遊戯王OCGカード考察:《凶導の白騎士(ドラグマ アルバス・ナイト)》攻撃力の低さが逆にメリット!ドライトロンでも使える!

今回紹介するのはLIGHTNING OVERDRIVE(ライトニング・オーバードライブ)よりこのカードです。

 

カード説明

凶導の白騎士
儀式・効果モンスター
星8/光属性/魔法使い族/攻 500/守2500
「凶導の福音」により降臨。
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分はEXデッキからモンスターを特殊召喚できない。
②:相手が魔法・罠・モンスターの効果を発動した場合に発動できる。
自分のEXデッキからモンスター1体を墓地へ送り、
相手のEXデッキを確認し、その内のモンスター1体を選んで墓地へ送る。
このカードの攻撃力はターン終了時まで、
墓地へ送ったモンスターの攻撃力を合計した数値の半分だけアップする。

wiki

 

【ドラグマ】の新規となる光属性魔法使い族のレベル8儀式モンスターです。

見た目からして教導の騎士フルルドリスの進化形と思われます。

 

いかにも闇堕ちって感じですね

鎧は黒ずみ各所が紫色に怪しく光り、

そして右手に持った剣は禍々しい黒い剣となっています。

今までの「教導」から一転、「凶導」といういかにもやばい漢字に変わっているのも印象的です。

ドラグマが今まで秘密裏にしてきた負の側面がいよいよ前面に押し出されてきています。

 

また名前にアルバスの落胤と共通する点が見られるのも気になる所です。

もしかしたら彼女はアルバスの落胤の母親なのかもしれません。

 

スポンサーリンク

お互いのEXデッキからモンスターを墓地へ送って攻撃力アップ

「凶導の福音」により降臨。

対応する儀式魔法は凶導の福音です。

儀式の下準備にこそ対応していないもののEXデッキのカードをリリース要員にできるので

実質的にリリース要員を必要とせずにこのカードと儀式魔法のみで儀式召喚が可能です。

墓地へ送るEXデッキのモンスターは各種ドラグマをサーチや特殊召喚できる

灰燼竜バスタードが筆頭候補となるでしょう。

 

①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分はEXデッキからモンスターを特殊召喚できない。

①の効果はこのカードが場に出ている間

EXデッキからモンスターを特殊召喚出来なくなるデメリットです。

儀式魔法の凶導の福音にもEXデッキのモンスターを特殊召喚出来ないデメリットがあるので

はなからEXデッキのモンスターに依存しない戦い方をする事になるでしょう。

 

 

このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
②:相手が魔法・罠・モンスターの効果を発動した場合に発動できる。
自分のEXデッキからモンスター1体を墓地へ送り、
相手のEXデッキを確認し、その内のモンスター1体を選んで墓地へ送る。
このカードの攻撃力はターン終了時まで、
墓地へ送ったモンスターの攻撃力を合計した数値の半分だけアップする。

②の効果は1ターンに1度、相手が魔法罠やモンスター効果を発動した場合に

EXデッキからモンスター1体を墓地へ送った後に

相手のEXデッキを確認しつつその内のモンスター1体を選んで墓地へ送り

墓地へ送ったお互いのEXデッキのモンスター2体の合計の半分だけ

自身の攻撃力をアップさせるEX墓地肥やし&EXデッキ破壊&自己強化効果です。

相手依存の発動条件ですが発動条件を満たさない為には何もカードを発動しない必要があるので

相手としてもこの効果を発動されるのを承知で各種効果を発動せざるを得ないでしょう。

 

このカードの元々の攻撃力は500しかありませんが

お互いのEXデッキから攻撃力2500のモンスターを2体落とせば

3000打点にまで到達します。

それに加えて相手の任意のEXデッキのカードを墓地へ送れるので

特定のEXデッキのカードに依存している相手にとってはそれの枯渇に繋げる事が可能です。

自分のEXデッキから墓地へ送るカードに関しては

攻撃力が2500ありさらに墓地へ送られた際に除去効果が発動する旧神ヌトスが特にオススメです。

相手の効果発動をトリガーに墓地へ送れるので妨害性能も高いです。

 

スポンサーリンク

天底の使徒で虹光の宣告者を墓地へ送れるように

EXデッキのモンスターを特殊召喚するのは通常の【ドラグマ】以上に難しくなりますが

灰燼竜バスタードをリリース要員にして儀式召喚すれば

実質的な手札損失が1枚で済むというコストパフォーマンスのいい儀式モンスターです。

相手ターンに積極的にEXデッキ墓地肥やしが出来るカードの1つであり

旧神ヌトスと組み合わせる事で実質的な妨害性能もかなり高いです。

 

②の効果の発動条件は相手が何かしらのカードを発動した場合と非常に緩いですが

元々の攻撃力は500と低いので攻撃力500以上のモンスターを召喚して殴りかかられた場合には

別のカードによるサポートが必要となります。

守備力は2500と高いですし自分ターンに相手が何かカードを使ってくれないと

アタッカーにするのも難しいのでフィールドに維持させたいのであれば

守備表示で出すのも1つの手です。

 

また元々の攻撃力が500とドラグマモンスターの中でもっと低いのもポイントです。

これは天底の使徒で攻撃力500以上のモンスターであれば

EXデッキから墓地へ送る事が出来るという意味であり

今まで以上に墓地へ置けるモンスターの幅が広がります。

特に儀式モンスターや儀式魔法をサーチできる虹光の宣告者を墓地へ置ける意味は大きいでしょう。

またこの攻撃力の低さ故に流星輝巧群で儀式召喚するのにも向いており

攻撃力の下がった各種ドライトロン1体で儀式召喚が可能です。

前述の通り高い妨害性能が発揮できるので組み込む価値は大いにあるでしょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました