遊戯王OCGカード考察:《烙印竜(らくいんりゅう)アルビオン》他のレベル8融合モンスターを一緒に出してそのままエクシーズ!

今回紹介するのはLIGHTNING OVERDRIVE(ライトニング・オーバードライブ)よりこのカードです。

 

カード説明

烙印竜アルビオン
融合・効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻2500/守2000
「アルバスの落胤」+光属性モンスター
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが融合召喚に成功した場合に発動できる。
自分の手札・フィールド・墓地から、「烙印竜アルビオン」を除く
レベル8以下の融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを除外し、
その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。
②:このカードが墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。
デッキから「烙印」魔法・罠カード1枚を選んで
手札に加えるか自分フィールドにセットする。

wiki

 

アルバスの落胤の新たな融合体となる闇属性ドラゴン族のレベル8融合モンスターです。

燃え盛るような紅蓮の体を持つ四足歩行のドラゴンです。

目から火柱を上げてまるで雄叫びをあげているかのように大きく口を開いています。

非常に炎属性っぽい見た目ですが闇属性です。

 

アルビオンとは白を意味する言葉であり同じく白を意味するアルバスと由来を同じにしています。

他のアルバスの落胤の融合体よりもより本人そのものの性質に近い形態なのかもしれません。

融合素材から考えるとエクレシアと合体した姿かもしれませんね。

 

スポンサーリンク

他の融合モンスターを融合召喚

「アルバスの落胤」+光属性モンスター

融合素材にはアルバスの落胤と光属性1体を指定しています。

対ドラグマをとても意識しているような融合素材指定ですね。

アルバスの落胤の効果で相手モンスターを融合素材にする場合、相手のデッキにかなり左右されるものの

光属性のモンスター自体は割と使われるので奪える機会は少なくはないでしょう。

またドラゴン族なので墓地に素材が揃っていれば龍の鏡から融合召喚も可能ですが

その場合①の効果と墓地を競合する事になってしまいます。

 

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが融合召喚に成功した場合に発動できる。
自分の手札・フィールド・墓地から、「烙印竜アルビオン」を除く
レベル8以下の融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを除外し、
その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。

①の効果は1ターンに1度、融合召喚した場合に

手札、場、墓地のいずれかから融合素材を除外する事で

同名カード以外のレベル8以下の融合モンスターをEXデッキから融合召喚が可能です。

出せるモンスターの幅がかなり広く、墓地に素材さえ確保していれば

様々な融合モンスターを出していく事が可能です。

アルバスの落胤を活用するデッキであれば同じくアルバスの落胤を素材に指定する

灰燼竜バスタード痕喰竜ブリガンドなどは出しやすいですし

融合モンスターが墓地にいれば捕食植物ドラゴスタペリアあたりも出せます。

 

特にレベル8の融合モンスターを融合召喚出来れば

このカードと合わせてランク8のエクシーズ素材になれますし

それがアルバスの落胤関連のカードであれば墓地へ送られた場合の効果の発動も狙えます。

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:このカードが墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。
デッキから「烙印」魔法・罠カード1枚を選んで
手札に加えるか自分フィールドにセットする。

②の効果は1ターンに1度、墓地へ送られたターンのエンドフェイズ時に

デッキから「烙印」と名の付く魔法罠を手札に加えるかセットできるというものです。

アルバスの落胤関連の融合モンスターに共通で見られる墓地へ送られた場合の効果ですが

サーチできるのがモンスターではなく魔法罠となっており

アルバスの落胤本体のサーチや特殊召喚もできなくなっています。

それでも各種烙印魔法罠をサーチやセットできるのは優秀で

烙印の裁きをセットすれば相手の動きを大きくけん制できるでしょう。

基本的には魔法カードはサーチ、罠カードはセットするのがいいでしょう。

 

スポンサーリンク

色んなデッキにアルバスを出張させてみよう

今までのアルバスの落胤関連の融合モンスターは

【ドラグマ】や【トライブリゲード】などのテーマに

アルバスの落胤を混ぜる事を想定したようなカードでしたが

このカードは純粋にアルバスの落胤そのものを主軸とするデッキ用のカードとなっています。

とはいえ他のテーマに混ぜにくいなんて事はなく、

各種烙印カードと一緒にアルバスの落胤を出張させる構成も問題なく可能です。

むしろ特定のテーマに左右されないのでより出張させやすくなったとも言えます。

 

相手モンスターを素材に融合召喚するのは相手の属性に左右されるものの

逆に自分で融合素材を揃えるのであればアルバスの落胤の他に何かしら光属性を用意していればよく

白の烙印を使っての融合召喚はかなり簡単です。

また左右されるといっても単純にアルバスの落胤で奪えるモンスターが増えたのは間違いなく

光属性中心のデッキにとってアルバスの落胤は相当に嫌なカードとなるでしょう。

他にも光属性モンスターと融合素材代用モンスターで融合召喚が狙えるので

パラサイト・フュージョナーを使う手もあります。

何かしら光属性のモンスターがいる時に金華猫なりで蘇生すればいいので

様々な光属性デッキで融合召喚が狙えます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました