてはやや控えめですが

世紀末獣機界ビーストギア・ワールドがあれば2600打点を確保できますし

相手がこのカードを突破できずに守りを固めるしかないという状況も出てくるでしょう。

その場合相手は裏側守備表示にしてこのカードの除去を覚悟するか、

もしくは全て攻撃表示で出して戦闘破壊を覚悟するかという嫌な二択を強いられる事になります。

もし相手モンスターが裏側守備表示ばかり出した場合高い打点が活かせない場合も多いですが

何らかの手段で貫通効果を付与する事が出来れば高いダメージを狙いやすいです。

 

ただ逆に能動的に相手を裏側守備表示にしようとするとその手段はかなり限られており

汎用カードでは手札コストの重い闇の訪れか

裏側守備表示にしてもリリース要員にされやすいシエスタホールドぐらいしかありません。

現状相手を裏側守備表示にするカードでもっとも使いやすいのは

サイキック族用のサポートであるララバインドなので

下級モンスターをサイキック族で揃えつつ

最上級モンスターにこのカードやドリリング・マンドリルを採用するというのも1つの手かもしれません。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました