遊戯王OCGカード考察:《ダークインファント@(アット)イグニスター》テーマ専用のLINK-1は露骨な強化カードの法則

今回紹介するのはLIGHTNING OVERDRIVE(ライトニング・オーバードライブ)よりこのカードです。

 

カード説明

ダークインファント@イグニスター
リンク・効果モンスター
リンク1/闇属性/サイバース族/攻 500/LINK-1
【リンクマーカー:左】
\ ↑ /
  →
/ ↓ \
リンクモンスター以外の「@イグニスター」モンスター1体
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「イグニスターAiランド」1枚を手札に加える。
②:元々の攻撃力が2300のサイバース族モンスターが効果を発動した時に発動できる。
このカードの位置を、
このカードのリンク先となる自分のメインモンスターゾーンに移動する。
その後、このカードの属性をターン終了時まで任意の属性に変更できる。

wiki

 

【@イグニスター】の新規となる闇属性サイバース族のLINK-1です。

 

ジ・アライバル・サイバース@イグニスターを小型化したような黒い人型のモンスターです。

インファントとは2歳未満の幼児を現す言葉であり

ジ・アライバル・サイバース@イグニスターの幼体的な存在なのでしょう。

 

スポンサーリンク

リンク召喚するだけでイグニスターAiランドサーチ!

【リンクマーカー:左】
リンクモンスター以外の「@イグニスター」モンスター1体

リンク素材にはリンク以外の@イグニスター1体を指定しています。

【@イグニスター】であれば何かしらのイグニスターを出せばリンク召喚が可能なので非常に緩いです。

リンクマーカーは左側に1つとメインモンスターゾーン向けの配置ですが

リンク召喚先の確保よりも自身の効果の為にリンク先を活用するのがメインとなるでしょう。

また【@イグニスター】の動きの関係上、EXモンスターゾーンに出す機会も多いでしょう。

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「イグニスターAiランド」1枚を手札に加える。

①の効果はリンク召喚した場合に

デッキからイグニスターAiランド1枚を手札に加えるサーチ効果です。

イグニスターAiランドは【@イグニスター】におけるキーカードの1つであり

それをモンスター1体でこのカードをリンク召喚するだけでサーチできるわけなので

非常に便利です。

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:元々の攻撃力が2300のサイバース族モンスターが効果を発動した時に発動できる。
このカードの位置を、
このカードのリンク先となる自分のメインモンスターゾーンに移動する。
その後、このカードの属性をターン終了時まで任意の属性に変更できる。

②の効果は1ターンに1度、元々の攻撃力2300のサイバース族が効果を発動した時に

自身の位置をこのカードのリンク先となるメインモンスターゾーンに移動、

さらに自身の属性をそのターンの間任意の属性に変更するというものです。

自身のリンクマーカーは左側にあるので簡潔に言えば1つ左側にずれる効果です。

【@イグニスター】はEXデッキから出せるモンスターや

儀式モンスターであるウォーターリバイアサン@イグニスターが攻撃力2300なので

主にこれらを使って効果を発動していく事になります。

 

特にダークナイト@イグニスターとのシナジーを考えられている効果で

あちらのリンク先にこのカードを特殊召喚する事あちらの効果が発動するとこちらの効果も発動、

左側に1つずれる事でダークナイト@イグニスターリンク先が全て空けた状態になる為

最大3体の蘇生が出来るようになります。

また属性を変更できる点はジ・アライバル・サイバース@イグニスターのリンク素材として活用しやすいです。

 

スポンサーリンク

露骨なテコ入れカードです

基本的にテーマ専用のLINK-1モンスターというのは

エクストラデッキの枠を1つ余分に使うだけでアドバンテージを生み出せるという

露骨なテコ入れカードというものが多いのですがこのカードもその例に漏れません。

 

そもそもメインモンスターゾーンにモンスターがいない事を要求するイグニスターAiランドにとって

モンスター1体をEXモンスターゾーンにどかす事が出来るというだけでも便利です。

それにイグニスターAiランドのサーチ効果に加えて

ダークナイト@イグニスターの効果発動のトリガーを容易に行え

かつ蘇生できるモンスターの数を増やせる豪華特典まで付いていると

至れり尽くせりといっていいLINK-1です。

【@イグニスター】でこのカードがいらないなんていうデッキは

それこそイグニスターAiランドもダークナイトも使わないなんていうデッキぐらいです。

少なくともこの2枚のどちらか片方を使うのであれば必須級です。

 

ただしただでさえEXデッキの枠がカツカツな【@イグニスター】にとっては

このカードを入れる枠を確保する事は中々大変です。

飛躍的にEXデッキの消費が激しくなるので貪欲な壺などの再利用手段は

積極的に活用していった方がいいでしょう。

 

 

コメント

  1. 匿名 より:

    展開がフィールド魔法に依存してるけどそれを加える手段が欠けてるデッキだったからようやく安定して動けるようになったなぁ

タイトルとURLをコピーしました